マンガネタバレ

カイジ 306話 ネタバレ考察と感想!画像掲載順「披露」

投稿日:

週刊ヤングマガジンに掲載のカイジ 第306話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※カイジ 306話「共闘」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

カイジ 306話ネタバレと感想

 

 

カイジの母親「カイジ!」

 

カイジ「だめだ見せられない」

 

耳の切断痕に頬の傷どっちもNG

 

カイジ「どうする」

 

母親「シャアとカイジのマスクなど外そうとする」

 

母親の手を抑えるカイジ

 

こらカイジどうして見せないなぜ顔を見せないおかしいだろ何を隠している見せろ

 

おふくろ落ち着いて

 

見せろ!!

 

見せろおお!!

 

わかった、見せる見せるから

 

なら良し

 

ただし顔見せは一瞬瞬間だから

 

なぜ瞬間?

 

恥ずかしい過ぎる

 

親と正面から相対するなんて3秒が限界

それ以上は俺の自意識が崩壊する

 

はぁなに言っているの?

 

小さき時からお前は母さんに頬すりすりしてきたんだぞ

 

知りませんよそんな昔のこと

 

顔見せは一緒でおかわりなしそこんとこよろしくOK?

 

うーん分かったよ

 

カイジはそういうと頭巾を取りマスクを外してかつらを取る

 

かつらを母親に投げる

 

母親「何するの」

 

するとそのすきに耳を隠してドアップで母さんに顔をみせる

 

すぐに3秒が立ちかつらをかぶり変装モードに戻る

 

カイジ「ハイ終了」

 

母親「わからない、いまいちよくわからない近すぎて短すぎて」

 

カイジ「親子なんてわからないくらいがちょうどいいんだって俺に限らず息子の真実の姿なんてすべて知ったら必ず裏切られる知らぬが幸い」

 

母親「なんか違和感ある」

 

カイジ「おふくろ考えない考えない、おふくろが考えて解決することなんてこの世の中ほぼほぼないから」

 

必死でごまかすが母親のカンといのか

 

母親「お前何ごまかしているといって切断した左耳をつかまれてぎゅうっとつねられる」

 

カイジ「やめろよ」

 

良かったぁ、耳あったついていた

 

カイジ「ついているよ当たり前だろそんなこと」

 

母親「だってお前何となく左耳隠しているから」

 

隠していないし

 

でもあったぁ

 

だからあったじゃねぇへたしたら今ので取れていたわ

 

カイジ「じゃあ行くよおふくろ」

 

出発前に100万円だけ入った封筒を置いていく

 

本当はもっと置いていけるけど額が大きすぎると余計な心配をさせるたんまり渡すのはこの事態が落ち着いてからだ

 

カイジが外に出ようとしたその時4階から3階に下りてくる足跡

 

ちぇ住人は誰にも会いたくないと思って覗くと

 

びっくりするカイジ

 

死神がいた

 

母親「え?」

 

この状況でその男の出現はまさに死神

 

遠藤がカイジの母親の部屋の前に立っている

 

最悪・・・

 

306話終了

307話へ続く

カイジ 単行本無料で読む方法

「カイジ」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

初回登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでカイジのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『カイジ』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-マンガネタバレ

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.