ジョジョの奇妙な冒険 5部

ジョジョ第5部 キャラクター別のスタンド能力【2018 秋アニメ】

更新日:

2018年の秋アニメ金曜日の深夜枠は、「ジョジョの奇妙な冒険第5部」が放送されています。

ジョジョシリーズはこれまでに1-4部までテレビ放送のある人気の作品は少年ジャンプでもサスペンス系の天才漫画として有名な作者荒木飛呂彦が、描いている作品になります。

コチラの記事では、ジョジョの奇妙な冒険にでてくる主要キャラクターのブチャラティチームのスタンド能力についてご紹介しています。

ジョジョの奇妙な冒険第5部は、1996年5月に連載スタートした漫画がアニメ化したんで楽しみですね^^

2018年秋アニメ『ジョジョの奇妙な冒険第5部!』キャラクター別のスタンド能力を紹介

ジョルノ ジョバーナ

アニメ第5部のジョルノジョバーナは、どんな役なのか?

本作品の主人公で、これまでの敵キャラでラストボスのディオブランドーの息子なんですが…

父親はバリバリの悪キャラだったのですがジョルノはなんというか悪であるギャングに憧れています。

しかし、その本質はギャング組織を変えたいと願う心優しい少年なんです。

スタンド能力はゴールド

ジョルノジョバーナ
スタンド名「ゴールドE」
能力:物を殴って生命を与えることができる。攻撃を跳ね返す能力
人間を殴ると感覚が暴走して意識がおかしくなる。

ブチャラティ

ジョルノの直属の上司・ギャングチームの幹部

彼もジョルノのいう麻薬撲滅してギャング組織を変えたいという考えに賛同してジョルノを自分のチームにいれて組織の改革を目指す。

ブチャラティ
スタンド名「スティッキィ・フィンガース」
能力:殴ったものをジッパーにして空間を作る
ジッパーを閉じると違う者同士をくっけることができる。

アバッキオ

アバッキオはもともと警官だったのだが汚職をしたことで道を踏み外してギャングになった。

性格は人の言う事を素直に聞かないタイプだ。

スタンド名「ムーディー・ブルース」
能力:人物に対して過去の出来事を録画の様に現在までリプレイする能力
リプレイを解いたらコントロール可能になる。

ミスタ

ミスタは4という数字をめちゃくちゃ嫌う性格

正当防衛で強姦から女性を守ったのが、すさまじい能力のおかげで誰にも信じてもらえずに刑務所に送られるがブチャラティはミスタの正当防衛を信じてポルポの試験に無事合格して組織に入った。

スタンド名「セックスピストルズ」
能力拳銃の中に住んでいるスタンドで、発射される弾丸を操作する。
スタンドはワガママでごはんを食べないと働かないっておちゃめな性格をしている。

ナランチャ

友人に裏切られて精神的に参っていたナランチャをフーゴが見つけてブチャラティが面倒をみた。

それで、組織の幹部に会いに行ってギャング試験に合格してギャングに鳴れた。

スタンド名「エアロスミス」
歩行器の飛行機の様に飛んで、弾丸や爆薬を撃ちまくる。

人や動物の呼吸(二酸化炭素)をデーターによって把握する。
射程距離は10メートルでスピードと攻撃力が充実しているスタンド

フーゴ

パンナコッタ・フーゴ頭が良くてナランチャの面倒を見てくれるやさしい存在。

スタンド能力はかなり特別物をもっていてチームブチャラティの切り札なんですね。

スタンド名「パープル・ヘイズ」
両手の拳にカプセルがついていて、それを割ると殺人的ウイルスが拡散されて30分以内に細胞がボロボロになる。
なのであまりスタンドを仲間がいても使わないのだ、破壊力が抜群だが使う場面を考えないといけないめちゃくちゃ危険なスタンド能力なんです。

まとめ

2018年の秋アニメジョジョの奇妙な冒険第5部の主要のブチャラティチームのキャラクターとそのスタンドの能力をご紹介しました。

6人のすごいキャラクターが特殊な能力を持つスタンドで組織と戦う。

組織の裏切者やボスとの戦いになります。

アドセンス

アドセンス

-ジョジョの奇妙な冒険 5部

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.