親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて 32話 ネタバレと感想!画像掲載順

更新日:

週刊ヤングマガジンに掲載の親愛なる僕へ殺意をこめて 第32話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※親愛なる僕へ殺意をこめて 32話のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

親愛なる僕へ殺意をこめて 32話ネタバレと感想

キョウカの知られざる秘密を知ったエイジ底に深い闇があったことを知った

 

公園のキョウカが暮らしていた土管の中にあった助けてという文字
その時にキョウカちゃんと暮らしている日々を思い出す

 

お父さんはお父さんでエイジ君はエイジ君あたしはそれでいいと思うあたしは理解しているよエイジ君のことちゃんと

 

エイジはキョウカのいた公園を出ると走りだす

 

するとキョウカの元へ行き謝りだす

 

エイジ「キョウカちゃんごめん、オレは内緒で君の過去を調べた」

 

キョウカ「私の過去をどういうこと」

 

エイジ「君が小さいときに施設で育って今のご両親に引き取られたこととか、君が施設にたどり着くまで到底想像もできないつらい経験をしてきたかもしれないこととか」

 

エイジ「君が触れられたくないであろう過去のことを君に内緒であれこれ探るような真似をした」

 

本当にごめん

 

エイジ「キョウカちゃん俺、何か君の力になれないかな?」

 

エイジ「この期に及んで何言っているんだと自分でも思うけど」

 

だけどキョウカちゃんが過去のことで今も困っているんだとしたら俺なら俺だから

 

受けて止めてあげられるんじゃないかって

 

エイジ「オレはキョウカちゃんに救われたからキョウカちゃんが俺に対してそうしてくれたように俺も君の力になりたいんだ」

 

エイジ「だから誰にも話せなかった過去の話を俺にだけは話して・・・」

 

涙を見せるキョウカ

 

キョウカ「あーもう」

 

キョウカ「エイジ君ならそう言ってくれるわかってたはずなのに」

 

キョウカ「私の方こそずっと黙っていてごめんなさい私の過去のことを知ったらエイジ君私のことを嫌いになるだろうなと思って怖くて、なかなか言い出せなかった」

 

エイジ「嫌いになんてならないよ」

 

キョウカ「うん」

 

キョウカ「エイジ君私エイジ君を連れていきたい場所がある」

 

そういうとタクシーで移動するキョウカ

 

キョウカ「エイジ君こっちついてきて」

 

団地?

 

こつこつこつと階段を上る

 

なぜか一部屋気になるエイジ

 

キョウカ「エイジ君どうしたの?」

 

エイジ「あっいや」

 

ちなみにエイジが気になっていた部屋は真明寺の表札が…

 

キョウカが案内する部屋は、表札がない

 

しかしキョウカは、鍵を持っていてガチャと開ける

 

部屋に入るが誰もいないそれに荷物も何もない

 

窓を開けると、あれこの匂い

 

金木犀・・・

 

キョウカ「11月なのにまた花を咲かせているね今年は異常気象が続いたからなと言っても金木犀の二度咲は、原因がよくわかっいていないらしいけどね」

 

エイジ「キョウカちゃん連れていきたい場所ってココ?」

 

キョウカ「うん」

 

エイジ「ここってキョウカちゃんが生まれ育った場所?」

 

ううん

 

キョウカ「私が生まれ育った場所は・・・」

 

ココと押し入れを指さす

 

キョウカを覆う漆黒の闇が顔をのぞかせる

 

32話終了

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 33話 ネタバレと感想!「キョウカの過去」

 

 【実話】従兄弟とお風呂に入った時の事


中学2年生の時、親戚の家族と海に行った時の話です。

1つ下の従兄弟の美奈子と泳いでいて、夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。

手当てが終わる頃にはもう海水浴場には誰もいませんでした。

民宿に帰ると、もう皆お風呂も済ませていて、食事までの時間を寝転んだりして過ごしていました。

水着のまま風呂場へ行き、さっさと脱いで風呂へ入っていると、すぐに美奈子も入ってきました。

「え?えっ?」

と思っていると、

「もうお風呂二人だけやって」

て言いながら、かかり湯し始めました。

「う、うん」

と言いながら、目は美奈子の体にくぎ付けです。

まだ毛は生えていませんが、ほっそりとした体に小さな胸、腰のくびれもちゃんとあります。

湯船に入る瞬間もちゃんと股間をチェックします。

でも、良くわかりませんでした。

「あつい!」

「よう、焼けとうからなでも、女の子は背中焼けへんから、ええなぁ」

「ほんでも、肩がいたいよ」

「僕なんか、こっから上全ー部痛い」

そう言って、湯船から出ながら背中を見せました。

前はもうびんびんに立っていたからごまかしながら出た訳です。

椅子に座り、砂だらけの頭を洗おうとしました。

右手は包帯を巻いていたので、左手だけで頭を洗おうとしたのですが、うまくいきません。

「もう、怪我なんかして」

と言いながら、美奈子が湯から出て、頭を洗ってくれました。

足を閉じると美奈子が正面で洗いにくいため、僕は足を開き、その間に美奈子が入ってきました。

目のまん前には美奈子のわれめがあり、注視していると、

「下向いて!」

て言われたので、慌てて下を向きました。

頭にお湯がかかり、目をつぶっていると数回お湯が頭にかかります。

体にもお湯がかけられ、しばらくじっとしていると、

「もうええよ」

と言う声がお湯の中から聞こえます。

「うん」

そういったものの、そのまま入ると、勃起したおちんちんが見られてしまうので躊躇していると、

「交代や」

そういって美奈子も上がってきたので、さっとお湯に入りました。

美奈子は、僕の目の前で体を洗い始めました。

もうそれを見ているだけでくらくらしてきました。

まだ子供なのか、美奈子は立ったまま体を洗っていました。

見とれていると、

「そんなに見ないで」

って言われてしまいました。

美奈子は椅子に座り、頭を洗い始めました。

足は思いっきり開いています。

われめの構造が良くわかりました。

初めて見る女陰です。

美奈子は下を向いているので、顔を近づけて観察しました。

「おにいちゃん」

「え、え?」

「頭流して」

民宿にはシャワーがなかったので、左手でお湯をかけました。

その時既に美奈子の目の前に僕のおちんちんがありました。

「じゃ、体洗ったげるね」

と言いながら、美奈子は顔を洗っています。

「ええよ」

「手怪我しとうから、自分であかんやん」

顔を上げた美奈子は、僕のおちんちんを見たまま止まってしまいました。

「…すごいねおへそに付きそうやん。へー。初めて見た」

声が変わっています。

中学2年生と言えば、一番びんびんの頃です。

もう見られて僕は完全に感じており、第1次チンポ汁すら出ていました。

気を取り直して美奈子は僕の体を洗い始めましたが、男を意識してしまい、様子が変です。

僕も、もう開き直って、右手を上げたままなすがままです。

おへそのあたりから、美奈子の手がゆっくりとなり、気を付けて手を進めますが、手の甲におちんちんが当たってしまいます。

「え、え?何?」

そうです。

意識的におちんちんを動かして、美奈子の手に当てていたのです。

「おちんちんって動かせるの?!」

って叫んだので、美奈子が見ている前で動かして見せました。

「ふーーーーーん」

と言いながら、興味深々です。

さすがに、おちんちんのところは自分で洗い、足からはまた洗ってもらいました。

体にお湯をかけてもらいましたが、女の子は流す時、左手でさすりながら流しますよね。

美奈子もそうしてくれました。

でも、おちんちんが上を向いているため、そこだけせっけんが落ちません。

「あれ?」

美奈子は意を決しておちんちんを触りながら流してくれました。

何度かそれを繰り返した後、

「下向かないね」

って言って左手で上から押さえました。

僕が力を入れると、

「わ!すごい、すごいこうやって動くの」

って手全体でおちんちんを触り始めました。

僕も

「触らせて」

と言って、美奈子のわれめに手を伸ばしました。

さっき見たわれめはべちょべちょに濡れていました。

中のしくみがわからないまま美奈子の体を触りまくりました。

美奈子の体に僕の指が入った瞬間、おちんちんを握られたまま射精してしまいました。

「うわー、うわー、うわー」

おちんちんがぴくぴくしながら精液を何度も飛ばす度に美奈子は声を上げています。

美奈子の顔は真っ赤です。

その後おちんちんを石鹸で洗い直してもらい、湯船に美奈子を立たせてわれめの中を観察していました。

「早よ上がりよ皆ご飯待っとうで」

の声で我に返り、そそくさと風呂から出ました。

脱衣場で美奈子に体を拭いてもらい、服も着せてもらいましたが、その間もずっとおちんちんは立ったままでした。

最後に短パンのボタンをしめてから、

「ズボンの中、こうなっているんだ」

といいながら、またズボンの上からおちんちんをさすってきました。

左手がズボンの中に入ってきます。

美奈子はまだ素っ裸です。

もう、我慢できず、横ちんして美奈子の目の前でオナニーして出してしまいました。

もう時間がなかったので、素っ裸の美奈子を残して僕は風呂場から出ました

漫画 親愛なる僕へ殺意をこめてを無料で読む方法はご紹介

少年ヤングマガジンから発行されている親愛なる僕へ殺意をこめての単行本を一冊丸々と読む方法は

 

結論!!

 

VODサービス(ビデオオンデマンド)のU-NEXTの電子書籍・配信サービスを活用する。

 

U-NEXTの初回限定だけ利用できる31日間無料で使えるキャンペーンを開催。

 

キャンペーンでは、無料でもらえるポイントがあり

通常600ポイントなんですが

 

当ブログでは、400ポイントアップの1000ポイントもらえる特別なサイトを紹介しますね。

 

では、はじめに

 

1000ポイントのキャンペーンのサイトなんですが・・・

 

最初にクリックすると以下のようにNHKオンデマンドのページなっていますが・・・

 

 

スクロールしていくとサイト中段に無料トライアル特典のページがあります。

 

 

ここからもう少しスクロールしたところに申し込みボタンがあります。

 

キャンペーンに申し込みして無料で使える1000ポイントを使ってNHKオンデマンドが無料で見れるとありますが・・・

 

電子書籍・新作映画などのサービスに利用してもOKです♪

 

この1000ポイントを利用して、親愛なる僕へ殺意をこめての漫画を1冊まるごと無料で読めちゃうんですね^^

 

>初回1000ポイント特典はこちらからの登録のみ

 

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

アドセンス

アドセンス

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.