親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて 23話 ネタバレ考察と感想!画像掲載順

更新日:

親愛なる僕へ殺意をこめて 第23話(2018年10月29日発売の週刊ヤングマガジン48号掲載)のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では親愛なる僕へ殺意をこめて最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊ヤングマガジン発売当日?翌日に毎週更新しています。

※親愛なる僕へ殺意をこめて 第23話のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ。

スポンサードリンク

親愛なる僕へ殺意をこめて 23話ネタバレと伏線考察

エイジ「キョウカちゃんにすべてを打ち明けた。」

エイジ「キミが好きになったは、俺じゃないよ。」

エイジ「自分は二重人格でもう一人の俺を君は好きになったんだよとすべてをキョウカに伝えた」

キョウカ「突然言われて混乱して少し時間を下さいといっていると協力者の女性に伝える。」

 

エイジ「当然だよね自分で、二重人格とかキミが好きなのは俺じゃないですとか言われたら、混乱するだけというか何をどうしたらいいのか分からないものだよね。」

麗「物事を少し厄介にしているのは、もう1人のB一がキミ浦島エイジを演じていたということだ。」

エイジ「B一が・・・?」

麗「敢えて言う事もないと思ったが、B一が普段お前に変わって学校生活を送っていたんだ。」

 

エイジ「え、お俺に成りすましていた?」

麗「自分で撮影した動画をエイジに見せる」

映像を見せられて

エイジ「なんだこれなに本当に俺なのか?」

麗「B一は、見た目が一緒でそれに笑い方のクセやしゃべり方なども真似している。」

エイジ「でも一体どうやって」

麗「おそらく、B一は君の事を隠しカメラや盗聴器を使って監視していたはず。」

麗「しかし心配するな盗聴器と監視カメラは、前に君の家に忍び込んだ時に回収している。」

 

麗「回収した監視カメラから数年以上監視されている事が分かった。」

麗「極力B一の存在を公にしたくない」
麗「そのために君を観察して君の言動を真似しないとだめだった。」

麗「そのせいでキョウカはエイジを好きになったが今目の前にいるエイジもB一も表面上は全く一緒」

麗「キミが二重人格だったこともそうだが、君とB一が認識できないことがキョウカをさらに混乱させている。」

 

 

しばらくしてキョウカが警察の取り調べを受けた後にエイジの元にやって来た。

エイジ「キョウカちゃんだ出す答えを俺はうけいれる。」

キョウカちゃんがエイジの所にやってくると…

キョウカ「あのいくつかエイジ君に質問してもいい?」

キョウカ「B一についてなんだけど、B一と畑中葉子さんってどういう関係だったのかな?」

エイジ「それはあまりよくわからない。」

エイジ「付き合っていたという話もあったけど実際は本人も亡くなってしまっているので事実確認しようがない。」

エイジ「ただB一は、畑中さんの事を助けたくていろいろとしてあげていたみたい。」

キョウカ「B一君は危ない人なの?」

エイジ「これも良くわからないけど、B一は数年前から存在していて最初は怖い奴だと思っていたんだけど犯人ではないとわかった。」

エイジ「なのでもしかしたら悪い奴ではないのかなと思ったりもする。」

エイジ「しかしどんな理由があったか分からないが普通ではない。」

エイジ「危険な事をするやつでもある。」

キョウカ「B一くんは、私のこと好きなの?」

エイジ「ごめん、正直B一の事は良くわからないんだ。」

キョウカ「じゃあこれで最後の質問ね。」

エイジ「私の前にいるエイジ君は私の事好きのなの?」

エイジ「キミより大事な人なんて俺にはいない」

 

 

キョウカ「そっか、うん決めた。」

キョウカ「答えを出すのはすぐには無理だね。」

へっ

キョウカ「そりゃそうでしょだって私もエイジ君もB一のこと知らなさすぎるし。」

キョウカ「相手の事全く知らないのにこれからどうやって付き合っていけばいいのかなんて決められないよ。」

キョウカ「だから私と一緒にもっとB一のことを調べてみない。」

キョウカ「人格が交代している時にエイジ君には記憶がないんでしょ?」

キョウカ「だからその時は私がB一の事を調べて分かった事があったら報告する。」

キョウカ「というふうにしようと思っているんだけどどうかな?」

 

名付けてB一の正体を探れ作戦

さっきもいったけどB一が完全にまともな奴だとは分からないんだけど

キョウカ「大丈夫よ危ないと分かったら深追いはしないから」

そこで、エイジがいやでもと立ち上がるが眠気でふらっとする

キョウカ「無理するな私の肩を使っていいよ。」

 

すべてを受け入れる覚悟だった…

エイジ「だから君が答えをだすのに時間がほしいなら俺はもちろん待つよ。」

エイジ「B一のことは気になるけどとりあえず今回は事件が解決できた。」
エイジ「やれることはすべてやった」

と考えていたらキョウカの肩によりそって眠ってしまったエイジだった。

 

ここで23話終了

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 24話 ネタバレ考察と感想!画像掲載順

 

 【実話】友達の彼女をレイプしたんだ


大学生の時に先輩の家へ行った時の話です。

先輩と私と私の彼女の美紗と友達の貴司とその彼女奈央。

5人で飲んでました。

先輩は面倒見が良く週末になると誰かが飲みに来てました。

飲み始めて二時間がたちビールや酎ハイがなくなってきて私と彼女の美紗と貴司で行くことになり、貴司の彼女奈央は酔っ払って寝ているので先輩と一緒に留守番です。

コンビニは、歩いて10分の所にあります。

三人で買い出しに出て仲良く話をしながら歩いてると私は財布を忘れたことにきずいて彼女と貴司には

「ゆっくり歩いいていて、すぐに追いかける」

と伝えすぐ引き返しマンションに着きました。この時点で先輩のマンションから出発して五分くらいでした。ドアを開け部屋に入ると先輩も貴司の彼女の奈央がいません。

奈央は別の部屋で寝ていたので、しょうがないけど先輩はどこに?

そしたら奈央の声が

「や…やめて下さい」

「アイツらは20分くらい帰ってこないからあきらめなよ」

私は奈央が寝ていた部屋へ近付き少しふすまを開けた奈央は上半身裸でミニスカートだけのされ先輩は下着だけになり馬乗りになっていた。

奈央はまだ酔っていて抵抗は弱くて先輩の思うがままでした。

先輩は奈央の乳房を形が壊れるくらい揉みながら片方を吸い捲ってました。

「痛い…あ・イヤ」

そして無理矢理奈央を起こしてペニスを咥えさせた。

奈央の頭を片手で前後しながら開いた手で乳房を揉んでいた。

そして

「〇〇見ているの知ってんだぞ。お前の彼女もされたくなかったらこっち来て押さえろ」

私は先輩の豹変が怖かったのと奈央と出来るかも?

とですぐ中へ入り奈央の両手を押さえた。

「〇〇君助けて」

と奈央が助けを求めていたけど奈央から目を逸らすと先輩はそのまま挿入した。

「イヤー…」

先輩は

「人の女を犯すのは最高だ」

と言いながら腰を動かした。

奈央は

「うぅ…」

と泣き出したが

「奈央の泣き顔もそそるね」

と先輩は奈央にキスをしながら腰の動きを早めると

「おーイク…だすぞ」

と叫び奈央の中に出した。

先輩は奈央のマンコから流れ出て来る自分の精子をみて満足そうな顔を見せ

「次は〇〇だ。奈央は俺のをきれいに掃除するんだ」

とバックの体制にするとフェラをさせていた。

私は奈央の後ろに行き奈央のマンコに挿入した。

「ん…んー」

と奈央は嫌がるが、いれてみるとすごい気持ち良かった。

私は夢中で腰を動かした。

「アン…ヤダ」

と奈央も感じ始めている。

私は必死になりすぎ、気がつかなかったが先輩はフェラをやめてタバコを吸いながらこっちを見ていた。

「奈央。ビデオを流されたくなかったら今度から俺の便所だ」

と奈央に言うと頭を横振っていた。

「ま〜お前次第だ。〇〇。早くしないと貴司やお前の彼女帰って来るぞ」

私は、ハッとした。

そろそろ帰って来る。

そして奈央の乳房を揉み

「〇〇君・ア…アン・中は・ダメぇ」

奈央の言葉なんか耳に入らない。

そしてクライマックスにはいり、思いっきり奈央の尻に腰を押し付けいっぱい出してヤった。

その時、先輩は笑いながら

「〇〇。またヤりたくなってきたから時間稼ぎして来い」

と言うと私を退かし、まだショックで動かない奈央を仰向けにすると挿入した。

「イヤ…イヤ」

と奈央を横目に服を着るとドアを開け走った。

もう美紗と貴司に合ってもいいくらいだ。

貴司にあったらどんな顔をすればいいんだ。

先輩に脅されたとはいえ貴司の彼女の奈央を犯したんだ。

もうすぐコンビニだ。

あれ?コンビニにもいない。

他に道は無いはず。

引き返すことにした。

そういえば公園がある。

あそこで休憩をしているかも?

私は急いだ。

先輩がいるマンションに貴司達が先に着いたら?と思うと…。

公園に着いた。

誰もいない。

公園を出ようとした時

「美紗ちゃん、こんな格好〇〇に見られたら嫌だろ?早く終わらせようよ」

まさか、こっそり近付くと暗闇の中から男の物を…嫌。貴司に無理矢理フェラをさせられている美紗がいた。散々抵抗したのだろう。

力が入らない。

「ムグ・ング…ン」

美紗は辛そうに貴司のペニスを喉深く突きつかれていた。

「ほんと胸でかいね。〇〇が帰った時チャンスだと思って行動に出て良かった」

貴司は片手で美紗の胸を揉みあげていた。そして美紗をたたすと木にもたれかかせ無理矢理美紗の顔を持ちキスを始めた。

「イヤ…ン…ンーン」

ピチャピチャと唾液が絡み合う卑劣な音の中から美紗の抵抗する声が聞こえた。

美紗は一生懸命貴司を押すしぐさをみせるが、貴司の力には勝てないようで、キスをしながら美紗の胸をTシャツを捲りあげ揉んでいます。

その時脳裏を疑うような発言をしました。

「美紗をヤるチャンスくれたの先輩なんだぜ」

私はこれでハッキリしました。私と先輩が貴司の彼女である奈央とヤったのだから何も言えません。

「んー…」

貴司は舌を入れて美紗は息苦しくしてます。

美紗が息ができないのをいいことに貴司は唾液を流し込みます。

「ンー・イ…ヤ・ンー…」

美紗は涙を流し汚い貴司の唾液を飲んだ。

貴司は美紗を後ろ向きにすると、単パンをパンティーごと下げて、

「美紗は〇〇には勿体ないよ、今度から俺のセフレにしてやる」

と言い、唾液を美紗のアソコにつけた。

「無理矢理こんなことしても私は〇〇の彼女だから…アンタなんか…」

美紗の私に対しての気持ちに涙が出た。

脅されたとは言え、後悔ばかりだ。

奈央ちゃんも、美紗と同じ思いだったかも?

と思うと…貴司は

「勝手に言ってろ」

と言い容赦無く美紗のアソコに一気に突き刺した。

「イ…痛い」

まだ濡れきってなかったのか、美紗が一瞬叫んだ。

貴司は乱暴にも美紗を付く。

「イヤー…痛い」

美紗の声が聞こえないのか?

それでも荒々しく突く。

あまりにも美紗の声に、貴司は美紗の口を塞ぎ、腰の動きを早め中で出した。

そして、美紗の光景をデジカメで撮った。

そして、美紗に近付き何やら言うと美紗は頭を横に振ったが、美紗の髪を持ち、もう一度言うと美紗に服を整えさし、二人は移動を始めた。

そして先輩のマンションへ入って行った。

私は恐る恐るドアを開けて入ると

「〇〇助けてー」

とか

「話が違うじゃない」

とか美紗の叫ぶ声と

「早く咥えろ」

とか怒鳴り声やドカドカ音がしてました。

そして静かになったと思ったら

「んーん」

とフェラをさせられているであろう美紗の声に、パンパンと肉同士が当たる音と先輩の

「美紗。締まりいいね」

と言う言葉が聞こえた。

そして、どの位たったのか、先輩が目の前にいて、

「奈央も貴司も帰ったぞ。お前の彼女当分借りるぞ」

と言い、また部屋へ消えて行った。

そして部屋を覗くと、全裸でもう気力だけで、先輩に犯される美紗だった。

そして開放されたのは、飲み会を始めた日から翌々日の朝だった。

漫画 親愛なる僕へ殺意をこめてを無料で読む方法はご紹介

少年ヤングマガジンから発行されている親愛なる僕へ殺意をこめての単行本を一冊丸々と読む方法は

 

結論!!

 

VODサービス(ビデオオンデマンド)のU-NEXTの電子書籍・配信サービスを活用する。

 

U-NEXTの初回限定だけ利用できる31日間無料で使えるキャンペーンを開催。

 

キャンペーンでは、無料でもらえるポイントがあり

通常600ポイントなんですが

 

当ブログでは、400ポイントアップの1000ポイントもらえる特別なサイトを紹介しますね。

 

では、はじめに

 

1000ポイントのキャンペーンのサイトなんですが・・・

 

最初にクリックすると以下のようにNHKオンデマンドのページなっていますが・・・

 

 

スクロールしていくとサイト中段に無料トライアル特典のページがあります。

 

 

ここからもう少しスクロールしたところに申し込みボタンがあります。

 

キャンペーンに申し込みして無料で使える1000ポイントを使ってNHKオンデマンドが無料で見れるとありますが・・・

 

電子書籍・新作映画などのサービスに利用してもOKです♪

 

この1000ポイントを利用して、親愛なる僕へ殺意をこめての漫画を1冊まるごと無料で読めちゃうんですね^^

 

>初回1000ポイント特典はこちらからの登録のみ

 

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

親愛なる僕へ殺意をこめて 23話の感想

週刊ヤングマガジン51号の掲載順をご紹介

51号はこのような掲載順になっていました。

センゴク権兵衛
ザ・ファブル
ギャルと恐竜
パラレルパラダイス
ハレ婚。
KING BOTTOM
1日外出録ハンチョウ
みなみけ
MFゴースト
バジリスク~桜花忍法帖~
7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT
不死身の特攻兵~生キトシ生ケル者タチヘ~
サタノファニ
ブレイキン’ガール!!! yukaDD(ユカディーディー)
NeuN〈ノイン〉
ORIGIN〈オリジン〉
アルキメデスの大戦
親愛なる僕へ殺意をこめて
Sとの遭遇
僕はどこから
彼岸島 48日後…
終わった漫画家

48号では漫画22作品になっています。

今週48号では18番目の順位になっています。

したから4番目と少し人気が…やばいですね

まとめ

二重人格をキョウカに話した。

協力者の女性がB一がエイジの声なども真似していたことを知る。

それでキョウカは、いくつかエイジに質問する。

B一はまともなのか?

B一の性格は?

エイジ君は私のこと好きなのか?

とその答えをすべてこたえて最後はキョウカがエイジを包み込んるのでなんだか微笑ましいよね^^

アドセンス

アドセンス

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.