マンガネタバレ

カイジ 312話 ネタバレ考察と感想!画像掲載順「翌朝」

投稿日:

週刊ヤングマガジンに掲載のカイジ 第312話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※カイジ 312話「志願」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

カイジ 312話ネタバレと感想

 

帝愛カイジが実家にいると居残っているであろうと踏んで

 

急遽本来なら入れ替わりで帰るはずの第二班の夜班も現場に残す

 

緊急体制で遠藤を含めてカイジの実家に張り込む

 

カイジ脱出の本線は朝の出勤ラッシュの時に人群れに紛れて脱出できると読んでいる

 

しかしカイジがこの深夜に虚をついてダッシュ!車が陣を張る道路側ではなくその逆

 

団地の奥側へと突っ走ることも想定しそちら側にも一人配置

 

塞ぐカイジ脱出のあらゆる可能性ルート展開

 

部下「遠藤部長カイジが出てくるのはほぼほぼ朝ですよね?」

 

遠藤「まあそうなるな」

 

部下「てことは今こうして張っている夜は無駄になるってことですよね」

 

部下「万が一があるから見張らなきゃいけないってのは分かるんですよ、でもやっぱり虚しいっていうか無駄だとわかっていながら」

 

遠藤「クク」

 

遠藤
「これが無駄じゃないんだがこうやって出てくるはずもない深夜に人員を増やしての張り込み

 

じつはもうある効果を生んでいて無駄じゃねえんだ将棋でいうなら詰みに向かって進んでいる」

 

カイジは実家で眠りにつくがなかなか寝付けない

 

カイジ「見張りにバレてはいなかっただが遠藤がこの団地に来ていた

 

奴は見張りから何か話を聞いて何か感じたんだな違和感そして自らも張り込みベランダ側まで抑える念の入れ様

 

フフいろいろあってだなチャンをわらえなけアクシデントにイレギュラー恐ろしいなっちまうちょっとしたことで想定外のピンチ

 

生まれるこんなはずじゃなかったっていう状況」

 

風呂場で眠りながら考えているカイジの元へ母親がやってくる

 

少しだけといってカイジのそばで寝る母親

 

カイジ「いやいやダメだろ、おふくろベッドで寝てくれ帰れよ」

 

母親「少しだけだよ」

 

カイジ「もうすぐに帰れよ」

 

カイジ
「傍聴班も寝ているかもしれないだが仮に一人だけ起きて聞いているとしたら

 

でもおふくろが寝ていようがほぼほぼ無音だからやりがいがないか、ならこっちに来ても関係ないともいえるけど

 

なにしろロックオンされている今は敵に一部の隙も見せたくない念のため

 

おふくろは寝室で寝てもらわないと・・・」

 

しくしく泣きだす母親

 

カイジ「なぜ泣く泣かれるとまるで俺が親不孝しているみたいじゃないか」

 

翌朝

 

6時半

 

ポツンポツンと通勤の住民が現れるカイジの実家へ続く昇降口出入り口からも一人また一人現れる

 

遠藤たちはそれを前もって用意した居住者リストと照らし合わせてチェックする

 

出たものを消していくまず二人消去

 

ピーク通勤通学ラッシュを迎えるカイジがもし脱出を試みるとしたら

 

このタイミングか?この時遠藤は念のためにベランダ側からダッシュを阻止するために一人残して

 

あとは昇降口の見通せる地点に見張りが見回る

 

そのときにカイジの変装している格好のおばさんが下りてくる

 

すぐに見張りがあつまりカイジの変装のような人に詰め寄る

 

だが別人です僕らがみたsおばさんとは別人です

 

遠藤「まだろうなカイジが出てくるときにあのままの変装で出てくることはまずありえない出る場合は相当イメチェンしてくるはず」

 

遠藤「位置に戻れ」

 

遠藤「イメチェンしてくるそりゃしてくるだろうがどんなに変装しようがカイジおまえの面は俺の脳裏に染み付いている焼き付いている絶対に見逃さない舐めるなよ」

 

※ううーちょっとカイジの変装と同じ服の人が来た時には

 

え、え、え、とおもったけど違ったね、籠城がいつまで続くのかカイジが強行突破してくるのか

 

次号でなにかしら動きがありそうだな^^

 

312話終了

 

313話へ続く

 

カイジ 単行本無料で読む方法

「カイジ」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

紹介登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでカイジのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『カイジ』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-マンガネタバレ

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.