金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿 京都編(最新26話) ネタバレと感想

更新日:

金田一37歳の事件簿 京都編「最初から」(2019年5号掲載)のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

金田一37歳の事件簿 京都編(最新26話)

 

新章京都編の開幕!!

 

京都美人華道家殺人事件の始動

 

金田一の所属する会社のプレゼン

 

日本のわびさびを代表する茶道と華道の家元とコラボ企画を取り付けた

 

そこで、この企画の担当に金田一が立候補するのだった

 

上司「言ってくれるか金田一くんよし決まりだ」

 

上司「先に伝えた通りこの企画に欠かせない華道の家元はひじょうに厳しい方なので注意してくれたまえ!」

 

上司「それとインバウトのお客さんたちはほぼ日本語がしゃべれないのでそのつもりで」

 

では本日の会議終了東京本社の代表として頑張りなさい金田一君!

 

葉山「主任!」

 

金田一「ああ葉山君」

 

葉山「アタシたちえんがありますねやっぱり」

 

金田一「へっなんのこと?」

 

葉山「京都出張ですよ私フランス語と中国語の通訳で一緒にいくんですよ」

 

金田一「え、美雪とつながっているあの二人の前に葉山を連れて行ったら何を言われるかわかったもんじゃない」

 

金田一と葉山は新幹線で京都駅へ

 

京都支店に着くと京都支社長の鶴田と営業部長の白波が迎えるが

 

支社長は企画の説明だけするからあとはお二人で何とかしてくださいねという

 

金田一「え、お二人は手伝ってくれないのですか?」

 

支社長「いやアタシらは赤池流の家元一家に頼まれたからやっているだけで、もう定年までちょっとだしおとなしくしていたんです」

 

営業部長「そうそうそろそろ有給休暇の消化に忙しいから仕事なんかねぇ」

 

支社長「やってらんねえんだよこんなブラック企業の島流し支店なんか!」

 

と本音が・・・

 

だが取り直して企画の内容を説明する二人

 

金田一「ふううまだ仕事も始まっていないのにどっと疲れてしまった」

 

葉山「でも大変ですね京都の支店長がやりたがらない仕事を私たちが引き受けるなんて大変ですね」

 

それで二人は家元の家に行く

 

すげぇ屋敷まさにザっ京都って感じですね

 

家の前に立っているとフラワーアーティストの桜子が二人に話しかけてくる

 

桜子「中に入ってどうぞと案内する」

 

薫子「あら桜子帰っていたの?あ、本日いらっしゃる東京の方ですか?どうもおこしやす」

 

金田一はあまりにも似ているのでお二人はと尋ねると双子の姉妹ですと紹介される

 

巌流「桜子おまえの恰好はなんだ?水商売の女かさっさと着替えてこい」

 

桜子「はーいでもこれはフラワーアーティストとしてパフォーマンスだもの華道家じゃないんであたし」

 

巌流「何だその言い方は、あんたらも何ぼっとしているんだといいさっさと家に入れととばっちりを喰らう」

 

金田一「はい」

 

巌流「ホンマに気の利かない連中ばっかりだな!?」

 

葉山「なんですかあの親父は初対面でいきなりあの態度って!!」

 

金田一「まあまあ葉山君、平常心平常心!」

 

その時俺はまだ気がついていなかった

 

この今日の古めかしい屋敷の奥でどす黒い殺意が渦巻いていたことに

噂通りの訳あり一家?

 

出張先でも事件は起こる

 

波乱の京都編が開幕!

 

26話はおしまい

 

⇒ 27話に続く

金田一37歳の事件簿 漫画を無料で読む方法

 

知らない人もいると思うですが「金田一37歳の事件簿」の単行本を無料で読むにはVODサービスで有名なU-NEXTにて

完全無料でまるごと1冊読むことができる方法を紹介するよ。

 

こちらでは、U-NEXTの登録時ポイントが通常600ポイントから1000ポイントなるお得なサイトを紹介します。

 

U-NEXTの初回400ポイント増量の1000ポイントの特典は、今だけです!

 

無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

それに漫画だけではなくもちろん映画・ドラマ・アニメなども無料で楽しむことができますよ。

 

初回1000ポイントの特典はこちら

↓ ↓ ↓

>>>U-NEXTで『金田一37歳の事件簿』コミックスを無料で読む

アドセンス

アドセンス

-金田一37歳の事件簿

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.