VOD電子書籍漫画

ハリガネサービス 3巻の漫画無料で読む方法@ネタバレと感想

更新日:

ハリガネサービス 3巻 漫画 無料

↓今すぐ無料で読みたい方はこちら↓


⇒今すぐ漫画を無料で読む!

 

第16話ハリガネサービス【曲芸師】3巻

【第16話 曲芸師】

さて本格的に桐城高校との試合が始まる五十嵐はスタメンでこない桐城高校にいらだちを欠かせない
五十嵐は、一年坊主だけじゃ相手にならんといいスパイクサーブを放つ

しかし相手リベロの三河がホアタと奇声を発してレシーブする。
間白が吹っ飛ばされたサーブをきれいにAパスを返す

桐城高校の攻撃は3枚で高代はセッターのそり具合からライト後方へトスを上げるのではと予測していてライトへ側からDCクイックに入るのをブロックしようとするがそれを見越してレフトへ平行トスを上げるのかと思ったらそれもおとりでセンターからのバックアタック

これにはブロッカーだけではなくてバックセンターからのスパイクで得点する桐城。

空中でセッターの背骨がぐにゃとなるようなそりそれでそれに見とれている間に人がわらわらと動くだが気が付くとスパイクが決まっている。

これには羽柴ちゃんもなバレーボールってこんなに早いの?と驚く

大船がくっそという

五十嵐がサーブレシーブを乱されてしまい崩れた2段トスが大船に上がるが読まれていて3枚ブロックに止められてしまう。

かっと乱れたらレフトだけとバレバレでセッター前だからツーアタックあるよなどストレートケアなどもある。

データをすでにとられていたというのも新人戦で善戦された格下の豊瀬にやられた試合をメンバーに見せてこの程度のガッコのデータを頭に入れてきたんだという。

桐城高校は恐ろしい事を考えていてなんと1セットに付き20点差をつけると監督から言われていて豊瀬の攻撃を完璧に読んでいた。

正確なサーブレシーブからの3枚攻撃で後衛パイプまで使う桐城高校は東京第3位の実力を存分に豊瀬に見せつけて万が一トーナメントで対戦になってもここで潰しておけば問題ないと言わんばかりに攻撃を仕掛ける。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第17話ハリガネサービス【目撃者】3巻

【第17話 目撃者】

五十嵐が2枚ブロックを抜いてくるが三河に難なくレシーブされてしまう

相手のセッターは常に豊瀬高校のブロックを見ているトスは帰ってきているのにずっと見る
それでトリッキーな動きを見せてここからトスを上げるかというくらい体を曲げたりしてそこから早いクイックなどのトスを上げてくるに対応できていない豊瀬高校は点差も14点の差がついてしまう。

昨年の1月に戦った試合ではコンビバレーに翻弄されただけだった
だが今回の新しい1年生のセッターはまるでコンビだけどその前に見せる奇妙な動きがまるで曲芸のようにみえる。

もうまさにやられまくりの豊瀬高校だがその中で松方だけでは冷静にバックに何本レフトへ移行など相手のセッターをラインズマンをしながら分析している。

そこで桐城高校の日下部がサーブをミスするがそこであと1点取られたら20点差にならないじゃないですかといい豊瀬はなめられている事に気づく。

これを聞いて家守は5点までしかとらせないってことなの?

キャプテンの野々原もむっと起こった様子だが

それでセッターに返すディグからのレシーブに合わせてキャプテンの野々原がスパイクを放ち決まり
よし20点差阻止したとなりましたが下平はきちんと見ていて今はバックラインを踏んでいましたとアピールする

それで反則になり後衛のプレイヤーはアタックラインを踏んだり踏み越えると反則になるんだ。

反則で相手に一点が入ってしまうのだが、下平に大船や久場らが本当に踏んでいたのかなどといい、お前が黙っていればうちのポイントになったのにという

でも野々原はやっぱり踏んでいたかという自分でも少しきわどいと思っていたんだといい踏んでいたことを認める!

それに正しいジャッジをしたやつが可愛そうだという。

あの瞬間下平はボールではなくて踏み切る自分を見ていたのかといい下平にナイスジャッチと声をかける

だが桐城高校の選手はミスになったがバックアタックラインから飛んできてネット際のセッターに上がったボールを打ちやがったとジャンプ力などにびっくりしている。

第1試合が終わってしまって25-5で大きく点を失う桐城は野々原だけを警戒している。

しかしそこで家守・猫田・五十嵐に交代を告げる。

交代のプレーヤはもちろん東京センバツだったあの3人でしょうねポジション的にはねぇ

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第18話ハリガネサービス【土俵】3巻

【第18話 土俵】

新人セッターがわからないですねといい本当に新人戦であんなチームに苦戦したんですかぁ?

何が違うんでしょうねぇあちらさんは同じメンバーなんですよね。

間白の先輩がこいつ自分が加入した体とても言いたいのかとキレ気味

三河がはっ

といいまこういうのはね自分で言う事じゃねーつーか
てめー入部したからではないからなという。

にぎやかだなと羽柴恵ちゃんはみている
豊瀬では家守・猫田・五十嵐の後退を告げられていた。

松方に金田に間白の3人がコートに入るが大船が先生納得できませんといい1年生が桐城高校に通用するとは到底・・・

しかし山縣は有無も言わさず交代だけをいう

でも五十嵐が自分で変えられて当然のふがいないプレーをしたといいラインズマンにむかっていrく。

山縣監督が五十嵐に相手の土俵で相撲をとっちゃいかんという
相手の土俵ね

さてようやく第2セットが始める

下平は分かってたことじゃないかといい間白くんたち東京戦あbつメンバーはすごいからなと弱小中学でベンチの僕に試合に出れなくて当たり前。
わかっているのにといいラインズマンに走る下平をみている羽柴ちゃん

間白たちに絡んでくる桐城のセッター試合に出れて良かったねとか弱い学校だからとかいってくる

松方は久場にまずAクイックを使いますと耳打ちする。

実はまだ松方とはセットアップすらしていないかった。

相手のセッター倉光がサーブを打つ間白がきれいにレシーブする。
AパスがかえってAクイックを使うと思ったらBクイックに入り間白がスパイクを決める!

松方は少しいいですかといい1セット目に五十嵐と大船先輩のスパイクがことごとくあのリベロに拾われた。

リベロに三河は強打のレシーブに自信上がるみたいですといい
あえて去年のまでのリベロではなくスーパーリベロを投入してきた。

つまり五十嵐大船をあの三河の特異なパワー勝負の土俵に引きずり込んだのです。

これが山縣監督が相手の土俵で相撲を取ってはいかないよということなのかと久場が考えている!

大船は俺らはむきにあいつを打ち負かさそうとしたんじゃねえ桐城のブロックがリベロの部分だけを開けてほかのコースを防ぐそれでリベロにうつしかなくなっていたのです。

ですが松方は攻撃の速さで相手から主導権を奪い返すといいますが本当にできるのか?

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第19話ハリガネサービス【念願】3巻

【第19話 念願】

5か月前にもどり
東京センバツのマンバーの松方と達は北海道対埼玉選抜の試合をみている。
駿天堂のメンバーも出ているが後ろ姿でまたデータと理科など試合でれないのにねという。

松方はアナリスト並みにいろいろとデータを取っているが試す機会なく選抜大会は終わってしまった。

速さと作戦で主導権をとる?性にあわねーと大船はいう

スピードつてのはクイックをメインに使っていくのは分かるけど作戦ってのは?

今の桐城はあるプレイヤーが全体の足を引っ張っているのです徹底してそいつを狙えばつねにこちらから仕掛けれるといい。

相手のセッターをターゲットにする軟体で読まれにくいトスを上げるいいセッターではと思ってしまうのですが、どこに弱点足を引っ張っている?

試合は続いて間白のサーブきれいにカットするそれがセッターに変えるのだが、ブロッカー3枚がセッターをマークする。

いいんですかあスパイカーをみなくてというが松方
しかし大船はてめー1セット目に何を見ていたんだよとうあのセッターの予測できねぇトスのせいでこっちは調子を狂わされたんじゃねのか?

すると松方は予測してはダメなんですよアイツのプレーは後出しじゃんけんなのだからこちらがアイツのトスを予測して予備動作を起こせばそれを見て無理やり逆を突いたトスを上げるんですだからこちらが一切動かなければ普通にトスを上げるしかない。
挙がったのを確認してからブロックに行くんですという大船は相手のセンタがジャンプしたのにつられて大船は飛んでしまう。

松方はとんじゃだまだっつーのにというが相手セッターはにやっと笑う。大船のせいでライトがドフリーになるがそれを予測して松方がスーパーレシーブを魅せる。
男子ではなかなかないノーマークでのスパイクをネットにはかけたがあわやという形で拾った。

しかし松方はデータが当たっていたのか少しうれしそう。

下平はいいなぁと試合をラインズマンしながら見ている。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第20話ハリガネサービス【蓄積と演算】3巻

【第20話 蓄積と演算】

ノーマークでスパイクを放ち真下に叩きつけるスパイクを放ったのだが松方はきれいにレシーブをするまあネットにかけるが、至近距離ので相手のコートに落ちるまでは0.2秒などと反応でどうにかできる技ではないのだが
なんであのセッターは触れたのかという?
試合は続いて松方がトスを上げるが練習不足はいなめないきれいにコンビが合わないところをリベロの三河がトフェイント気味のボールをきれいに上げる。

それをセッターがツーで来ると思ってブロックに飛ぶ大船
だがセッターは後衛でスパイクを打てないまたライトにトスを上げられてノーマークになるそこをストレートを間白が埋めるのだがライトからノーマークで足の長いコート奥にスパイクを放つがそこに松方がいてきれいにレシーブする。

これを久場が野々原にあげて野々原が相手のブロックを弾き飛ばして得点を重ねる

よく今の挙がったなボール来るところ分かったのかという野々原
いや別に正確にはという松方ただ11番の選手は1セット目はコートの奥ばかし狙っていたのでそれを予測したのだという。いろいろなコースに打つなどプレイやつどの特徴を見ている3番はブロック枚数が少ない時は叩きつけるなど11番は長いコースに打つなど今バレーにはアナリストがいるといい松方はコートにいながらこのアナリストがパソコンで試合のデータを集計して分析する。

松方はあれと同じことをコートにいながらできると松方はいいます。

大船はうそつくなというが松方は5番の決定率はなどリベロの取ったサーブレシーブの割合など昔から試合をみながら攻略法を考えるのが好きだったらしいくよくノートにスパイク本数やコースをとっていたんです。

それを数をこなすうちにノートではなくても頭の中で演算できるようになっていた。

それで大船にトス見てからブロックにいくの1回やってみてもらえませんかという大船はあの相手セッターにブロック翻弄されているのででも本当に間に合うの蚊と不安がる大船

でも松方は自信を持って間に合いますよという先輩なら

それで三河がきれいにサーブレシーブを返す
だが今度はブロッカーがセッターをみている今度は誰も動かない。

それでトスを上げるがセッターがあんなに変な動きからトスを上げるなら打つ方だってタイミング取りにくいにきまっている!
だから桐城は自分の所で調整できるように少しゆとりを持って助走にはいってきてる。

それだからトスが上がってからのブロックでもきれいに3枚のブロックあ間に合い相手をシャットアウトしてしまう。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第21話ハリガネサービス【コートの主役】3巻

【第21話 コートの主役】

ブロックが間に合う事がわかるとトスが上がってからブロックに行き3枚で仕留める
それで桐城高校はさっきからお前のトスが読まれているといい仲間われをおこしてしまうのです、

するとセッターの倉光がスパイクに入るのが遅いといい
もっと助走早く入ってくださいという分かった早く入るから大丈夫なんだろうなというお前の所で遅らせるなよという。

それで普通のタイミングでトスを上げるがトスがあわずにスパイカーが打てない

ボールの勢いが死んでないぞといい早くトスすると言いましたともめている桐城高校

松方はまだコンビ練習不足で複雑なコンビは出きれないのではと思っている。

だったらDみたいな難しいトスなんて上げなくてもいいのにという

だがあのセッターは難しいプレーを決め手自分が主役でいたいんだろうなと松方はいう

どいつもこいつも使えねー

僕がレベルを下げてやらないと

今度は速攻ではなくレフトに平行トスを上げるブロックを1枚に振るがそこには金田が回り込んできれいにディグを完成させる。

これを高代にあげると思ったが野々原とのパイプ攻撃に切り替える!

セッターが主役になろうとするときっとスパイカーからの信頼を失ってしまう

だから点がはいっても誰もお前にハイタッチに行かないんだという。

練習して練習してうまくなってあの輪に入れるようになりたいと下平は思っている。

松方がずいぶんレベルが低かったんだな埼玉選抜はといい相手セッターをベンチに引きずり降ろす。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第22話ハリガネサービス【巨鯨】3巻

【第22話 巨鯨】

セッターを後退して置鮎兄弟が入る

セッターツインズに加えて、レフトの鯨川を入れて桐城もベストメンバーにする

監督が怪我だけは十分に気を付けてねという出たね第エースといい今年の桐城のエースは登録選手の最重量選手の鯨川堂山をいれてきていよいよ本気と本気のガチンコバトル

その時桐城のセッターはやっぱとるなら松方だったかなぁといわれている
お前のやり方では高校では通用しないといわれてこれからは俺のやり方を教えてやる勝ちたかったからしたがってね。

試合に戻り野々原がスパイクサーブを打つ鯨川を狙うが三河がサーブレシーブをする

セッターが上げるのはセンターへオープン攻撃をあげるセンターにオープントスといい3枚ブロックについてくれって言っているようなもんだろといい3枚ブロックに飛ぶが大船のブロックの手のひらにスパイクをブチ当てて大船ごとスパイクをコートにたたきつける

これはありえないと思ったがブロックを飛ばしてコートは天井に突き刺さる

そこで桐城の監督が全然分かっていないじゃんか、君が全力を出したら相手を怪我させちゃうという意味だったのです。

まあ相手ブロックをふっと飛ばすのは見たことあるがそれが天井に刺さるなんて昔は体重なんて軽ければ軽いほど高く飛べるからいいと思っていたが、重くて高さもあるというのがこれをみたらかななり有効だということが分かりますね。

さあ試合はどうなるまだ本格的なサーカスコンビが見られていないがこれからかな?

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第23話ハリガネサービス【サーカス】3巻

【第23話 サーカス】

パワーのある大船を吹き飛ばすスパイク下平をはじめてこわいと思ってしまう

相変わらず三河はアチョッとブルースリーのように奇声を発しながらナイスレシーブを連発する。
C・Bクイックからのからのレフトのがブロードしてライトに回り込むセンターの移動攻撃か

やられたついに追いつかれたと8対8の同点においつかれてしまったぞ

そこで羽柴もあぁといい待つかも悔しそうにしている。

桐城高校はツーセッターなので常に3枚の攻撃でスパイクを使うそれに加えて鯨川のスパイクバックアタックからでも相手ブロックを今度は松方を弾き飛ばした。

もうなんか反則ブロックも何にもない鯨川にボールが集まるとブロックを吹き飛ばすし
まあでもアンナのずるいけど試合では有効だし高速なトスコンビに鯨川のパワーはまさに完璧

8-8からまさかの連続15点のブレイクに観客もムリゲーじゃんといいみてるほうもなんかつれーわと帰る様子!

松方はもう無理だなと大船は判断する作戦でどうにかなる相手じゃない
大船は松方をいつまで出し続けるつもりですかという。

しかし松方は冷静で鯨川以外はブロックで勝負できます

それでうまくトスを誘導しましょうといいツーでスパイクを放ち鯨川にレシーブを指せる

家守も苦し紛れのツーアタックほど読まれやすい攻撃はないんだぞといいツーアタックはしないでと思っている。

相手のセッターもテンパっているのかといいコンビでAからレフトへ平行攻撃を行う松方がにやりとしてブロックにワンハンドで飛びながらブロックを誘導しているきれいにシャットアウトしたと思った。

桐城のサーカスバレーは攻撃枚数が多いからブロックされるとフォローの枚数が少ないのが弱点だという

落ちろとにやりと笑うが三河が後ろから出てきてブロックフォローを魅せる。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

第24話ハリガネサービス【キーマン】3巻

【第24話 キーマン】

誰が何処から打つか桐城高校のサーカスのようにいろいろな攻撃パターンを動かしているのでブロックにかかっていると弱いと思っていた。
ブロックにかかった時にフォローがすくなくなると思っていただが、リベロの三河がブロックされたボールを上げる。
それで今度はみだれ2段トスを鯨川にあげて決まる
ああ、おしかったのにと羽柴も残念と声を上げる

観客もあれを上げるかと三河のスーパーレシーブに酔いしれるすげーなあのリベロと素人でもわかるナイスレシーブ
これこれやっぱりバレーはこの落ちる瞬間のボールを上げるのが一番盛り上がるよなといい自分の背番号を指さしてもっと俺に期待しちゃつていいんだぜぇとチョーシに乗っている様子。

三河のレシーブの守備範囲がかなり広いので、ほかのアタッカーのボールも三河が拾う事でアタッカー人を攻撃に専念させられる。

登場のキーマンは三河だ

バレーで一番大事なのはレシーブだといい古川監督は三河のレシーブを超一流でしょといい
バレーはレシーブ大事どんな攻撃も一本目をセッターにきちっと返すところから始まる。

ココです押し回想に入る半年前の古川監督が三河をスカウトしている。

三河は身長もあるのでスカウトはたくさん来るがほとんどがアタッカーをしようと誘ってくるという。

中学3年生で185cmもあるのでお前に向いているのはスパイカーだといいアタッカーにさせようとしているのでどこの学校の推薦も断ってきた!

だが三河はレシーブが好きなのでリベロがやりたいだけなのに進められるのはリベロだけ

そこで古川監督が日本代表の合宿に中学生が参加した羽座川扇という駿天堂学院中等部のリベロ
近い将来日本の守りのかなめになると注目されている少年だ

でもね君は一つだけ彼に勝っているものがあるといい

身長で扇より20cm以上大きい

三河はリベロが身長で勝ってどうするんですかという

ナンセンスだね世界では各国代表のリベロはみんな君より大きい

それで東京に三河をスカウトしていている扇に変わって日本一のリベロにならないかとスカウトする古川監督

最初からアタッカーの君には興味ないしという古川

日本一じゃ嫌っす俺が目指すのは世界一のリベロだという三河

ココで回想終わり

てめーがどれだけ守備範囲広いか知らないがこれなら取れないだろとブロックに当ててワンタッチをとりにいくが忍者のように上げようとするがさすがにこれはとれない

24-9の点さで下平の出番だというところで終了なう。
単行本3巻終了しました4巻へ続きます。

U-NEXTで『ハリガネサービス3巻』コミックスを無料で読む

まとめ

以上「ハリガネサービス 3巻」の漫画を無料で読む方法とネタバレとあらすじや感想を紹介しました。

最後に無料で読む前に各サービスの特徴をおさらいしますね。

アドセンス

アドセンス

-VOD電子書籍漫画

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.