VOD電子書籍漫画

ハリガネサービス 2巻の漫画無料で読む方法@ネタバレと感想

更新日:

ハリガネサービス 2巻 漫画 無料

↓今すぐ無料で読みたい方はこちら↓


⇒今すぐ漫画を無料で読む!

第8話ハリガネサービス【やりたくない】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第8話 やりたくない】

豊瀬高校の最大の得点のできる五十嵐と大船のウイングスパイカーペアに・・・

つぎにいくぞオラと百合草はいう

今度は猫田・金田のリベロペアと高代と久場のミドルブロッカーペアとの対決

久場のサーブで試合が始まる金田と猫田の間に打たれたサーブだが、金田と猫田がぶつかり金田がレシーブするも2対2形式なのでキレイにAパスを返すが誰もいない

これで猫田と金田は間は金田がとるとなり金田がナイスなレシーブする決めろよと猫田がオープントスを上げるいいトスだといい金田がスパイクを放つがなんと高代・久場は2枚ブロックにいきシャットアウトを喰らう。

ミドルブロッカーで二人でスパイクを打たない金田に容赦なくブロックする

そこで猫田が気にするなよとまたいいトスあげっからというが
金田は、つまらないスパイクやりたくないという

猫田は自分がスパイカーやれるならというが

でも試合を成立させるために自分がレシーブするからというが
金田は自分がレシーブはやるからと譲らない
それに猫田が切れたのか、お前バカだろといわれる

スパイクがつまらない?そりゃお前がへたくそだからだろ
フェイントでかわすとか思いつかなかった?

中学選抜ってもっとスゲーと思ってたけど
お前みたいな馬鹿が入れるんなら大したことないねとニコニコしながら毒を吐く猫田

試合は再開されるが猫田先輩はキレちゃうとニコニコ毒吐くんだ

そこで久場がサーブをミスする

得点係をしている間白が下平に自分じゃリベロは点取れない、スパイク・サーブ・ブロックも禁止だし
同じチームでペア組んで試合するなんて一番勝ちようがないペアなんじゃないのという

試合は高代がサーブをレシーブしてレフトからオープン攻撃猫田のブロックで真下に打たせないで金田のいる方向に打たせることにする。

高代のスパイクを金田がレシーブする、猫田に返したと思ったボールは相手コートすみにボールは落ちる

間白は今のスパイクあんなにはじいてしまうほどの威力だったか?

猫田は金田にたまたま点にはなったけど正面で受けてあんな処理しているようではというが。

金田は下平を指さして、狙ったところに落とせるのお前だけじゃないという

という事は狙ってスパイクボールをコントロールしたのかという
下平は冗談だよねというが金田は本当に狙ったみたいで
猫田と金田が最後は仲間割れしている所で第9話に続く・・・

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第9話ハリガネサービス【ブ男】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第9話 ブ男】

試合はリベロペアの試合でもう一度高代のスパイクになり今度は高代がきれいにスパイクを決めて5-2で高代・久場チームが勝利する。

あとまだ試合していないセッターの家守・松方のチームと1年生の下平・間白ペアの試合がはじまる。

サーブ権をとる間白たち今度は間白が先にサーブをうつころになる

松方はあれ間白が打つのかとすこしとまどうが

間白はすぐにトスを上げてジャンプサーブを家守を狙って放つ。

家守はレシーブするも後ろに大きくはじいてしまう松方にごめんはじいちゃったといい
また間白がサーブをうつもまた家守狙いで今度はタモリもボールを上げるが相手に変えるチャンスボールになるだが間白はすでにサーブをうつを走って戻りこのチャンスボールをダイレクトスパイクを放ちコート奥にうつ。

間白はスピードある攻撃が得意で威力ではなく速さキレで勝負するタイプのプレイヤー

松方は間白は重さ威力はないので上にあげるだけなら簡単ですよと松方はいう

同じポジションを争う1年生にフォローされるとは情けないところはみせられないと家守はいう。

だが間白はあざ笑うかのように今度はジャンプサーブから何だの前に落とすサーブに切り替える

スパイクサーブに身構えていた家守はこれをレシーブできずに3連続ぽ員を与えてしまう

そう間白はレギュラー取り家守を潰してインハイ予選まで2ヵ月松方を正セッターにして連携などチームを作る計画をこの2対2から実行しようとしていた。

家守先輩には悪いけどここでレースから降りてもらうよという

家守hがやっぱ完全になめられているなといいごめんな頼りにならん先輩でという
だが松方が家守の尻を揉んで、何すんのという
先輩も試合前に俺の尻を触りましたよねという

仕返しです
なぜそれを今やろうと思った?

あーもう位置に戻れ

家守は今度からそう言うのは二人きりの時にしてよねという。

それで試合は続いて間白のサーブなろうとする

はぁ カッコ悪い1年坊主に翻弄されて1年坊主にフォローされて・・・

だけどカッコ悪いのは生まれつきだといいなんだか悪い顔の家守になる

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第10話ハリガネサービス【LET IT GO】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第10話 LET IT GO】

東京中学選抜と聞いてでもどこかでこないだまで中学生だったのだしと思っていた家守
だがそのウイングスパイカーでサーブで手玉に取られてしまう。

でもセッターなのでサーブレシーブなどはしなくてもいいのですが・・・

ナイスサーブと下平はいうが間白は家守のことをあんなのからサービスエースをとっても自慢にもなんねーよという

先輩をあんなのって・・・今きついんだろうな家守先輩という

間白くーんと家守が不気味な笑みで笑う

次あたりは松方ちゃん狙ってみないとプライドをすてている

その時同級生の大船はプライドなんかねえよなバレーもへたくそだし俺と違って顔も行けてないし、できるのは不細工にボールをつなぐことだけだろ?

試合に戻り家守はホントに松方狙うのかなと期待している
でも間白は家守を狙ってサーブを打つそもそも後輩の前でカッコつけようとしていた僕が馬鹿だったといい
体ごとに後ろに跳んでサーブの勢いを殺した、これに高代に猫田も最初からそーしろよという何カッコつけているんだか

きれいに返して松方が家守にオープントスをあげるしかし間白がすでにブロックに戻っているあんたくらい1枚で止めてやるよとクロススパイクをブロックで閉めるのだが

右手が前?そう家守は左利きでストレートにスパイクが打たれる。
左利きと右腕ではスパイクコースが違いますのでといいきれいにストレートスパイクを放つ。

家守はあれなんで間白はストレートを空けてブロック飛んだのもしかして間白は馬鹿なのかなと聞こえるよなギリギリの会話をする家守と松方

そこで松方はそうなんですよ、おれもいつも困っているんですといい間白を熱くさせる。

家守もかなわない相手だと思っていたが中身はまだまだ中坊だなという

間白は馬鹿だと言われることに今コンプレックスを持っているのか下平にもお前も俺のこと馬鹿とか思っていねーだろうなという。
11話へ続く。
U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第11話ハリガネサービス【信用なし?】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第11話 信用なし?】

試合は続いてまた家守がレシーブをして松方にきれいにレシーブを返してライトもってこいライトという

大船は家守が調子のっているとイラっとするんですよねという、五十嵐はお前ひでーなとという

家守がライトにトスを呼ぶのでそれに間白がブロックについていくそこで松方がトスフェイントで2アタックをきめる
トスを上げると思ってのフェイントで間白を今度は翻弄する松方
今度は家守のサーブで下平がレシーブする少し乱れるがそこで間白は下平が思い切りジャンプできなくなるといいトスフェイントでかわそうとするが。
松方に読まれていてレシーブして家守がトスを上げて松方がスパイクを決める。

松方はスパイクもそつなく打てる

それに五十嵐も松方スパイクも打てるなという

家守は松方に今トス来るのわかっていたの聞かれる

中学の選抜で一緒にやっていたんであの間白が考える事は大体わかりますよという、家守はたのもし~という

高代はなんか意外と仲良くなっていないか?

仲良くなったところでセッターのポジションは一つしかないんで後で気まずくならなくなきゃいいけどという

試合は続いて下平がサーブレシーブするが長くなりだが間白はこれを無理やりうとうとバックジャンプして打とうとしてネットにかけてしまう。

最初に間白のサーブで3点先取したが今度は逆に4点取られてマッチポイントを迎える。
松方はトスを上げないで自分一人でプレーする間白にトスを上げてあげたらという。

うっせーといいコートに戻る間白はうまく返さないで高く上げるように下平に話す。

しかし松方は間白は一度失敗したプレーをもう一回狙ってくる癖があるんですという。

次も無理やり自分で打つと思いますよという下平に間白がお前トス上げてほしいの?といいジャンプできなのにと痛いところを突かれる。

でもって間白は下平にお前はボール打ち返すときはジャンプ禁止といい確実にパスで返せという

それで下平のレシーブはネットに高めに上がり間白がまたしてもツーアタックを放とうとするが今度は松方家守の2枚ブロックをつくられてします。

次もツーで来るはずと松方の読みが当たりシャットアウトかと思ったらスパイクの体制から下田らにトスを上げる下平はこれをトスで開いていること―にパスで確実に返す。

松方は家守にちがったじゃんと責められているようすだ、下平は信頼されたのがうれしかったのか間白にありがとうと礼をいう。

たく、お前が足引っ張らきゃ楽勝なんだよこんなゲームといい両チームマッチポイントでサーブでは挽回しろよなといい下平はうんという。

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第12話ハリガネサービス【てっぺん】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第12話 てっぺん】

山縣監督と野々原キャプテンが抽選会から帰り抽選結果でアイツラどんなリアクションしますかねといい学校に帰って来る。

野々原は今アイツラ2対2しているんですよね先生と俺で組んで1位のペアをやっつけませんか?
というが山縣は何も言わない

体育館に野々原が帰りダブルスどこが勝ったのかという

1位は大船・五十嵐ペアと松方・家守ペアが3勝1敗で並ぶ
3位に高代・久場ペア間白・下平ペア
5位リベロの金田・猫田ぺは、1勝も出来ずに再開
松方には勝てるはずだったという間白
下平のサーブで家守がはじくがこれを松方がきれいにカバーする
これを家守が決めようとするが思い切りスイングしたがこれがミスヒットしたのがフェイントになり決まってしまっていたのだ!

山縣監督がたのしかlっつあかと聴くダブルスがという事でみんながハイたまにはこういうのもいいよねをいう

猫田がこの練習の大事なポイントなんですか?と聞こうとするが
山縣監督は意外そうなな顔をする

家守がこれ練習なの忘れていたなというがそこで猫田が馬鹿、意図のある練習に決まっているだろという。

おtpは分からんがどう理解しているのかとあやふやな状態で野々原がインターハイ予選のトーナメント表をみせる

すぐに百合草が野々原から奪い取りどのブロックに入ったのか聞いてくる間白

駿天堂とは何処でたたけるのかと聞くが駿天堂は別ブロックにいる

トーナメントも1枚の上には収まらない2枚目のトーナメントに駿天堂はいただが・・・

全国屈指の超大型チームの王葉工業に誰が打つのかわからないサーカスバレーの桐城高校らと同じブロックにいる・

東京3強の駿天堂・王葉工業・桐城高校の2校がこの高校の同じブロックにいる

これに五十嵐が自分らが1年の時は一回勝てて2日目に入れれば万々歳だったけど9か月後の新人戦決勝大会では桐城高校といい試合ができた!

あれから筋肉をつけた次は絶対に勝つとと言われておれらも一つ二つ勝って喜んでいるチームではないからね。

王葉工業に勝ち桐城に勝つとインターハイ本戦に出る事ができる

そこで野々原が桐城高校から練習試合を申し込まれたことをはなす。

一年生の金田・松方・間白は驚く

先輩たちは喜んでいるけどなぜかうかない表情をみせていた。

 

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第13話ハリガネサービス【襲来】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第13話 襲来】

桐城高校の名前は僕も知っていたといい下平は桐城の試合を中学の時に春の高校バレーで観戦していた。

明日戦うんだと先輩たちは気合が入っている

インターハイに出るにはどうしても勝たないといけない相手練習試合でもぶっ倒して苦手意識をつけてやろうぜという。

そこで1年生同士で着替えている時に松方が練習試合の件どう思うと聞いている
は?どーもこーもあるかよ、完璧になめられてんじゃねーかと怒る間白

炊くpめでたい先輩たちだぜという強豪校にいたらわかると思うが普通は都や県内で強豪校同士は練習試合は組まないんだよという。

近県の強豪高校などと試合するのが定石だという

同じ腱兄の予選トーナメントでは上の方で当たる可能性の高い練習試合などはしないんだよ手の内を読まれないためにという

強豪同士で練習試合を申し込んでくるということは手の内を明かしても問題なく勝てる相手だけだという

だから登場に誘われていた金田に松方に間白は桐城蹴って豊瀬に来ているからその登場に負けたのでは俺らはとんだ大間抜けだという。

いよいよ桐城高校がやってくるテレビにも出ている高校だというのでギャラリーも多く集まりそこで野々原が豪快なスパイクを放つ

百合草に野々宮が桐城の人たち4時にくるんじゃなかったんだっけといい校門から体育館まで案内するのがマネージャーの仕事なのを忘れていた。

その時桐城高校が校門の所につくがそのとき偶然にも歩いていた女子高生に案内よろしく頼みますと声をかける。

 

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第14話ハリガネサービス【暴露】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第14話 暴露】

羽柴さんちょっといいかなうちの部公立校にしてはいい成績残るから経験者も多く練習のレベルも上がるから初心者の羽柴さんがついてくるのって大変かも
4月いっぱいて体験入部だからいろんな部を体験してみるのもいいのではとテニス部からクビ宣告を受けていた。

バスケ部に料理・歌などいろいろな部活に挑戦した羽柴さんだが何か向いている部活はないかと考えている所に桐城高校が現れてバレー部のマネージャーに間違われた。

そこに遅れてきた百合草がやってきてたが、羽柴を見て桐城の生徒がマネージャーだと勘違いしているのをいいことにして羽柴を新人マネージャーなんですといい体育館に案内する。

体育館に戻りスパイクを打つがネットに引っかける下平

そこで間白にお前ホントサーブ以外イケていないなぁと指摘される。

毎回飛べないわけではなかったのかという間白

そこに羽柴と百合草が桐城高校を引き連れて体育館にやってきた。
山縣監督が相手の監督である古川に声をかけるが古川は低姿勢の振りして挨拶を返すが実はきっちり豊瀬高校を潰そうと考えていた!

桐城の生徒が公立校の体育館ってちいさいですねコートの後ろすぐに壁ですよという。

そこに間白の先輩がやってきてなんで桐城に来なかったと言われるすぐにレギュラーになれる地寄席を選んだのかといわれるが。
大船がこいつら豊瀬でもレギュラーじゃないですよという大船

大船といきり立つがそこに倉光と呼ばれるセッター1年生が間に入り中学選抜のこいつらは半端じゃないですよという。

倉光は埼玉選抜でセッターをしていて東京の選抜はすべて駿天堂だけは本物で控えは一度も試合にでていないという。

ま東京は駿天堂でレギュラー固定して中学選抜のきめていましたしという

もしあkして選抜でベンチだったの内緒にしていた?
黒歴史として隠していたのかという

豊瀬の人たちの前ではもちろんレギュラーでしたって顔して高校デビュー決めちゃってた?といい挑発する倉光

だがキャプテンの鯨川が黙れといいあやまってベンチに引きげる、間白の先輩がレギュラーになりたいためだけに桐城から逃げあのかといい残し去っていく。

 

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

第15話ハリガネサービス【ホアタッ!!!】のネタバレ!画像あり単行本2巻

【第15話 ホアタッ!!!】

さて倉光から思わぬことを言われたが下平は以前に間白たちから聞かされた駿天堂を倒したいという間白らの考えの意図がようやくここでわかった。だから打倒駿天堂だったのかと

ここで監督の山縣がスタメンを発表する。
これまでのレギュラーだけでまずは戦いを始めていく

1年生は全員ラインズマンにいれる。

それで久場が百合草にその隣の子誰といい名前を聞く

羽柴恵ですといい新人マネージャーのケイちゃんですと紹介する。

みんな おおおおおおと喜んでいる女子マネージャーきた今年一人も入らないかと思ったんだよという
どんどん否定しづらい空気にと焦る羽柴

ほらこっちきて座ってといい百合草に言われるがバレーわからないしというが百合草が大丈夫私が教えるからという。

さて試合が始まる、新しくマネージャーも入ったしと気合が入る豊瀬

だが桐城の古川監督は君らがフルセットでみっともない試合をしたから豊瀬高校はお客さんにいい試合みせられる試合ができる気なんだ

いいの付けあがらせたまんまでというがこれに選手がよくないですと気合が入る。

お客さんの前のでぺちゃんこにして身の程を思い知らせてあげなさい

それで海太に空太のコンビを主審と副審にする
リベロも出さないで鯨川もベンチでスコアを書いている
新人戦の時は怪我で出ていなかったけどなぜか中心選手を外している桐城高校

そこで羽柴ケイちゃんが何で一人だけユニホーム違う人がいるのか聞くがあれはリベロでレシーブ専門の人

豊瀬だと猫田あのビブスつけている人がリベロなんだけどねという。

試合は始まる五十嵐がサーブを放つが桐城のリベロにホアタッ!!!とレシーブされてしまったのだった。

 

U-NEXTで『ハリガネサービス2巻』コミックスを無料で読む

まとめ

以上「ハリガネサービス 2巻」の漫画を無料で読む方法とネタバレとあらすじや感想を紹介しました。

最後に無料で読む前に各サービスの特徴をおさらいしますね。

アドセンス

アドセンス

-VOD電子書籍漫画

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.