親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて 4話 ネタバレ考察と感想!画像掲載順

更新日:

作者の【原作:井龍一 漫画:伊藤翔太】が出版社【講談社】から出版された「親愛なる僕へ殺意をこめて」の4話のネタバレと感想を紹介します。

なお、こちらの記事では「親愛なる僕へ殺意をこめて」に関する情報と少しの画バレを感想を含んでネタバレしているよ。

親愛なる僕へ殺意をこめての4話ネタバレと感想

二重人格で警察に疑われはじめて、死亡した畑中葉子の耳が自分のポケット入っていて自分が殺したのかと思って言うエイジ!

 

11月5日

朝からエイジ君ごはん出来たよ食べようとキョウカちゃんと一緒にご飯を食べていた。

ご飯をたべているのだが、エイジの頭からどうしても耳がハンカチにくるまれていたことが頭から離れない。

そのせいもあってキョウカちゃんがせっかくおいしいご飯を作っても味もしない目の前の映像がゆがんで見える。

 

エイジの日常が崩れていくと

少年時代の記憶がよみがえるエイジ。

そこには、自宅に人殺しのくせになど書かれている文字。

首つりをしている女性らしき人間。

と悲惨な少年時代を思い出している。

 

ああ、そうかおれは今までこウソでこの忌々しい血から逃げられるつもりでいたんだ。

しかし、考えてみると彼女ができたのも、もう一人の自分が持ってきたもので俺が作ってきたもんではないんだと。

キョウカが洗い物をしているのに後ろから襲ってセックスを始める。

 

くそったれたみじめな生活の中で唯一君だけが舞い降りた僕の救いだよとセックスし終わると。

キョウカの寝顔を見ながらエイジは、眠りにつく。

 

翌日11月6日

エイジは、ぶっちゃけキョウカちゃんとは遊びだったんだよ。

ただセックスしたかっただけと言ってキョウカちゃんに別れを告げる。

うそでしょとキョウカちゃんが言ったが

エイジは笑ってチャラ男を演じている。

 

殴られると思ったのだが…

キョウカがエイジを殴らないで冗談でも傷ついたなと涙を流して

エイジ君  バイバイと去っていく。

 

キョウカに別れを告げた後エイジは

あの刑事の言っていることが事実だとしたら犯人は次にキョウカちゃんを狙う可能性がある。

俺と一緒にいるとキョウカちゃんは危険な目にあう可能性がある。

だからエイジは、自分と別れることでキョウカちゃんを守れると思って嘘をついてキョウカとの別れを選んだ。

 

エイジ「自宅から110番の電話をかけて出頭しようとしたのかと思ったら…」

前回LLの書いた文字のあとにさらに書いてある文字を見つけた。

そこにはサイとあって携帯電話番号が書かれていたのだった。

 

謎の人物名に携帯番号!

しかし、これこそこの畑中葉子の事件

もしくは自分の二重人格に関連する人物の暗号ではないでしょうか…

でも警察に電話しているけど、大丈夫なのか?

 

といいところだけどここで4話終了なんだよね。

親愛なる僕へ殺意をこめて 5話

漫画 親愛なる僕へ殺意をこめてを無料で読む方法はご紹介

少年ヤングマガジンから発行されている親愛なる僕へ殺意をこめての単行本を一冊丸々と読む方法は

 

結論!!

 

VODサービス(ビデオオンデマンド)のU-NEXTの電子書籍・配信サービスを活用する。

 

U-NEXTの初回限定だけ利用できる31日間無料で使えるキャンペーンを開催。

 

キャンペーンでは、無料でもらえるポイントがあり

通常600ポイントなんですが

 

当ブログでは、400ポイントアップの1000ポイントもらえる特別なサイトを紹介しますね。

 

では、はじめに

 

1000ポイントのキャンペーンのサイトなんですが・・・

 

最初にクリックすると以下のようにNHKオンデマンドのページなっていますが・・・

 

 

スクロールしていくとサイト中段に無料トライアル特典のページがあります。

 

 

ここからもう少しスクロールしたところに申し込みボタンがあります。

 

キャンペーンに申し込みして無料で使える1000ポイントを使ってNHKオンデマンドが無料で見れるとありますが・・・

 

電子書籍・新作映画などのサービスに利用してもOKです♪

 

この1000ポイントを利用して、親愛なる僕へ殺意をこめての漫画を1冊まるごと無料で読めちゃうんですね^^

 

>初回1000ポイント特典はこちらからの登録のみ

 

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

親愛なる僕へ殺意をこめて まとめ

今回は謎が最後に見えたがエイジがなんだかかわいそうな話だったな。

自分が信用できなくなっているところに彼女であるキョウカちゃんの安全を考えて別れを選んだ。

それで警察に電話をして、自分が人殺しだと思って電話をしていると

LLがメモ帳に書いてあった文字に誰かの人物だと思う文字が残っている。

キョウカちゃんとも分かれたし次回からいよいよ犯人探しすると思うのですが…

アドセンス

アドセンス

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.