約束のネバーランド

約束のネバーランド 7話 ネタバレ考察と感想「頼んだぞ」1巻・画像あり

投稿日:


シスタークローネが現れて全員で逃げ出すことがむずかしくなった。

しかしエマたちはあきらめないでいた、そこで外の世界がどうなっているのか?

それに最後に出ていましたがエマだけができる事はなんなのでしょうか?

続きはネタバレでどうぞ

約束のネバーランド 第6話「イザベルとクローネ」ネタバレ


農園(孤児院)ではベビーベッドが9つあって1-2歳児がママと一緒に寝起きしている。

そのママの部屋で年長の女の子たちが着替えやお風呂を手伝う事になっているのだ。

そこで、コニーがいなくなってキャロルが補充されたことで発信器の手掛かりを見つけるために動く。

なるほど、これがエマしかできないことだったのだ。

<一方その頃>

レイとノーマンが食堂で手伝いをしていときにクローネをみていた。

シスタークローネは農園内で小さな子供たちを相手にしてなじんでいた。

つい先ほど来たのに、かなり能力が高いのか?

クローネを観察しながら、鬼は近くにいると思うのだ
なぜなら僕たち子どもは高級品と称されているのでその高級品をそのままにするだけはずがない。

と脱走の時の話をしているその時後ろから忍び寄るクローネ

やばい!!

聞かれたのか今の話…

と思ったが話は聞かれていなく

クローネはノーマンにレイねと仲良くしましょうと挨拶してきただけだった。

あいさつの終わったクローネは、穏やかといいとても秘密が漏れたとは思えない。
これが、イザベラの子供たちなの?

シスタークローネは、なるほどといいママのイザベラがこんなミスをするなんて
上に報告しないでミスをもみ消そうとしているということはとても重要な規則違反

クローネはココにくる以前にイザベラの優秀さをよく聞いていた。

ここでイザベラに手を貸せば私も出世してママになれると考えたが

いや、そう簡単にママの座は空きが出ない

なのでここでイザベラに服従するつもりで近寄ってそれからイザベラの株を下げる。

つまり、標的を見つけたらすぐに捕まえて組織のおきて通りすぐに出荷する。

そうすれば私は、ここのママになれるはずと野望をいだいていたのだ。

<一方その頃>

エマは発信器を探していたのだが、なかなか見つからないでいた。

発信器なんて本当はないのはないか?発信器はママのはったりじゃないのか?

いやそんなことはない、ママは標的が2人だということが分かっていたということはやっぱりどこかに発信器はあるはず。

それで出荷の時にかならず発信器を取り外すはず。

取り出しやすい場所に発信器はついているはず。

するとキャロルの耳の裏に虫刺されのようなあとがある。

これは、昔ママが病気の検査の採決した跡だといっていたのを思いだした。

やさしくキャロルの耳の裏を触るとコリッとする。

これだ!!

ナイラ・フィル・マルク・コニー誰の耳にも採血痕が見つかり
発信器が耳の裏にある事が分かったエマ

とても小さくキャロルの発信を触っていないと気が付かないほどの発信器

どんなものか分からないけど埋め込まれている場所は判った。

あとは壊し方だ、必ず壊して脱走する。

そのころイザベルは、無線のような通信機を使って定時連絡をしている。

相手はグランママ(大母様)?

ボスから伝言を預かっているといい

今年はブランドの子供がほとんど育っていない

儀祭(ティファリ)と呼ばれる祭りで最上の子供をささげるのはあなたの農園だけというグランママ

イザベルは、大丈夫ですボスにお伝えください
いつでもどの子どもでも出荷する事ができます。

そうか出せるのか?

それは、○○さまもとても喜ばれる事だろう。

ミスはするなよ、○○様の御膳は特別中の特別なのだから

われらに出す食事とは違うのだぞといい鬼とされるメンツがテーブルに座り会議のような事をしている。

○○様に祈りをという上座に座る鬼

ここで7話終了します。

⇒ に続く

まとめ

シスタークローネがなにやら不穏な動きに出そう。

多分これが原因で脱走になにかしら影響が出る事はまちがいないでしょう。

ママの計画もここから崩れるはず。

エマは発信器が何処についているのか見つけましたね

今後はどうやって発信器を壊すのか?

鬼の言う○○様とはそれに定期通信の相手グランママなど結構いろいろな新しい情報が分かる話でしたね^^

アドセンス

アドセンス

-約束のネバーランド

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.