親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて 34話 ネタバレと感想!画像掲載順

更新日:

週刊ヤングマガジンに掲載の親愛なる僕へ殺意をこめて 第34話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※親愛なる僕へ殺意をこめて 34話のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

親愛なる僕へ殺意をこめて 34話ネタバレと感想

 

キョウカは言った壮絶な虐待をうけていた

 

自分を救ってくれたのは伝説の殺人鬼LL

 

エイジ「俺のおとう?」

 

キョウカ「エイジ君のお父さんLLがね15年前私のお姉ちゃんを殺してくれたの」

 

キョウカ「そうしたら私のお母さんがお姉ちゃんの後をおって死んで」

 

キョウカ「お父さんが残ったけどお父さんは何に対しても無関心なだけの無害な人だから」

 

だからこうして私が自由になれたのもね

 

キョウカ「エイジ君のお父さんLLのおかげ」

 

エイジ「ちょっとまってごめん」

 

キョウカちゃん何言っているの意味が全然分からないのだけど

 

キョウカ「だから15年前にエイジ君のお父さんが起こした連続殺人事件」

 

キョウカ「LL殺人事件の被害者の一人が私のお姉ちゃんなの」

 

お姉ちゃんは当時大学生になったばかりで家族に内緒で売春してたんだけど

 

キョウカ「お母さんは殺されてこと以上にお姉ちゃんが売春していたことがショックだったみたい」

 

母親はお姉ちゃんを自分のことのうように溺愛してたから

 

で、母さんは寝室で首を吊って自殺した

 

取りこのされたのは当時5歳になったばかりの私とお父さん

 

私はそのまま家を飛び出して

 

そのあとはエイジ君も知っているんでしょ?

 

もしかして養護施設の良子先生にもあった?

 

キョウカ「大丈夫エイジ君まだわからないことある?」

 

エイジ「キョウカちゃんが俺に近づいたのはまさか・・・」

 

最愛な人は初めからずっと

 

オレのことなんてみていなかった

 

その瞳に映っていたのは

 

俺ではなく

 

俺がこの世でもっとも憎む殺人鬼の影

 

キョウカ「嬉しかったなぁたとえどんな過去があっても俺が受け止めてやるってエイジ君に言われたときは」

 

キョウカ「嬉しくて嬉しくてだから私勇気を出して全部正直に話したんだよ」

 

キョウカ「ねぇエイジ君・私の事好き?」

 

私の事本当に受け止めてくれる?

 

エイジ「受け止める?どうやって?」

 

エイジ「こんな残酷な事実どうやったら受け止められる?」

 

キョウカ「ほら」

 

やっぱり私の事嫌いになったでしょ?

 

エイジ「受け止められる理由があるとすればただ一つ」

 

エイジ「嫌いになったりしないよ、俺キョウカちゃんのこと嫌いになんかならない」

 

この暗闇から最愛の君を救い出すために

 

キョウカ「ありがとうエイジ君」

 

キョウカ「そういってくれて私も私のお父さんもうれしいよ」

 

エイジ「お父さん?」

 

キョウカ「うん紹介するね」

 

キョウカ「といってもエイジ君もう会っているんだけど」

押し入れを開けるとそこには・・・

 

押し入れにいる白菱正人が首を絞めて死んでいる

キョウカ「私のお父さん白菱正人」

 

エイジは白菱の死体をみて驚く

 

キョウカ「実は私たち本当の親子なのでした」

 

エイジ「君を救うためなら俺は」

 

キョウカ「驚いた?」

 

笑顔の裏に隠されていた最愛の人の本性

 

彼女への強い思いが今音を立てて崩れ去る

 

34話終了

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 35話 ネタバレと感想!画像掲載順

 

 【実話】北海道のとある露天混浴で、女子大生2人が入ってきた


以前北海道へ1人旅をした際に、とある無料露天風呂に入った時の事。

温泉に入ろうとした時は昼間にも関わらず先客が無く、私1人の貸切状態でした。

しばらくすると、女子大生くらいの子が2人入ってきました。

そこは混浴で、なおかつ脱衣所が無いので私の存在を知って退散するのではと思ったら意外や意外、タオルで隠す事無く堂々と服を脱いでいるではありませんか。

逆に私の方が恥ずかしくなるくらいでしたが、彼女たちは私に

「失礼しまーす」

と明るい声で言いながら入ってきました。

最初からこんな雰囲気だったので、躊躇いもなく私から

「どこから来たんですか?」

という会話から始まって結構話が弾み、時間が過ぎていきました。

話によると2人は東京から来た大学生らしく、郁美と紗香の共に18歳。

確かに肌に張りがある感じで、体に付いたお湯が弾ける感じに見えました。

その間も彼女達はタオルで隠すこと無くオッパイも丸見えだし、風呂から上がった時は綺麗なお尻もアソコの毛も丸見えだったので思わず興奮。

途中、ちょっとスケベな話にも乗ってきたので、これはチャンスと思いました。。

その後、私は

「2人とも大きい胸だね」

と言うと

「それほどでもないよー」

と言ってたので、私が

「じゃ、触っていい?」

と言うと、郁美は

「ちょっとだけならw」

と大胆発言したので、私は郁美の胸を掴んでみました。

少し抵抗する素振りを見せたのだけど、確かに形もよく確かに張りがある。

私は辺りを気にしながらずっと郁美の胸を優しく揉み続け、乳首を愛撫すると彼女は感じているようだった。

それから紗香の胸も揉み始めると、郁美と同様の柔らかさ。

私は勢いで郁美とディープキスをし、さらにオッパイとアソコも舐め回した。

郁美のアソコから出る愛液をしっかり味わいました。

続いて紗香ともディープキス。

郁美と同じ様に攻めてあげました。

2人の18歳の身体を味わった後は、風呂から離れた所に行き、郁美と紗香の2人にフェラチオをしてもらうことができました。

郁美はねっとりフェラ、紗香は少しぎこちないけどそこが良かったかも。

最後は郁美の手コキと紗香とのDキスでイキました。

それから3人で街へ出て、飲みに行きました。

すっかり意気投合し、私も彼女達も泊まる所を予約していなかったので3人でホテルに泊まる事に。

その日の夜は郁美とのSEX、紗香とのSEX、次に3Pを1回。

紗香はその後寝てしまったので、郁美とさらにもう1回SEXをしましたがゴムを使い切ってしまったので勢い余ってナマでやりました。

メチャクチャ締まりが良かったです。

郁美の中に出して、最後はお互い抱き合い激しいキスを交し合いました。

そして朝が来てホテルをチェックアウト。

お互い旅の無事を祈りつつ別れましたが、2人の連絡先聞くのを忘れたのが惜しかった。

親愛なる僕へ殺意をこめて 単行本無料で読む方法

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

初回登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpで親愛なる僕へ殺意をこめてのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『親愛なる僕へ殺意をこめて』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.