ジョジョの奇妙な冒険 5部

ジョジョの奇妙な冒険 5部 ネタバレと考察@物語に隠された謎を読み解く

更新日:

ジョジョの奇妙な冒険5部「黄金の風」のアニメが2018年10月15日放送される日とあってJOJOファンはだいぶ盛りあがりをみせていますね。

コチラサイトではジョジョの奇妙な冒険 5部のネタバレでは各ストーリーごとに簡素にあらすじを解説していきますね。

長くなりますので話ごとに個別にお届けします。

ジョジョ 第5部 各話(ストーリー)のネタバレ

ジョジョの奇妙な冒険第5部の単行本の中のネタバレをストーリーごとに解説しています。

初回から最終回まですべての話を公開

※アニメと漫画で若干の違いがあります。

 

⇒ジョジョの奇妙な冒険 第5部の動画無料視聴はこちら

 

ジョジョの奇妙な冒険 5部のおおまかなネタバレ

だいぶ簡単におおまかなジョジョの奇妙な冒険第5部について紹介していきます。

これまでのジョジョの奇妙な冒険では、ジョースター家の人物が主人公になって、
1部ではディオ
2部ではカーズ
3部ではディオ
4部では吉良吉影
といった敵とジョースター家との戦いで物語が構成されていましたが…

今回の第5部では、1部3部に登場したディオ・ブランドーの子供が主人公として描かれているんですよね。

ディオブランドの-の子供であるジョルノが、ギャングにあこがれてイタリアのギャンググループに入団する。

そこで直属の上司であるブチャラティと一緒に麻薬をばらまくギャング組織を麻薬のない組織にしようとボスを倒そうと考えている。

そのためには、ギャング組織で力を付けないといけない

ブチャラティの上司ポルポをジョルノが暗殺してそのポジションにブチャラティが上がって幹部になり

そこからボスの娘をボスのもとへ届けるというストーリー

ボスは組織の裏切り者である暗殺チームを探しておりその暗殺チームは、ボスの正体を探っていたが仲間が正体を調べているということで殺されて逆恨みでボスの娘を誘拐しようとしているのだった。

そのボスの娘であるトリッシュを暗殺チームから守りながらボスからの指令を次々とこなしてあいに行くというストーリー

暗殺チームとブチャラティとジョルノたちのチームとの戦いが主な第5部の話の内容だが…

なんだけどジョルノとブチャラティは、組織から麻薬を排除したいんですよね

でもね、麻薬が組織の大きな資金源なのだ。

それでボスとジョルノたちの戦いが繰り広げられる。

最終章では、フランスに帰ると言って別れたあのジャン・ピエール・ポルナレフが出てくるなどジョジョファンが楽しめる話になっています。

詳しくは、物語のストーリーに沿って各話のネタバレを以下で紹介しています。

 

⇒ジョジョの奇妙な冒険 第5部の動画無料視聴はこちら

 

ジョジョの奇妙な冒険第5部の考察

第5部はすぐに不思議な部分がでてきたんですが、

なぜディオは子供を残したのかという最大の謎?

 

ジョジョファンならとても奇妙に感じたのは、ディオって吸血鬼になってたしか女性の生き血を吸っていたはずなのになぜに子供なんかできたのだろうかということ…

ここで考えられるのは何かしら実験で、子供を作ってみようと思ったと考えるのが納得いくのですけど…

じゃあさ、なんで育てなかったのだろう?

自分の手で育てて成長過程を観察するならわかるけどさ

それもしないで、母親もどうやらジョルノ(ディオの子供の名前)を生んで生きていたらしいのでなぜディオが子供を作ったんだろうと私は第5部を読んでいきなり奇妙だと思ってしまいました^^

ストーリーで詳しく書いてみたんだけど、やっぱりボスの能力であるキングクリムゾンが理解できないというかわからない。

だが何度も読んでみたらビデオの早送りと10秒送りがあるという解説を見つけた。

私たちが10秒送りで動画を見たらもちろん10秒間は内容が分からないですよね?

でもキングクリムゾンだとこの10秒間の空白時間に行動することができるとある。

でもなんだかなぁ納得いかないそんな能力があるならそもそも戦いなどおこらないと思うのですが…

とまあ考察してみても奇妙ななぞが残ってしまった。

ここは個人それぞれの感じたほうが正解だろう。

⇒ジョジョの奇妙な冒険 第5部の動画無料視聴はこちら

 

ジョジョの奇妙な冒険 5部の主要キャラ

詳しくは最新話ネタバレで漫画読んでいるという事で紹介していますよ

 

<<ジョルノ・ジョバァーナ>>

これまでのジョジョの奇妙な冒険で3部までの敵キャラのディブランドー
ディオは吸血鬼だったので女性は血を吸っては殺していたのですが、でもなぜかおもしろみ興味ほんいだったのか。
子供がいてそのこどもがジョルノ・ジョバァーナなんと悪役の子供が主人公になって話を進めていく!

 

<<ブローノ・ブチャラティ>>

5部はイタリアのギャングマフィアをスト―リーにしている。
ブチャラティはギャングを自分が偉くなることでシステムを変えようとしている知的あふれるキャラクターだ!
冷静にチームのキャプテン的な存在で困難を克服するために考えたりするのは見どころ満載ですよ。

<<グイード・ミスタ>>

ミスタはセックスピストルのスタンド拳銃とその弾丸を操ります。
性格が少しなんでも信じやすいのがたまにきずで、ジンクスなど信じる乙女っぽさももっている?

<<レオーネ・アバッキオ>>

アバッキオは警察官だったのだが、不正をしている警察が見過ごせなくてやめてしまいます。
それでブチャラティに拾ってもらって現在のチームのメンバーになっているんです
時を操るスタンドもいいですよ意外なところで役に立つこれは終盤あたりでかなり役に立ったスタンド効果ですよ。

<<ナランチャ・ギルガ>>

ナランチャは、少しお馬鹿ですが無邪気で子供っぽい
スタンド使いや戦いは少年のような無邪気な思考でスタンドエアロスミスで飛行機を飛ばしてレーダーや二酸化炭素などで考えて攻撃できる。

<<パンナコッタ・フーゴ>>

このチームでIQ152で大学に飛び級で入れるほど頭がいい
チームでも特例でかなり考えるのが楽しいギャング入るの何でこの子がギャングにと思うような頭の良さをしています。

⇒ジョジョの奇妙な冒険 第5部の動画無料視聴はこちら

 

アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』ネットの反応や評判は?

ジョジョの奇妙な冒険 第5部アニメ動画前からすでにツイッターで盛り上がっていますね。

 

アニメ動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介します↓

 

まとめ

第5部のネタバレを簡単にしたのですが、スタンド能力が第3部4部ときて5部になったことで話的には難しいのだけど読んでみるとかなり面白い。

読みながらこの作品は絶対にアニメで見たほうがいいのではと思った。

というのも漫画では文字が多くて、結構人によっては毛嫌いするかもしれないからだ。

2部や3部でもあんなに新しい能力がガンガン出てきたのにアニメで見るとめっちゃシンプルで簡単にわかるように編集されている。

漫画は漫画の隅々までわかる面白さがあるが、アニメでは簡単に要点を見抜いて頭がつかれないで話の内容がわかるようにできているのがすばらしい。

2018年の10月15日まで待ちきれないというファンの方必見の各話ごとのネタバレや私が奇妙だと思ったディオの謎の行動など思う存分ジョジョの奇妙な冒険第5部をお楽しみください。

この第5部少しギャングやマフィアなど黄金の風はイタリアで行われるストーリー

 

ギャングなどの仕上がり方などスタンドの駆け引きが初めてスタンドがでた3部からは、戦い方はすごくなっていますよ。

 

スト―リーにスタンドにパワーアップした第5部を楽しみましょうね^^

アドセンス

アドセンス

-ジョジョの奇妙な冒険 5部

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.