親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて 21話 ネタバレと感想・チョイ見せ画像

更新日:

作者の【原作:井龍一 漫画:伊藤翔太】が出版社【講談社】から出版された「親愛なる僕へ殺意をこめて」の21話のネタバレと感想を紹介します。

なお、こちらの記事では「親愛なる僕へ殺意をこめて」に関する情報と少しの画バレを感想を含んでネタバレしているよ。

親愛なる僕へ殺意をこめての21話ネタバレと感想

エイジをガムテープからはがし終えた

 

キョウカ「立てる?」

 

エイジ「うん」

 

エイジ「車のカギアイツが持っているんだよな」

 

エイジがサイに近づきおきませんようにと

 

近寄って車のカギを奪い取る

 

よし

 

キョウカ「あの人死んじゃった?」

 

エイジ「いや息はあるっぽい・・・」

 

エイジ「でもあの様子じゃしばらくはあのままだよ」

 

車に戻るエイジとキョウカ

 

キョウカ「さてとなんで私が運転することになっているのかな?」

 

エイジ「だって俺車の免許もっていないし」

 

キョウカ「私だってペーパードライバーだよ」

 

エイジ「ごめん」

 

エイジ「キョウカちゃんその手の甲の傷」

 

エイジ「もしかしてココから逃げ出す時に??」

 

キョウカ「ああこれ?」

 

キョウカ「別に何でもないよ」

 

エイジ「ごめんね」

 

エイジ「君を助けるつもりが逆に助けられて」

 

エイジ「そんな傷まで背負わせてホント情けねー」

 

エイジ「俺は何をやっているんだ」

 

バシャ

 

キョウカ「エイジ君どうしたの?」

 

エイジ「いや今何か音がして・・・」

 

エイジ「気のせいかも」

 

と思ったら車の運転席の窓ガラスにサイが張り付く

 

サイ「ばあっ」

 

キョウカは、びっくりして急ブレーキをかけてしまう

 

車はそのまま気にぶつかる

 

キョウカはエアーバックでなんとか助かるが意識を失ってしまった

 

その時にサイが車のガラスを割ってエイジを捕まえる

 

そしてそのままエイジを羽交い絞めにして殺そうとする

 

サイ「5分、それが君の残りの人生の時間だ」

 

エイジ「呼吸ができなくなり足をばたつかせたりしている」

 

エイジは抵抗していた足が止まる

 

ダランとからだがぐったりとすると

 

エイジ「サイ、おれ、れの、か、ちだ」

 

サイ「ああ、なんだって」

 

エイジ「俺の勝ちだ」

 

サイ「はっそれが最後の言葉か?もっとマシなのはねーのかよ」

 

その時に近づいてくるパトカーのサイレン

 

エイジをほおりだすサイ

 

サイ「なに警察だと?」

 

サイ「なんでこの場所が」

 

エイジ「くっくはっはっはっはっ」

 

エイジ「それが最後の言葉かよサイ」

 

パトカーに囲まれたサイもはや脱出不可能なのは間違いない

 

21話はここで終了

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 22話 ネタバレと感想・チョイ見せ画像

 

 【実話】卒業旅行で行った温泉地で女友達のおっぱいをモミモミ


高校3年の2月に、クラスのみんなで卒業旅行に近くの温泉に行くことになった。

当日は30人くらいが集まったかな。

ホテルの人も未◯年ながらもお酒を出してくれ、宴会は結構盛り上がった。

宴会の後は温泉に入り、また部屋で飲み直していました。

しばらく飲んでいると寝るやつが出てきて、部屋の明かりは小さくなっていた。

俺も眠くなってきたから、仲の良かった聡美と同じ布団に横になりました。

聡美はどちらかと言うと、可愛い系の顔つきで俺の好きなタイプでした。

眠いながらも聡美にいたずらしたくなり、トレーナーの上から胸を触ってみました。

抵抗もされないので、寝たふりしながらモミモミ。

すると、聡美が小さな声で

聡美「何してるの?」

俺「もみもみ」

聡美「みんな気づくよ」

俺「声出さなきゃ大丈夫だよ。聡美も寝れば?」

聡美は布団にうつ伏せになりながらまだ焼酎を飲んでいて、気の大きくなった俺は、思い切ってトレーナーの下から手を入れ、ノーブラの胸を直接揉んでみた。

聡美「ん・・・マジで?」

俺「もみもみ」

聡美「いいけど、気付かれても知らないよ」

俺は徐々に手をお尻に持って行き、股の間に手を差し込みました。

聡美はお尻を左右に軽く振って拒みましたが、気にせずに触り続けました。

聡美は諦めたのか腰を振るのをやめ、俺のされるがままです。

ついにお尻の方から直接手を入れて、パンツの上からあそこを触ると、感じているのかパンツが湿っていました。

そこで、パンツの脇から直接マムコを触り始めると、我慢できなくなったのか酒を飲むのを止め、布団の中に横になりました。

聡美「どこ触ってるの?」

俺「濡れてるところ」

聡美「バカッ!」

周りの連中に気づかれないようにキスをしてお互い寝たふりをしながら、俺は聡美のマムコを触り続けました。

聡美は俺の息子を触り始め、お互い声を押し殺しながら触り続けました。

しばらくすると、聡美が

「我慢できないよ〜」

と言い、俺も限界に近いので1人ずつトイレに行くフリをして、部屋を出て階段で待ち合わせ、家族風呂に行きました。

使用中の札を下げ、お互いに着ているものを脱ぎ、温泉に入りました。

高校時代友達として付き合ってきた聡美の裸を見るのは新鮮で、聡美の胸は大きくはないけど、形が良く下の毛も少ない方でした。

湯船の中で抱き合い、キスをしてお互いの体を愛撫しました。

聡美は壁に手をついてお尻を突き出し、俺はそんな聡美の腰を抱き、大きくなった息子を挿入しました。

聡美「う〜」

俺「なんか友達同士なのに変な感じだね」

聡美「う〜ん、そっそうだね」

俺「聡美、気持ちいいよ」

聡美「私も気持ちいい」

我慢できなくなった俺は、

「聡美、逝きそうだよ。イっていい?」

聡美「いいよ。中に出して」

俺「いいの?大丈夫」

聡美「今日は大丈夫な日だから。私もイキそう」

俺「聡美。イクよ」

聡美の中に思いっきり中出ししました。

彼女から抜くと、彼女はこちらを向き、

「○○、気持ちよかったよ」

そして、抱き合いキスをしました。

湯船の中でいちゃいちゃしているとまた大きくなり始め、それに気づいた聡美は

「また大きくなってるよ。もう一回する?」

俺「・・・」

無言で胸を揉みました。

2回戦目が終わった後、お互いに体を洗い、さっきの部屋に戻ると全員が既に寝ていました。

また同じ布団に入り、今度はゆっくりと寝ました。

彼女とはその後付き合いましたが、2年くらいで別れてしまいました。

漫画 親愛なる僕へ殺意をこめてを無料で読む方法はご紹介

少年ヤングマガジンから発行されている親愛なる僕へ殺意をこめての単行本を一冊丸々と読む方法は

 

結論!!

 

VODサービス(ビデオオンデマンド)のU-NEXTの電子書籍・配信サービスを活用する。

 

U-NEXTの初回限定だけ利用できる31日間無料で使えるキャンペーンを開催。

 

キャンペーンでは、無料でもらえるポイントがあり

通常600ポイントなんですが

 

当ブログでは、400ポイントアップの1000ポイントもらえる特別なサイトを紹介しますね。

 

では、はじめに

 

1000ポイントのキャンペーンのサイトなんですが・・・

 

最初にクリックすると以下のようにNHKオンデマンドのページなっていますが・・・

 

 

スクロールしていくとサイト中段に無料トライアル特典のページがあります。

 

 

ここからもう少しスクロールしたところに申し込みボタンがあります。

 

キャンペーンに申し込みして無料で使える1000ポイントを使ってNHKオンデマンドが無料で見れるとありますが・・・

 

電子書籍・新作映画などのサービスに利用してもOKです♪

 

この1000ポイントを利用して、親愛なる僕へ殺意をこめての漫画を1冊まるごと無料で読めちゃうんですね^^

 

>初回1000ポイント特典はこちらからの登録のみ

 

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

アドセンス

アドセンス

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.