VOD電子書籍漫画

ハリガネサービス 9巻の漫画無料で読む方法@ネタバレと感想

更新日:

ハリガネサービス9巻 漫画 無料

↓今すぐ無料で読みたい方はこちら↓


⇒今すぐ漫画を無料で読む!

 

69話ハリガネサービス【雨】9巻 ネタバレ

【第69話 雨】

朧が先ほどの自分のはなったスパイクはコートに落ちていたのではとアピールする!

 

そこで雨竜監督が大きな声で異議ありと大きな声で朧の主張をはげしくアピールする主審に副審に線審に向けてちゃんと見ていないのかとののしる。

 

下平はあれはちゃんとボールを指先に当たってあがっていましたという
それで主審は副審に線審を読んで確認作業を行う

 

現在で言う人口チャレンジだ

 

大船は本当に落ちていないんだろう菜と確認する。

 

もう一度やれと言われてもできませんがあれは本当に上がりましたという!

 

一か八かで守ったら負けると思ったからと打ってきそうな所にヤマはったんです。
朧のスパイクは無軌道でとらえどころがなくて予測できなかった

 

先ほどのプレーは普通の1人時間差だからとうう久場の真上からコートに落とすのではと予測できたという

 

そこで久場がそうかアイツに普通のバレーをやっらせるといいのではという

 

そこで主審の会議も終わるそれで竜泉学園の雨竜監督にレッドカードが出されて、退場になってしまい。
会場で退場で大騒ぎにバレーでは審判に抗議できるのはキャプテンだけなのです!
雨竜監督は先ほどのイエロー貰っているし退場になった監督はベンチ外のぱなるてぃエリアにそのセットの間いないといけない。

 

その間ではタイムアウトや交代などのすべての監督宣言を行う事になる。

 

それが不服なのか椅子を蹴飛ばしイエローとレッド出されて失格処分になる

 

雨竜は退場になりカモメなどみんな先生何処に行くのかなどと聞いてくる。

 

試合はそのまま続くせっかくいい試合だったのにという

 

サーブは下平で僕のやる事は変わらないといい勝つために100%のサーブを打たなければでももしもまた、まつたく変化しなかったらボールははるか上空からカクっと落ちる

 

その時退場になった雨竜監督はバレーボール会場から外に出てタクシーを止めてどこかに立ち去るのであった

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

70話ハリガネサービス【先生】9巻 ネタバレ

【第70話 先生】

雨竜がタクシーでいなくなったが試合は続く
竜泉は監督なしで戦う

 

しかし大量得点が期待できる下平のサーブがアウトになりあやまる下平
でもサーブミスしたくらいでそんなに謝るなよと野々原はいい間白も今のはギリギリを攻めに行ったからいいんじゃないそんなに落ち込むなという!

 

のろのろしてないでさっさと交代しろと大船に言われる

 

試合は進みまた朧のスパイク今度も久場が一枚で飛んでコースを限定して金田が支持を出すスタイルで守る
間白と大船の間が空いていたので金田が間つめろといい大船が動いで詰めるが手の外側に当ててインナーにスパイクを切る。
これまでに金田は支持を出したことはないだけどその自分一人で全部やるのはできないという事を知ってなんとか周りを使いレシーブシステムを作ろうとしているがなかなかうまくいかない!

 

金田はこれまで感覚でほとんどのプレーができていたのでここでまた一歩成長できればと松方はいう。

 

高さの大船に速さの間白など両レフトが全くつかまえキレイ内でいる竜泉学園

 

どうしたらいいのか監督を頼りたいが雨竜はもう退場でこの試合ベンチに入れない

 

大船は甘いな監督の指示がないと動けないなんてといい

 

山縣監督は同hしたらいいかなんて教えちゃくれないぜという先生は問題を出すんだという。

 

ちなみに個人的には試合の時は指示だそうよと思ったのは私だけではないはずだ^^

 

練習でならいいけど。

 

山縣はある程度の問題を出すがだすともう何もう言わない自分で答えを出すとずっと信じて待っている!

 

先生のコマになってバレーさせられて面白いかよ

 

どうすればうまくなれるのかこれまできないプレーができるようになる日がくるだからばバレーは面白いのではないのかと大船はいう!

 

豊瀬24-18竜泉の場面でピンチサーブに間白に変わって五十嵐を投入する羽柴恵ちゃんも大きな声で声援を送る!

 

五十嵐のノータッチサービスエースが決まって第2セットを奪い返す豊瀬高校

 

話変わってここでいい停めてくれといい雨竜がタクシーを止めて向ったのはPACHINKO屋さんだった

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

71話ハリガネサービス【お母さん】9巻 ネタバレ

【第71話 お母さん】

雨竜はパチンコ屋さんに入ると朧のお母さんはパチンコをしていてよおーしキタキタといいパチンコをしておりそこに雨竜が来ておいと母親に声をかける!

 

朧の母親は何しにきたのなんでここが?
するとすぐにこおが幽哉が瀕死の重傷だといいタクシーに母親を乗せて動き出す!

 

朧の母親光子は裕也を置いて出ていったかわいそうだよねとパート先でも同情されているが裕也がいるからそうでもないよねと光子はこの時は目が生き生きしている!

 

でもご主人に捨てられたことが気になっている、なんでこんな昔のこと思い出してといい着いたぞと先ほどのバレー会場の冬樹高校に連れて行かれる!

 

おいココ病院じゃないジャン手術の許可がいるといい朧の母親を雨竜がだました様子はさすがペテン師

 

だが雨竜は無視して母親を2階につれていきあと5点で内刃敗退だといい瀕死の重傷だろと母親にいうが、光子はあんた監督だろこんなとこで何やってんだ?
退場になっちゃったという雨竜

 

だましたなぴんぴんしているじゃないか変えるというが雨竜が、あんたも昔バレーしていたんだろと言われる
そう光子は学生時代にバレーをしていて仕事場でバレーに誘われる

 

裕也もいるからと断るがママさんバレーなので子供連れてきてもいいよと言われて一緒にバレーをしに行く。

 

そこで幽哉はバレーをしていれば母親はよく笑っていたといいあの後色々とあって母さんは笑っていないという
でも幽哉はいつか母さんが僕を見に来てくれたら笑ってくれるのかもしれないといい対してバレーが好きでもないアイツがコートに立ち続けるのはあんたを待っていたからだと雨竜がいう。

 

全く理解に苦しむぜなんであんたなんかのためにそこまでするかねぇ雨竜はいう。

 

アンタは子供に物を投げつける最低の母親なのにといい光子の過去を振り返る

 

それで母親はなぜか幽哉物を投げつけるでも幽哉はあたしの投げるものを受け止めるようになったとき思ってしまった。

 

この子はあたしと違うこれからもっときれいで強くなっていくんだ
そしてあたしの元から逃げていくんだと父親を思い出す。

 

なあなんであいつがそんなことできるようになったと思う!

 

ンなもん誰だって自分が傷つけられるのは嫌に決まっているだろいう。

 

違うといい朧は雨竜に僕は絶対に傷つくわけには行かないんだと
自分が傷つくといつかそのことが母さんを苦しめる時が来るかもしれないと言っていた

 

雨竜は理解に苦しむだろアンタはアイツを守る事を放棄したのにアイツはそんなあんたを守ろうとしているのだから

 

信じられんほどのアホだ

 

だけど

 

あんなに賢くて心の優しい子は世界中どこ探してもいないぞと雨竜が光子に言い放つ

 

光子はどうしてこんなことになっただろう幸せだった時もあったのにと朧との楽しい思い出を思い出している!

 

その時にマッチポイントになるあと一点で終わりだという時にずっとあんたを待っていた幽哉に一声かけてやってはどうだと雨竜はいう!

 

すると光子は、がんばれ幽哉頑張れと応援する!!!

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

72話ハリガネサービス【GET BACK】9巻 ネタバレ

【第72話 GET BACK】

幽哉頑張れと大きな声で声援を送る光子

 

すると朧はまだ終われないといい
母さんが来たんだもっとバレーを見せてあげたいと思い母さんに笑顔を思い出してもらわなくちゃとといってタイムアウトを要求する朧!

 

髪を束ねたいといいまとめるものを探すが何もないが百合草がこれ使うかといい髪留めゴムを渡す

 

いいのですか僕敵なのにというがいーよアイツラ強いからという

 

ありがとうございますといい髪を束ねる朧幽哉

 

りりしくてめちゃカッコイイ

 

雨竜がリミッター外したなという

 

あれはあんたに物を投げられて目の前の動くものを無意識に軌道計算してしまう
だから前髪で視覚を限定して負荷を軽減していた遮るものが無くなれば視界に写る
全ての物が物理演算してしまう問題はその不可に脳が何分耐えられるかなんだと雨竜はいう。

 

朧はそれによりくらっとするがメンバーに頼ってもいいかな・・・?

 

朧が初めて俺たちを頼るのかといいカモメがああ任せておけという!

 

松方は朧のスタイルがきになり責めるサーブで一気に決めるぜとサーブを打つ。

 

セッターになぜか朧が動いて竜泉のスパイカーが全員動き出してスパイう体制に入る

 

朧は自分一人では勝てない豊瀬は僕一人で頑張ってもみんなで力を合わせて僕を簡単に上回る

 

1人では勝てないといい竜泉の素人集団に力を借りる

 

朧は自分の物理の能力をセッターの能力に当てはめる事でスパイカーをうまく使えるセッターこそが本来の朧のポジションなのか?

 

2番の白鳥がブロックの間からスパイク放つ。

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

73話ハリガネサービス【猛追】9巻 ネタバレ

【第73話 猛追】

朧がセッターになって初めてのトスをきれいな連携が決められる

 

スパイカー全員のジャンプの軌道を物理演算したっていうのか?

 

観客も今から一点返してももう遅いというが、雨竜だけはまだまだ全然遅くない大丈夫朧が覚醒して進化すればひっくり返せるという!

 

俺が退場になった時点でほぼ竜泉勝利は消えたように見えたのだが俺はココで賭けに出た
キーパーソーンの母親を連れてくる事で朧を覚醒させる
狙い通りだいうすべてをひっくり返せ、田代さんお願いがあるんですが・・・

 

それで白鳥のサーブで竜泉が復活する前にここで完全に息の根を止める
間白頼む!!と速い攻撃を魅せる

 

田代さんお願いがありますといいバスケットのマンマークが得意な田代に間白にマンマークされて開いている部分にスパイクを放つ。
だがそこへさらにカモメも飛んでワンタッチを取る

 

それでまた簡単にチャンスボールになるセッターに朧がトスをどこにくるのか
間白と下平は考えるがすぐに4番のクイックを決める!

 

カモメのスパイクに朧のブロック竜泉の勢いが止まらないさっきまではエースで活躍していたが今度はセッターでチームをひっぱる
凄いわよ光子ちゃんといい、裕也君が教えられたことすぐにできちゃうのでといい幽哉がだけが私の誇りだったという。

 

攻撃の的が絞れないという大船。

 

それで朧がツーアタックをするが下平が見破ってブロックに着く
よくついていたとブロックといい金田もそこからどうやって攻撃が来るのかと予測している。

 

幽哉の母親の光子がいけえと応援するすると朧はネットの白帯部分に当ててネットインスパイクを決める!

 

それでボールを取ると初めて悪露が笑ったのである!

 

それをみた母親は幽哉の子供のころを思い出して母親も笑ったのです。

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

74話ハリガネサービス【fever】9巻 ネタバレ

【第74話 fever】

光子が笑うと幽哉も笑っている、いいぞ竜泉といい観客も逆転を信じ始める。

 

それもそのはずだ第1セットも逆転で勝ち取り2セットは取られて3セットにもつれるすんなり勝つと思っていた豊瀬に追いすがるとひっくり返せそうな点差まで追い上げる竜泉

 

ホームのような応援で試合は続くでも下平は笑っている金田がなぜ笑った?

 

間白のセンターからの速い攻撃だが竜泉は粘りに粘って24-20と豊瀬高校を追い詰める

 

試合に出ていると勝たないとベンチの試合に出れないメンバーの分までと思うけど楽しい気持ちが抑えられない
相手とガチでぶつかり合う事でどうすれば竜泉を攻略できる朧を振り切るかといろいろと考える事がこんなにも楽しいなんて

 

外から見てるだけじゃ分からなかった?義務とか責任とかどっかに飛んでってしまうもっと動きたいといいブロックするが横に当たってボールをはじく。

 

下平の奴はだんだんとブロックが追い付いてないか?

 

朧のプレーは要は目なんだ
動きを視界に入れてイメージして朧がやりかただ
だけどセッターに不慣れなせいかくせを消せていないことに下平はきずいた!

 

次狙う場所に必ず目線をやってしまうんだ。

 

止めた下平君でも竜泉のチャンスボールを変える

 

後衛センター開いている

 

あれなんでだと朧がスパイクを放とうとすると視覚に潜んでいた金田は急に出てきてレシーブをブロックのようにしてはじくネット上の真上に上がって押し合いになる!

 

そこで朧も飛んで高さでは朧が勝つが先に朧がボールを触るので後出しの下平がボールを押して竜泉のコートに落ちてしまった。

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

75話ハリガネサービス【a little】9巻 ネタバレ

【第75話 a little】

竜泉学園22-25豊瀬高校で試合終了になりますようやく試合終了に、ああそうかというもうおしまいなのか

 

髪の毛を束ねていたのを戻して髪の毛を元に戻す朧はまたクールな朧に戻っている。
ごめんなさいと謝る下平だが、絶対に勝たなくちゃいけないのについ試合が楽しくなってしまって、自分のことばかりですべて忘れてしまって、試合を楽しんでしまっていたんだという下平!

 

経験豊富な人ほど過去の悪いことばかり考えると松方はいい試合経験の浅い下平だからこそ重圧に飲まれずにプレーできたのかという松方

いいんだよといい高代周りが気にならなくなるくらいプレーに集中していたんだろいう。

 

コートに立つ人間はそれくらいでいいんだよというカモメは泣いている朧に下平が楽しかったですといい最後の握手をする
また一緒にバレーやりましょうといいはいという
過去に戻ろうとした朧と今この瞬間を楽しんだ下平今日は勝利を拾えたのは豊瀬だったが次回がそうはいきませんよと雨竜監督はいう!

 

朧が最後に名前を聞いてもいいですかと下平に声をかける下平鉋ですというと僕は朧幽哉ですと互いに自己紹介する!

 

観客にお礼を言いに行く前のキャプテンが大船よくやったぞと激励していると大船は深々と頭を下げる!

 

竜泉も観客に例をすると朧は先生がお母さんを連れてきてくれたんですよねといいありがとうございますという。

 

最後にまた体をよく休めておけといいミーティングはいつも短い

 

これに家守が先生は試合が終わってもすぐに感想を言わないんだ、今日は自分が何ができて何ができていなかったのか明日から何をするべきなのか自分で考えるんだ!

 

下平はできない事ばかり考えてしまう、僕のサーブはこのままではダメだと思い詰めている様子。

 

インターハイ予選ベスト16かというが雨竜はまあ今の実力じゃこんなもんだろーねという
どういうことさー先生日本一になるって
俺は春高で優勝させるためにきたんだというインハイは決勝くらいしか放送ないからなという

 

そこに元祖竜泉高校のバレー部が来ていた弱いなという
俺らがいないからだという俺たちもバレー同好会に入れてくれという!
これで頂点を目指す気のなかったバレー部が本気になったこれでようやく戦える万事計画通りだ!!
よーし飯行くぞ奢るからだという
どーだ本気で場r-やってみて楽しかったかと雨竜が朧に聞くすると少しだけ楽しかったですと答える朧

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

76話ハリガネサービス【walk?rally】9巻 ネタバレ

【第76話 walk?rally】

竜泉学園との試合から1日
山あり谷あり初めての学校のイベントで現地の駅に行き直接集合して山ありや谷あり全長27キロを山登りを行う

 

そこに間白が来てレースだとハリキッテいるいる。

 

クラスでほかの運動部と言い合いになりどこの部が一番早いか明日は部活対抗で何処の部活が一番か決める大会だという。

 

下平は僕はそもそも27キロも走れるのかとびびっているサッカー部や野球部もやってくる
間白は軽装でですがサングラスなどやる気満々の格好をしているがそんな恰好で負けたら超ダサいんですけどと挑発される!

 

全力ださずに負けるやつの邦画よっぽどだせぇんだよなぁ

 

そこに羽柴ケイちゃんがドリンクを熱くなって凍らせてきたという!

 

これは溶けて飲めるようになるのに結構かかるなという
え、そんなに溶けないのというが、まっなんとかなんだろサンキューマネージャー

 

それでバレー部野球部サッカー部の山登りレースが始まる。

 

空気が冷たい筋肉痛とかなってないか下平という!

 

へーきといい山に入る最初は登だけかと思っていたら結構アップダウンが激しいなという
これは披露貯まりそう

 

くそおなんで走らないスポーツのお前兄そんな体力が、ばーか
こっちは試合中に飛んだりしていて重力と戦うんだぞという。

 

お前も何気に体力あるなよというが中学まで自転車持っていなくて自転車で移動する友達について走っていたから体力に自信があるんだという。

 

チェックポイントに着いた4人

 

チェックポイントでチェックをするすると去年の今頃野々原ってこがねという
野々原先輩だという。

 

あなたたちより10分も速く上がってきてこれは最速記録出るのではと思っていたら馬跳びを始めたのという

 

おかげで全員がゴールするのが遅くなったのよねというそれでことしあkら馬跳びは禁止になったのという

 

その時に大船に家守と猫田が走ってきた!

 

間白はあれれ意気上がっていますねといい僕らはここまでわりと余裕で来たんですけどという。

 

だけど2年はお前らより2駅前からスタとして言うんだよというそれで間白の負けず嫌いに火がついたすぐにゴールを目指す!

 

登り始めると3年の人が足をくじいているそれで山縣先生が見回りをしているといい徒歩でねんざした3年生をおぶって山縣は坂をすいすい上っていく

 

結構走ったがようやくゴールに着く

 

疲れたけど楽しかったねという

 

でも早くバレーしたいなと最後はやはりバレーの話にそこで下平は僕サーブで試してみたい事があるんだという。

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

77話ハリガネサービス【視界】9巻 ネタバレ

【第77話 視界】

前回の坂道レースで羽柴ケイもレースではないが山登りに参加していたですが羽柴ケイにはある目的があった今度の日曜日にバレー部の応援に来てくれたんです!

 

なんで私がこんな勧誘活動を始めているのかというと昨日の昼休みにミーティングがありました。

 

次の対戦高校がきまったという王葉工業だと山縣がミーティングで話す!

 

猫田もやはりなというケイちゃんは王葉工業ってどこ?

 

王葉工業高校去年の東京2位のインターハイに出場した全国区の強豪校だよ
2位であの桐城高校よりも強いのかと気になる?

 

王葉工業は早い攻撃を使わないどんな時でも高いトスを圧倒的なエースに集めてブロックの上からたたき込むパワーバレーを叩き込む。

 

昨日の試合のように相手の攻撃に動揺するもろさを見せれば、一気に押し切られる。

 

大切なのが相手が何をやってみても自分たちのバレーを見失わない事だという。

 

どんなボールにも食らいつき簡単に決めさせない粘りあるレシーブ

 

相手に良い形でスパイクを打たせないように責めるサーブで崩すことがカギになってくる

 

俺は充分勝機があると思っている王葉に勝つと準決勝に進むことになる!
また1日に2試合になる。

 

午後はおそらく桐城高校になる!

 

一日に2試合でしかも2位3位と当たるとは今度は初めから桐城もやってくるだろうしという。

 

なんとかなるんじゃないか?ここでも野々原は王葉を倒して勝ち上がるんだから3位の桐城を倒す力はあるだろう

 

馬鹿が出たと野々原の単純な考えがよぎる!

 

その時に大船は鯨川に飛ばされたことを思い出す。

 

登場の中にはお前らを2ヵ月前に下したイメージで試合に臨むだろう
しかしお前たちはこの2ヵ月で成長した

 

そのギャップの中に勝機はあるのだと山縣はいう。

 

あの時の自分を超えろその桐城に勝つとインターハイ本戦出場だ!

 

今度の日曜がこれまでにない経験をした中でもっとも過酷な一日になる
この2れんせんを乗り切るにはここにいる14人全員の力を結集させることが肝要だ

 

個人能力で劣る相手には補い合って集団で立ち向かえ全国に行くぞといいみんなでハイと答える

 

すごいすごいと羽柴ケイに百合草たちマネージャーも気合を入れる

 

それでケイチャンは登りをしている事で今度の日曜日にバレー部の応援に来てくれないか誘っている。
アイツは誘っても無駄だよケイチャンはいろいろと誘うが誰も行ける人が見つからない

 

すると暑い中の遡りでケイチャンは熱中症になってしまう。

 

すこしふらっとするが1-5のゆきえにたすけてもらう

 

自分がプレーしないのになんでおsんなに頑張れるのとゆきえがケイチャンにきいてくる

 

みんなキラキラしているからというだから勝った瞬間あの格好いい人たちと自分が同じバレー部なんだって思ってたら
それで試合中私は応援する事しかできないから応援してくれる人をたくさん集めたらみんな元気でるのではと思ってします!

 

まあ出るんじゃないとゆきえはいう。

 

あたしも中学までバレーしていたからといいプレーするのはもう興味ないけどねというが、まあ見るくらいならとゆきえが観戦する事になる

U-NEXTで『ハリガネサービス9巻』コミックスを無料で読む

 

まとめ

以上「ハリガネサービス9巻」の漫画を無料で読む方法とネタバレとあらすじや感想を紹介しました。

最後に無料で読む前に各サービスの特徴をおさらいしますね。

アドセンス

アドセンス

-VOD電子書籍漫画

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.