VOD電子書籍漫画

ハリガネサービス 5巻の漫画無料で読む方法@ネタバレと感想

更新日:

ハリガネサービス5巻 漫画 無料

↓今すぐ無料で読みたい方はこちら↓


⇒今すぐ漫画を無料で読む!

第34話ハリガネサービス【転向?】ネタバレ5巻

【第34話 転向?】

下平と松方がコンビを合わせている、うーん一朝一夕で出来るとは思ってたわけではないけど下平はからの使い方が分かっていてない感じ

あんなんで2か月後のインターハイ予選に間に合うのかね
下平の練習をみていた山縣監督は下平にハンドボール部に行けという。

高代が冗談ですよねというが冗談ではない
大船に至ってはハンドボールは飛べなくてもやれるものなのか
山縣監督が下平をきるのはまずありえねえが・・・
それでハンドの練習に行く下平
何やつているんだろう・・・取り方などにハンドボールについていろいろとおそわる
突然顧問にほかの部に行けと言われたらいくムリムリがちの戦力通告なのか、うちらいらない子おしつけられてんじゃないのか?
まあまあようやく紅白戦できる人数揃ったし

一緒にハンド練習していると竹内という美味い選手がいる、本当ならあっちでレギュラーのいるAチームに入れるんだけどね。

シュートのやり方きいてもいいですかと竹内に教えてもらうが高内におめーバレー部だろ顧問にかってにほかの部に貸出されて馬鹿らしくねーの?
最初は思ったよ、なんでこんな事ってだけどさっき気づいたんだ。

ハンドボールの正しい取り方はバレーのオーバーハンドと同じ形だったんだ。

きっとみゃま型監督はハンドボールから何かバレーに活かせるものを掴ませたいんだと思う。
タケう日は気に入らねえなハンドボールはハンドボールで楽しめよ!
絶対バレーよりおもしれえぞ、そうとも限らないかな
いーや限るね、おめーは渾身のシュートがネットに突き刺さる快感をしらねー

バレーのスパイクだって気持ちいいよ?
それにどんなにすごいスパイカーでも誰かがトスをあげてくれなきゃ打てないんだ
1人じゃ点を取れないところもオモシロオンだよ。
それならハンドだって

さてあA・Bの豊瀬高校のハンドボール紅白戦が始まる。

今の竹内は小学校からハンドやっていて入部早々Aチームの先輩たちのチームからゴールを量産しまくった
でもそれが気に入らないらしく背が低いだけでBチームに入れられている。

でも僕とは少し似ているけど全然事情が違う

そんなのおかしいよ、身長なんて大した問題じゃないんでしょう?そんな先輩たちがレギュラーならやっつけてBチームがAチームになっちゃえばいいんだよ。

竹内が下平に空中にまるでトスのようにボールを上げるそれを下平はスパイクのようにはたく

ワンハンドレッグでとぶジャンプこそ今下平が取り組んでいる練習ハンドボールはこのプレーを徹底して行う

だからハンドボール部に先生はこの動きを体に叩き込めという意味でハンドボール部に練習に行くように言ったんだときずく。

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第35話ハリガネサービス【活路】ネタバレ5巻

【第35話 活路】

体育館はまだ電気ついているハンドボール部の練習が終わって竹内から気になっているんならバレー部これからも練習できるだろといい行って来いよという。

下平ただいまもどりました

その時に山縣監督がでてkるう7時半までには切り上げろという

自主練の最中で久場は速攻をしているそれで大船はウエイトトレーニングをやろうとしている。
五十嵐も誘っていこうとするがいやあおれはいいと筋トレにいかない

五十嵐が筋トレに行かないと高代が心配する。

五十嵐は鯨川をみて俺が2ヵ月で筋トレしたところでアイツのパワーには勝てないという。
大船はそれじゃあなんの練習するんですかと聞く大船

こっちが聞きてえよ
俺だってなにやっていいかわからない
だけどパワーじゃ勝負になんねえんだから
何か別の勝つ方法を探すしかねーだろ

大船お前は今日も筋トレなんだろイケよという。

さーて松方にトスを上げるようにいうが松方は山縣先生は五十嵐先輩にだけはトスは上げるなと言われまして、スパイクが打ちたいなら自分でトスを上げろと
なんだそれは先生の中ではスパイカーとしての俺はもう終わっているのか?
冗談じゃねぇ

自分でスパイクサーブのように投げてスパイク練習をする

どうすればいいんだよと思っていると松方が続きがあります、五十嵐が安定してコースを狙えるようになったら少しずつネットから離れた位置から打ってみろと言っておけ!

五十嵐先輩にトスを上げるなというのは必要ないというのではなくて、自分でボールを上げて打つことで何か掴んでほしいということ。
先生からのメッセージなんじゃないですか?
早くそれを言えよ、五十嵐も先生を信じて先生はまだ俺のスパイクに何かの可能性があるという事を伝える。

それがどんなものなのかは、まだわかんねーけど今はそれを馬鹿みたいにそれを信じたいだって俺はウイングスパイカーだといい練習する五十嵐

よかった五十嵐先輩元気が出てと下平はいい
そこに高代がよしそれではブロック練習しようというがそこに下平と野々原がやってきて俺にサーブのコツを教えてくれないか?

顔を上げて下さいという僕が先輩から教わるんじゃなくて先輩が僕から教わるのですか?

どーやってあんな精度の高いサーブを出しているのか何かコツでもあるのでは

そういえばあまりに次元が違いすぎて今までのアイツのサーブの方法は聞いたことなかったな・・・

わかりました、僕がやっている事でよければといい下平のサーブ講座がはじまる
無回転サーブを打つ時手首から先が動かないのが大事なんです。

僕は針金で固定されてるイメージでサーブを打つ。

ハリガネ・・・そんなこと考えていたのか?

うしやってみる

と野々原がサーブを打つがネットにサーブがかかる。

高代がやってきて変な奴だろというフツーは3年が1年に練習を河野はプライドが邪魔して難しんだけど、の野からはそういう壁みたいなもんがないんだ。

アイツがバレーを始めたのは高校からで最初経験者だったおれらも教えたりしていたんだけどアイツは分からない事が先生にも物怖じせずにガンガン聞いてものすごいスピードで上手くなっていった。

いつからか野々原が教えてというとなんとなくみんなが集まってプチバレー講習会が始まりるようになったんだ。

下平にサーブのトスの上げ方など教わるメンバーたち

そんな中で大船は筋トレでダンベルを上げている鯨川を止めるには生半可な鍛え方ではダメだ。

おれが2ヵ月筋トレしたところでアイツのパワーに勝てるわけないじゃねえか
五十嵐先輩がやらないなら俺が鯨川を止めるあれだけ筋肉の好きな人だ2,3日もすれば鍛えずにはいられなくなるはず。

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第36話ハリガネサービス【覚悟】ネタバレ5巻

【第36話 覚悟】

桐城戦か1ヵ月経ったが大船は相変わらず筋トレしまくる

下平は部活がテスト勉強部で中止なのでトレーニングルームで筋トレをしに来た。

大船がいたので大船に一緒に練習しに来てもいいのか聞いた?

するとここから大船が高校1年時の時を思い出す

184cmで70キロとデカい選手でキャプテンの富永と同じポジションだが大船は高さもありこのキャプテンのブロックの上から打ち抜く
こりゃー高校でもすぐにレギュラーだなといい先輩を見下している当たり前だろと思っている

所に五十嵐が来てもっと肉付けないとお前はまだ細すぎるという中学とはパワーが違うから体造らねーと怪我するぜというがその時もうるせーよこの筋肉ちびがと大船は先輩をばかにしまくり今とは全然違う感じです。

その時にこれまでにバレーで須藤先生が見ていてが山縣監督に交代する事になった。

明日から一ヵ月体育館練習はナシ
外のバレーボールコートで練習をさせられるどうしたバレーボールだぞ、落としたらダメだぞボールを落とすなといい外で練習をする。

んだよあれ古い体育会系のしごきじゃねえかあんなんでうまくなんのかよ。

それで一ヶ月後に体育館でバレーをするとなんかめちゃくちゃいいんだけどいつもより拾えてる気がする。
外ってさなるべく滑りたくないからだから滑らなくていいようになるべく落下点まで足を動かしていた
おかげで前だったらすぐにフライイングレシーブしていた球にも足を動かして飛ばずにあげるから守備範囲が広がったんじゃないか?

山縣監督はガチデすごい人だ

そしてあっという間にインターハイの予選の日

ウイングスパーカーに大船と五十嵐が選ばれていきなりの試合で5年ぶりにインターハイ予選でリーグ戦を突破した。

富永はインハイ予選でも走り込みしているが大船はその時富永を見下しているが二日目の試合で大船は背中に違和感を感じる。

それで試合は負けてしまった、試合後に大船は怪我しているのを五十嵐にばれてしまった。
五十嵐が大船になんで黙っていたと問い詰めるがそこでキャプテンの富永がやめろととめる。

先生はきずいていたよ大船が何処か怪我しているかもしれないってだけど勝つためには大船のスパイクが必要だって
それで山縣に頭を下げられて富永の最後の大会試合に出ないで終わっていいわけ

富永は泣き崩れ3年間楽しくバレーしていればいいと思っていたでも、勝ちたかったんだよという
3年間で初めて初日を勝ち抜いて都合のいいもうそうもしたよこのまま勝ち進んでいったら平凡な俺にも一生自慢できるような思い出ができるんじゃないかって

今日試合に出れなかったのは3年間漫然とした練習しかしてこなかったツケだ。

本気でやるバレーが楽しいならもっと早く本気でやればよかった、もっと早く山縣先生に会っていたらお前にだって負けずにコートの上で負けずにコートの上で終わったんだ。

大船はこの時初めて自分がどれほどの想いを背負ってコートに立っているのかわかってなかったんだ。

翌日頭を丸めて大船はトレーニングしている五十嵐に筋トレの弟子入りする

そうこれが大船が下平に厳しく接する事だった先輩の3年間を終わらせてしまった事を・・・

ここで大船は下平にもしおまえがレギュラーになったとして想像してみろまらお前が前にタイに最後の一点で飛びそこなったらお前のせいで先輩たちの高校バレーは終わるんだそれでもお前はコートに立てるのか?

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第37話ハリガネサービス【成果】ネタバレ5巻

【第37話 成果】

前回に大船にトレーニング場でかなりきつい事を言われてしまったが、大船が言う事も一理ある。

試験に入るがすぐに終わる。

久し振りの体育館と試験が終わって間白はめちゃ張り切っている。

今日もハンドボール部に行くんだろハンドもA・Bは本当にいいチームになってきている。
下平ってまたブロックみてやろーか高代先輩

あ、でもそろそろハンド部の練習いかないと・・・その必要はないといい
山縣が来て今日は紅白戦を行うお前はBチームに入れと言われる

でも2チーム作るには人数が・・・俺がBチームに入る
マジっすか

桐城戦から1か月半何を掴んだのか見せてみろ

今日の出来を見て2週間後のインターハイ本戦のレギュラーを決めると山縣がびしっと閉まる!

A
セッター/松方
ウイングスパイカー/大船・間白
ミドルブロッカー/高代・久場
オポジット/野々原
リベロ/金田

B
セッター/家守
ウイングスパイカー/五十嵐
ミドルブロッカー/下平
オポジット/山縣
リベロ/猫田
監督の山縣

審判/百合草
得点版/羽柴

Bチームは固定で戦うサーブは山縣監督がうつ
Aチームにサーブを放つ、金田のレシーブから松方が高代のクイックと同じようにAおとり平行のトスを上げる。
かなり早くて羽柴ちゃんがびっくりしている。
だけど松方と間白はもう少し早い攻撃をしようとするこれで間白がサーブをするが山縣がきれいにボールを上げて家守が五十嵐先輩と平行のネットから少しはなしたトスを上げる五十嵐はこれまでネットに近い位置からスパイクを打っていたがボールをネットからはなしたことでことで長距離から正確に打てるようなスパイカーに成長した。

それで下平もいいところみせないとといいアピールしようとするがワンレッグのCワイドをみせるが家守はこれまでにワンレッグのブロード打つ人いなかったからトスをほとんど上げた事がないんだよねという。

他に上げれるスパイクはないのか聞かれるが下平はこの1ヵ月半にワンレッグと高代先輩から教わったブロックしか武器がない

しかし高代はAに入ると踏切を前にしてCに流れてスパイクを放つテクニック
そーいえばこれはまだ教えていなかったねと高代もっと教えてあげたかったけどといいミドルブロッカーに必要な技術の半分も教えてあげれなかった。

でも大丈夫引退まできっちり教えてあげるから後継者を育てるのも先輩の務めだからね。

ベンチから僕のプレーを見てよく学ぶんだよと高代に言われる。

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第38話ハリガネサービス【道化】ネタバレ5巻

【第38話 道化】

練習している下平に高代ブロックのかたちを教える高代顎引いて上目使いといいシャツを咥えてブロックを作ってみろという。
そうそうそんな感じでときれいなブロックのフォームをつくる。

本当はもっといろいろとミドルブロッカーのコツを教えてあげたかったけどといい時間がなにせ全然たりなかった。
ベンチから僕のプレーでもみてよく学ん分だよと高代はいう。

高代ちゃん、なんだよその安心したよーな顔
下平に教えたらポジションとられちゃうと思ったの?
ひと月チョットでモノにできるほど俺たちのミドルブロッカーってポジションは甘くないだろう?

と久場と高代が話す。

下平は高代に勉強させていただきます教えてもらっ得いるのに何を思い上がっているんだという。

ずいぶんと点差が開く何しろBチームは上げるところが実質五十嵐先輩だけだからな

さすがにいいスパイク打てようとレシーバーを増やされてしまうそれでいくらコースが内訳に優れても攻撃が単調でブロック少なくしてレシーブ平行に合わせるとあげられてしまいます。

そこで家守が山縣にセッターやめてはダメですかといい家守は松方にトスみたいな上げ方ができないしといい山縣に話をして山縣がセッターに入る。

家守はライトに入り3枚攻撃にするが家守はスパイクをブロックに当ててリバウンドを取ってまた軟田でまたレシーブでで拾う・

松方もまるで決める気のないスパイクに見えるといいあんぐり見ている。

また家守にトスを上げるが大船は次は叩き落とすとブロックに飛んでいる家守はブロックの脇を狙ってブロックアウトを取る。
いええええいとよろこぶ家守とひこーきパフォーマンスで喜ぶ家守
家守はトスでは松方には勝てないのでスタメンではなくてもいいと思っただけど、もし相手に厄介なプレイヤーがいてそいつを疲れさせたかったら僕を出してくれというプレーとムードで盛り下げてヘロヘロの骨抜きに腰抜けにしてやるという家守
チームの役に立てるのなら僕はどこまでだっていやらしくなってやるという
ははかっけえと思う間白

しかしここで百合草がイエローカードを出す顔がセクハラだったと言われる家守がライトのスパイクで風呂着くが分散されてこれで五十嵐にトスを上げるとブロックにレシーブ体制が整わない。

家守がいい流れを作りトスが分散されてAチームも的がh絞れない

そんな中で松方があれ行くぞといい

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第39話ハリガネサービス【小さな矜持】ネタバレ5巻

【第39話 小さな矜持】

五十嵐が好調でBチームが点差を縮まってきている流れを取り戻さないと
松方あれ使おうというが、松方はもう少し調整してからの方がよくないか?

今日の五十嵐先輩の出来見ているとマジであの人にポジション持っていかれるぞといい間白は自分の持っている技で勝ちに行く!!

金田のレシーブでセンターに久場がAクイックに入るが松方のトスはAの後ろにあげる

<<ここで少し回想>>

Aクイック練習しないかという目の前で飛ぶミドルブロッカーにAクイックは必須な攻撃中央からの攻撃で速い攻撃を相手に意識させる事でサイドからの攻撃も通りやすくなる。

特に間白みたいなチビで軟弱なスパイカーはなるべくフリーで打たせてあげないと分かったやる松方がANい下平を飛ばせてからの間白に速攻のバックアタック通称パイプを練習している。

今のってバッククイックともいう攻撃でブラジル代表やアメリカが得意とする技
大船はてめぇまたちょこざいな技をと大船がいうが、間白は同じウイングスパイカーでも高さでは大船にはかなわないパワーでも五十嵐先輩には化案わないまともにぶつかったらブロッカーには負けてしまう。
だから俺は逃げるんすよというどんなチームが相手でもどんなブロッカーが相手でもこのスピードと小手先で全部かわしきってやる。
チビでもアタッカーで活躍できるって証明してやりますよ

やっぱり間白くんがスゴイと下平はみる

試合は始まるが、打ち合いになるが下平のブロックが機能しなくてAチームにブロックを振られまくる。

これにはリベロの猫田ドロップキックを放つ
さっきからてめーのブロック振り回され過ぎという
すみませんブロックが全然できなくて

は誰がそんな事やれっつった

最初からお前のブロックシャットアウトなんて期待してねーンだよ。

シャットアウトできなくてもちゃんと食らいついていってコースを限定できれば俺がレシーブをできる。

バレーのディフェンスはレシーバーとぶろっかの共同作業

すみませんどうしてもおとりの動きに翻弄されてしまってという

下平戦う相手を間違えていないかと山縣に言われる。

ミドルブロッカーの敵はミドルブロッカーではない

それで試合開始にするちょっとはミドルブロッカーぽくなったとそうミドルブロッカーは相手のセッターとの駆け引きが重要だ。

松方をじっくり見ていると見過ぎて松方にツーアタックを決められてしまう。

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第40話ハリガネサービス【感謝】ネタバレ5巻

【第40話 感謝】

試合は続いてAクイックに間白Cクイックに高代のダブルクイック下平はドコに飛ぶか絞れないでいると今度は野々原がバックからスパイクを決める。

そうかこれも警戒しないといけないという
しかしBチームも五十嵐のクロス攻撃でスパイクを放つ

かっと乱れたが拾われるかなり乱されてアタックライン付近からクイックを使おうとする間白

タテの速攻だが下平はついてきていて猫田ももう少し拾えそうだ。

今のはよくブロックついていったと猫田もいう
家守がコース限定したら拾うと言ったのにと猫田を笑う

そこで山縣監督が予測は駆け引きの半分でしかない、ただ相手の施行を推測していては戦いでは後手を踏むことになる。

お前が松方をだませという五十嵐のスパイクになるが間白がきれいに上げるが体制を崩したつっても間白に高代はクイックに入り高代にトスが上がるが下平は読んでいた。高代のブロックについている。

これにあは山縣監督が馬鹿の振りしてトス直前に間白を目線を向けて見ろ

それで高代にトスが上がると読んでスパイクコースを防ぐ下平

開いているコースにはレシーバーがすき間なく詰めている。

高代はブロックをかわそうとスパイクを放つがその時下平は今このブロックで負けちゃだめだといい折れるな曲がるなハリガネといい高代の攻撃をシャットアウトする。

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第41話ハリガネサービス【笑顔】ネタバレ5巻

【第41話 笑顔】

1か月半前まで飛ぶのがフラッシュバックするなど言われていたけどそれがミドルブロッカーの高代をドシャット
一つだが確かにナイスブロックがという

しかし高代も意地がある松方にもう一本上げてくれというでもターン打ちなどまだまだ高代のセンターの技術などは上にある。
五十嵐がスパイクを打つが金田がきれいにレシーブして松方に返すが松方もツーアタックで翻弄する。
みんな楽しそうと紅白戦を楽しんでいる様子

ここで監督でセッターをしている山縣がやれるなといい下平に策を与えている

猫田からのレシーブを山縣がCワイドトスを上げてワンレッグスパイクを放つこれには高代もついていけずにフリーでスパイクを決める。

サーブしか能がない飛べないのを支えてくれた間白に松方に金田何度でも失敗してもいい飛びそこなえできるまで付き合ってやるといい高代にはブロックを教えてもらいハンド部でワンレッグをマスターした下平が豊瀬に入学してはじめてスパイクで点を決めたのである。

それをみた松方はアイツあんな顔で笑うんだなという。

みんなのおかげで打てるようになったサポーターにアドバイスなどバレーは一人でやる物ではないですからね。

試合はAチームが25-17で勝ち
試合後のミーティングでスタメンを発表する。

オポジット野々原・セッター松方・ウイングスパイカーに大船・間白リベロは金田と猫田を相手との相性をみて使っていくミドルブロッカーは久場と下平

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

第42話ハリガネサービス【8月】ネタバレ5巻

【第42話 8月】

下平がスタメンを奪取しているだが大船だけはまだ納得していない様子
確かにサーブはすごいという大船で万全じゃない人間はコートに立つべきではない
次にこいつが飛びそこなう時がこの台の終わりになるかもしれないですよと自身の経験から下平にはつらく当たる大船

しかし下平も立ち上がり僕の右足はもう治っています
デモとべてねーだろがという

跳べなくなるのはアキレスけん切った時のトラウマが原因でまだどーやったら治る唐もわからなくてもしかしたらこの先また皆さんにご迷惑をかけてしまうかもしれません。
だけど勝ちますサーブとワンレッグのスパイうに高代先輩にならったブロックでどんな相手も切り崩して飛びそこなった分も取り返します。

もちろん僕一人に力では試合に勝つことはできませんけど、このチームでならこんなすごいメンバーならきっと勝てますまだまだ先輩たちに教えてもらいたい事もたくさんあります。

8月のインターハイ優勝するときまで僕たちにバレーを教えてくれませんか

優勝って日本一だぞそれ
みのほどをしらんというかと高代は言うが

野々原はそれだインターハイ出場が目標というからなんか違和感があったんだよ。
桐城高校や駿天堂が優勝を目指しているのに出場目的の俺たちが勝てるのかって俺たちも出場じゃなくて優勝を目指そうぜ

マジすか・・・嫌でも本当にそういうものなのかそうか壱年前勝っちまえばよかったんだ
そうすりゃ先輩と一緒にプレーする事だってあったあかもしんねーのにやりましょう勝ちましょう今度こそこれに山縣監督が日本一になるには練習量が足りないといい予選までの2週間合宿をはるというきつい練習になるがやるか?

ハイと全員で答える。
練習はきついが月祝を乗り越えて東京予選会場に向かう。

公立なのにシードとはふざけているなという冬樹高校

初戦で豊瀬に勝って勢いに乗ろうぜと地区予選を無敗で勝ち上がり自信にのっている。

その時相手高校の冬樹に下平の高校の同級生の二瓶がいた

中学のバレー部の同期なんですがアイツヤバイやつなんですよ、あいつのサーブは
菜あーにビビってんだよ

むしろあいつらがうちのエースのサーブに震え上がる事になるだろうぜ

U-NEXTで『ハリガネサービス5巻』コミックスを無料で読む

まとめ

以上「ハリガネサービス5巻」の漫画を無料で読む方法とネタバレとあらすじや感想を紹介しました。

最後に無料で読む前に各サービスの特徴をおさらいしますね。

アドセンス

アドセンス

-VOD電子書籍漫画

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.