約束のネバーランド

約束のネバーランド 4話 ネタバレ考察と感想「最善」1巻・画像あり

投稿日:

前回はママであるイザベラがコニーがもっていたうさぎのぬいぐるみをトラックまでもってきた2人組を探している。

そこでママに目を付けられたが無事にやり過ごせたエマは、脱走の準備を着実にするにために入ってはいけない部屋に入っていくのだが…

続きはネタバレでどうぞ

約束のネバーランド 第4話「最善」ネタバレ

物置部屋と言われる鍵を持っているママでもめったに入らないという部屋

ここならロープがあるはずとノーマンはエマと一緒に部屋に入る。

ロープは孤児院の生活に必要ないから、この開かずの部屋にもないかも知れないが、テーブルクロスならココにあるはずとテーブルクロスを開かずの間から盗んできて孤児院内にある木の中に隠す。

これで塀をよじ登れるとエマ

今度は発信器が何処に仕込まれているのか?
全員でどうすれば脱出できるのか?
ということを考えなければならない。

全員でどうすれば脱出する事ができるのか考えが思いつかないから、レイに相談してみてもいいんじゃないかなとエマが提案する。

するとノーマンも同じような事を考えていていずれはレイにそうだんしようと考えていた。

レイは冷静で的確常に先を読んで良い判断をする事ができる冷静さをもっている。
しかしノーマンはレイにお願いするのに少し不安な事があった。

この話をしているときにレイがいる近くで話をしていて今話してみろよと言われて

!!?とびっくりする

レイは2人が最近怪しいと思ってツケていたのだ。
やっぱりコニーにぬいぐるみを持っていった時から2人の様子がおかしいと感じていたレイ

門で何があったのか話ぜと言われて

ノーマンはなら助けてくれるのかという。

一瞬?となるが、おうと話して味方になる事を承知する。

それで、ノーマンがレイにママの正体この孤児院の本当の目的は、食糧の栽培私たちは食べられるために育てられていると話すと。

鬼…人肉農園…ママが敵…と聞いたが冷静にやばくね~とめちゃ呑み込みが早い。

すぐに話が通って

で実際にどうして逃げるのかといい

レイはすぐに全員で逃げるのは無理だなじゃあ誰が逃げるメンバーに入るのかと逃げる本格的な作戦を考えている。

待って全員で逃げたいんだレイ、全員で逃げる方法に力を貸して

全員???

嘘だろ???

全部で37人で半分以上が6歳未満だぞ

ママに鬼に発信器

ただでさえ越えなければいけないハードルが高いのにみんなで逃げるなんて無理だろ!

エマはそれでも引き下がらないで分かっているけど無理ではないと思う。

レイも引き下がらずにいいや無理なものは無理

それにエマお前気づいていないだろ

するとノーマンが間に入って

ちょっとまってレイ

なるほどだから僕が話すよか。

ノーマンはエマに外に出ても安心な場所ではない。

出荷されるということは先があって、外に逃げても鬼が待つ社会がある。

そこで、小さな子供たちが生きる場所なんてないんだよ。

だから全員で逃げても全滅するかも知れない、

置いていくそれが一番いい作戦だ。

というがエマは、いやだ

みんなで逃げるのが良い無理でも私はみんなで逃げたい何とかしたい。
はぁぁぁぁと怒るレイ

エマはコニーで終わりにしたいもう誰にも犠牲になってほしくない。

エマは、外に人間の生きる世界がないなら人間の生きる世界を外に作ろうよ。

エマもノーマンも本気だから仕方なく無理な挑戦に力を貸すことにしたレイ

しかしその様子を時計のようなレーダーで観察しているママ

レイは孤児院にある一番新しい本が2015年で30年前の本

2015年前では本を出版してもいい世界だった。

レイは外に人間がクラス社会がゼロってわけでもない。
だがそのためには、外の様子に敵を見極める。
それから策を考えて生き延びる。

やるからには勝つぞといきなりレイが仕切りだす^^

⇒ に続く

まとめ

脱走用のロープはないが代替え品を開かずの部屋で見つけた。

これまでは2人で動いていたがもう一人の天才レイを仲間にいれて全員で脱出する方法を考えていくことになったのだった。

まだまだ謎が多いが仲間が一人増えて次回はさらに動きがあるのかな。

アドセンス

アドセンス

-約束のネバーランド

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.