約束のネバーランド

約束のネバーランド 6話 ネタバレ考察と感想「キャロルとクローネ」1巻・画像あり

投稿日:

新しい敵が増えたママが雑用ばかりを押し付けてエマたちに脱走する隙を与えないでいた。

その時にノーマンはおかしいてぬるすぎると違和感を感じていたその時新しい仲間ママの妹と名乗るクローネという黒人の妹がお手伝いとしてやってきた。

これで監視が2人に増えて脱走がより難しくなってきたのであった。

続きはネタバレでどうぞ

約束のネバーランド 第6話「キャロルとクローネ」ネタバレ

さてやられたとあったように監視のお手伝いクローネが入ってきたことで全員での脱出がますます困難になってきた。

ノーマンは、ママに出し抜かれたことを投げているのだが、レイはいたって冷静に大丈夫だよ。

最後に脱走できればそれでいい、相手のペースにのらないで自分たちのペースで行こうと冷静に答えるレイ。

それと悔しがってばかりいたら相手の思うつぼだ、逆に与えられたこともあるといい

外の世界の情報を知らないエマたちは、クローネが来たことで新しい情報が見つかるかも知れないと気持ちを切り替える。

子供たちはエマと遊べるとはしゃいでエマを探すのだが、エマはノーマンとレイの3人で作戦会議

作戦会議ではまず2人はどこから来ているのか?

ということを話し合っている

レイはココは孤児院ではなく農場になっている。

コニーがいなくなりすぐにキャロルが補給されたのが良い証拠だ。

1歳児をさらうか作るかしている拠点が外の世界にはある。

私たちもそこから配給されているってことだよねというエマ

外の世界にはこの農園のほかにも複数の農園があってそこから応援で来ているのかもしれないという。

ママたち大人が生まれた時から鬼の部下なのか?
それとも人間社会で生まれてそれから捕獲されているのかによってだいぶ、外の世界の構造が変わってくる。

ノーマンはあの二人のおい立ちがなにか関係していると考えていた。

レイは今新人である1歳児のキャロルが来たのもでかい。

俺たちには、発信器の手術あとがなくても来たばかりのキャロルには発信器の手術跡があとが見つかるかも?

これらの情報を例がまとめる

大人が外の世界の情報源
キャロルが発信器の手掛かりになる
もう一つやっぱりママのやり方がおかしい違和感を感じる

と3つの点を挙げる

エマは、え、ちょっ

わからない

というとレイは…

いいかママの様子

わざと発信器のデータをみせてビビらせる。

これってなにも見せつけないですぐに捕獲して出荷すればいいだけの話だろ!?

でもままはそれをしない。

何かできない理由があるんだ。

このママのおかしな理由に気が付かないと

ママがいったいどんな作戦でくるのか分からない

そうなると次にどんな試練がくるのか、死につながるかもしれない。
そうなる前に一刻も早く次にすることはわかっているだろというレイ

エマはわかったと言い

新しく入った新生児のキャロルから発信器の情報を盗みに行くことになる。

エマは絶対にみんなで、この農場から脱出するんだと意気込んでいる。

その時ママとクローネは別室で話をしていた。

やっとこちら側に戻ってくることができました。

とママの功績を褒めちぎって太鼓持ちするクローネ

しかしママは冷静に仕事の話をしましょう。

ママは子供たちの資料を今ここで覚えなさいといいクローネに資料を見せる。

その時にクローネがエマたちと同じように毎朝テストを受けている幼少期の画が映し出される。

クローネはところで私何の仕事するのですかと尋ねると

ママは、秘密を知られてしまった。

子供二人に秘密を知られて荷台にあった死体も見られていると打ち明ける。

クローネはあわててなら規則通りすぐに見つけて即時に出荷を…

まって大丈夫だから標的の正体はわかっている。

出荷まで逃がさなければいいだけの話

それママはクローネに対してあなたはみはりをしてと命令していたのだ。

⇒ に続く

まとめ

なんかこの小出しに謎が解けていくのがいいよね。

赤ちゃんの発信器をこれからエマが追跡

大人たちは上司部下の関係でクローネとママは何かしらの組織に属している。

上司もいるみたいな口ぶりだった。

さて次回はいよいよエマが動いて来るだろう。

これからどうやって脱出するのだろうかわくわくが止まらない^^

アドセンス

アドセンス

-約束のネバーランド

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.