VOD電子書籍漫画

ハリガネサービス 11巻の漫画無料で読む方法@ネタバレと感想

更新日:

ハリガネサービス11巻 漫画 無料

↓今すぐ無料で読みたい方はこちら↓


⇒今すぐ漫画を無料で読む!

第87話「cat fight(キャットファイト)」11巻 ネタバレ

<87話cat fight(キャットファイト)>

さて猫田の2段トスからスパイクを決めた間白

 

猫田先輩ナイストスですと調子に乗ると豊瀬高校に
王葉工業の選手はイラつくあんなところから2段トス上げるかよといい不機嫌になる。

 

間白のスパイクサーブでゲーム再開するが14番の選手に軽くレシーブされてAパスを競ったに返されるが王葉工業の攻撃は単調でまたも雲類鷲のバックアタックに頼るだけだ。

 

しかし先ほどは全員レシーブだったが今度は3枚きっちりブロックについている。

 

前衛の攻撃では上から打たれるが、バックアタックなら角度がない分とめにくいと思っているのでブロックを3枚にした

 

豊瀬高校では一番背の高い大船が前衛にいるので止められるはずと思っていたら・・・

 

雲類鷲がなかなか落ちてこない滞空時間が長く空中で浮いているように感じる豊瀬高校のメンバーたち

 

王葉工業の選手が雲類鷲が秀でているのは慎重だけじゃない身体能力も一流だといい

 

ブロックが落ち始めたころにスパイクを放つ

 

そこに猫田がもぐりこもうとするそこで猫田のエピソードが始まる

 

<<猫田エピソード>>

猫田駿142cmバレー初心者で中学からバレーをはじめる
部活見学で見たスパイクを打ちたいと思っていたがネットから手が出ない一年たっても玉広いばかりさせられていた。

 

小さくてかわいいよね周りからもちやほやされるのだが、その言葉には必ず小さいからと入るのでそれがいやだったと本人はいう

 

自分の成長期は今からだと猫田は今のうちに徹底的に基礎を固めると壁パスに励む。

 

身長が伸びたら一気にレギュラーとってやると淡い希望持ちながら、

 

しかし部室からたまにいるんだよね

 

バレーやると慎重が伸びると思って入ってくるオチビちゃんがねと陰口をたたいているのを猫田は聞いてしまう。

 

バレーやってでかくなるんじゃなくてもともとでかいやつらがバレーやるだけだっつーのに

 

もしこのまま身長が伸びなかったら背が低いだけで俺はレギュラーになれないのか?

 

そんなのいやだと猫田はそれから自分のチームのスパイカーの弱点や癖を見るようになった。

 

体が開いたらストレートに打てないよしクロスだと山を張る
これが面白いようにあたるようになってきたころ

 

監督が猫田にリベロを進める

 

それで癖を読みぬく要領でレシーブの才能を一気に開花させた
スパイカーの助走やトスの長さや低さなどコースを先読みしてレシーブする。

 

コートの外にいてもそのイメージでボールをいつもおっていた。

 

ここで猫他のエピソード終了>>

 

雲類鷲のスパイクに猫田は、お前みたいに生まれもって体格がいい際のだけでやっているだけのやつには負けられないんだよといい雲類鷲の放つ強烈なスパイクに立ち向かう。
ボールを落とさずにつなぐことだけなら体の大きさは関係ないと証明するんだと持たざるものでも頑張れば才能あるやつに勝つこともできるといい雲類鷲のスパイクを上げることに成功する。

 

雲類鷲が高く飛ぶことで目線に腕の振りから体の向きまで見えるそれでコースは特定されるといわんばかりにあげたボールをエースの大船にトスを上げるがブロックに跳ね返される。

 

リバウンドを猫田がAパスでセッターに返してまたまた大船にトスを上げるスパイクははじかれるがアウトかインか秒妙な場面

 

リベロの猫田が大きな声でアウトだといい間白がレシーブをやめる

 

これが見事にアウトでいつも丁寧にプレーしている猫田の声をみんなも信じれるんだと金田にベンチでささやく
U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第88話「興」11巻 ネタバレ

<88話 興>

みんなにつなげる気持ち
雲類鷲の圧倒的なスパイクにおされ気味だったが猫田投入後にブロックの上から打つ雲類鷲のバックアタックを猫田がレシーブしたことで息を吹き返す豊瀬高校

猫田は監督の山縣にお前はここからさがるなと体の小さい猫田を使うには普通の選手より前にでてスパイクの範囲を限定することで勝負しろつ支持を与えていた
しかし前に出る分だけスパイクをまともに受けるので難しいができるようになればだいぶレシーブの位置が絞られることできれいにレシーブができるようになる。

そこでなぜか今度は金田と下平になり、金田が下平にほっとするなよという
それはレシーブができない下平にミスして替えられたことを忘れるなという意味で言うが下平もわかっている
ぼくだってあのままでいいと思ってはいない、レシーブもうまくなって金田君と変わる必要がないくらいうまい選手になるよという。

ベンチ内でもバチバチの争いが起こる豊瀬高校

試合に戻り雲類鷲は、みたか敷といい自分のスパイクに向かってきた猫田に狙いを定める

王葉は敷のレシーブからのまた雲類鷲にボールを集める。

雲類鷲は、猫田をめがけてスパイクを放つ

なんとかあがったが雲類鷲はうれしそうにおおっまたあげたと猫田に感心してもう一本もってこいとトスをよぶ

<雲類鷲のエピソード>

雲類鷲は本当に天性の才をもっており勉強もできて音楽に柔道など何をやってもすぐに一番になる。

でも自分とやり会えるやつがいなくてたいくつだといいあることを考えた。

体格のいい雲類鷲は、自分より体のでかい選手が海外にはいると思うといいバレーはどうだ自分でもかなわない相手もごろごろいるだろうときっと楽しいはずだといいバレーを始める。

まともに戦える場所がほしくて雲類鷲はバレーを始めたのだ。

エピソード終了>>

猫田は雲類鷲が放つスパイクを何度も上げるがボールには当てるもののしかしきれいに返るボールはなく点差は開いていく。

雲類鷲は無邪気に猫田のレシーブ力に感心して早くやろうと猫田に無邪気に言うが猫田は雲類鷲の強烈なスパイクでぼろぼろに体力まで削られている

しかし猫田の頑張りでなんとか点差を追い上げたが、まだまだ届かない

客席に場面は変わる鴫澤さん前に声援は力になるといいましたよねといい
いっけーいけいけいけいけ豊瀬とケイちゃんが応援を始める
こっちも声出しましょうコートのみんが自分たちだけが戦っているんじゃないってちょっとでも勇気がわくようにとケイちゃんを筆頭に王葉の応援をパクって豊瀬高校を応援する仲間の声援にこたえることはできるのか?
U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第89話「抗戦」 ネタバレ

<89話 抗戦>

みんなの声援が力になる
イケイケ豊瀬と応援するスタンドボールは雲類鷲に上がってまた雲類鷲は猫田を狙ってスパイクを放つ。
ぼろぼろだがこれを猫田が丁寧に上げる
もう見た目でも何で動けるんだといわんばかりの猫田
いてえなちくしようという猫田の腕は両腕ともしびれている。
なんでわらってんだよ こええよ

 

 

体中がミシミシ悲鳴を上げている気いぬいたら前のめりにぶったおれそうだという。

 

だがこれでいいこれが俺の戦い方だ

痛くたってきつくっても外で試合をみてるしかできないよりよっぽどましだ。

 

ボールがつながるなら体がぶっ壊れてもいいと、飛び込んでレシーブするがネットを超えるボール

 

跳びこんで体制が整わない猫田に雲類鷲はダイレクトボールをそのまま猫田に打ち込む。

 

背中に当たって猫田は悶絶するがそのボールですらあがったといいプレーにつなげる。

 

そこで隣のコートは試合終了同じ時間に始めたのだが豊瀬と王葉まだ1セットも終わっていない

 

それから10分後にようやく王葉工業が第1セットとって終了した。

 

猫田は抱きかかえられるようにしてコートをでる。

 

セッターの松方に今何本だとと聞く猫田

 

全員130本越えているといい1試合以上のペースで試合を誘導している?

 

猫田をベンチに戻して山縣がマッサージを始める

 

その間に選手間でミーティングをする

 

当初の予定通り、いえ想定以上にいいペースです。
猫田先輩の頑張りに報いるためにも2セット目に全力で取り返しましょうと円陣をくむ。

 

試合前の回想

 

王葉の高さは脅威です大船の高さに間白のスピードを使えばある程度点をとれるというがこれを最初は封印するという松方

 

とにかく最初は王葉工業を疲れさせるブロックがつきやすいよう高いオープンを上げるブロックに当ててリバウンドを取る

 

雲類鷲のスパイクは無視します

 

王葉全体をオーバーペースに追い込む

 

1セットの間に1試合分ジャンプをさせるペースで試合をするのですという松方

 

チェンジペースで疲れたところから豊瀬高校はペースを上げていくという戦略に出るのだが・・

 

最後に大船先輩思いっきりどうぞと
満を持して反撃のときが来るか?
U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第90話「もっと」11巻 ネタバレ

王葉工業雲類鷲の前に沈黙していた豊瀬高校

 

ですが猫田は相手エースに
狙われてもうやられ放題の豊瀬高校

 

王葉工業高校はスーパーエース雲類鷲の
アタックで押し気味に試合をしていた。

 

しかし反撃開始豊瀬高校は
王葉工業がつかれるための作戦を

 

とっていた全開で飛んで王葉工業の
ブロックの上からエースの大船が打ち抜く

 

しかし上屋にレシーブをされてボールの勢いを子として

きれいにあげられるそれを雲類鷲に
あげられて雲類鷲も相手ブロックの上からぶち抜く。

 

力をセーブして戦っていた豊瀬高校だが

王葉工業も同じように同じように力を温存していた。

 

王葉工業も次の桐城戦まで力を

魅せないようだったがあっさりと力を出し始める。

 

セッターの松方が序盤は王葉にスパイクを打たせて

相手のスタミナを奪い取る作戦だったが

王葉工業の選手が全く疲れがなかったのである。

 

リベロの猫田が身を挺してボールを上げまくってくれたのに・・・

 

 

下平がAクイック飛ばしてからの間白の

バックアタックのパイプ攻撃だが相手

ブロックの上屋にシャットアウト喰らってしまう。

 

完全に読みが違った豊瀬高校

これを必死で追っていた猫田が酸欠でダウンしてしまう。

 

 

猫田はこのまま交代して1年生の
スーパーリベロの金田をもう一度ベンチにもどす事にする。

 

 

さてここで猫田撃沈したが一度やられた
金田はどれくらい上げる事が出来るのだろうか。
U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第91話「1秒の壁先へ」11巻 ネタバレ

先輩リベロの石を継いで金田がコートに

リベロは1年の子に交代か?おしいな~猫田すげえよかったのに
でもこれ以上離されたらもう正直やばいからねと王葉工業12-5豊瀬高校

 

観客席ではナイスサーブコール行きますと応援を要求する。
ここでサイドアタッカーの大船が渾身のジャンプサーブを放つのだがネットに欠けてしまう。
ここでサーブミスかぁとさわぐ

 

このタイミングで相手王葉工業のエース雲類鷲が前衛に上がってくる。

 

王葉のサービスで試合を開始する間白がサーブレシーブで崩されて攻撃に入れないのでここは自分が決めないと下平鉋といいCクイックからのDワイドの移動攻撃をするが相手に攻撃を読まれてブロックにシャットアウトします。

 

王葉工業は雲類鷲のワンマンチームだと思っていたら14番のセンタープレイヤーめちゃくちゃいい選手だという。

 

下手したらポテンシャルは雲類鷲に匹敵するのではないか?とセッターの松方は予想する。

 

間白が松方あれ使うぞ
でもあれはまだ練習中でというがンな事言っている場合かよ
ここで1秒の壁を超えなきゃ
俺たちココで終わりだぜ?

 

松方もうなずいて

王葉工業のサービスで試合再開

 

リベロの金田が正面に入りサーブレシーブをする
金田はこれまでワンハンドで上げる癖があったので正面に入って取る事がなかったのが正面に入ってレシーブする!

 

下平が突っ込んでくる1秒の壁を超えるために間白と下平が話しているセンターブロッカーがサイドに移動してブロックを完成させるには、どんなに早くても1秒かかる!

 

だからトスが上がってから1秒以内にサイドで打てば常にブロックが1枚以下の状況で勝負ができるって話なんだよね

 

これは全日本女子も世界の高い壁と戦うために取り組んでいる課題で間白は身長も大きくないので真っ向勝負したらデカいブロッカーには勝てないので大船先輩みたいな打ち方はできない

 

だから間白はスピードと小手先の技術で全部かわしてきた

 

自分のバレーは交わすバレーだ

 

トスが上がる前に飛んでブロックを置き去りにする超高速クイック

 

松方が桐城戦までとっておきたかったんだけどなといい

 

下平鉋がAクイックに入り間白がB少し長めの平行でブロックを1枚にしてコートにスパイクを叩きつける。

 

これまでにない早いクイックが決まるマイナステンポスパイク!

バレーの攻撃の種類はスパイカーがどのタイミングで助走するかでわけられる!

 


「サードテンポスパイク」
トスを高く上げてスパイカーが自分のタイミングで助走を始めるゆったりした攻撃

 

「セカンドテンポスパイク」
レフトの平行のようなセッターが上げたトスにスパイカーがタイミングを合わせる少し早い攻撃

 

「ファーストテンポスパイク」
Aクイックみたいにスパイカーが助走に入ってきたのにセッターがタイミングを合わせて打たせる早い攻撃

 

まあ大体のチームはこれらの3つのテンポでバレーをしている。

 

だけどもう一つファーストテンポよりさらにタイミングの速い攻撃があるんだよ。

 

「マイナステンポスパイク」
セッターがトスを上げる前にスパーカーがジャンプしてトスを待つ攻撃

 

セッターとスパイカーのタイミングがとても難しい攻撃あがこれだと相手ブロックが完成する前にうてるので完成するととても有効な攻撃になる!

 

これをセッター松方と間白で完成させて王葉工業に炸裂

これで豊瀬高校の逆襲が本格的に始まるのか・・・

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第92話「翻弄」11巻 ネタバレ

<92話 翻弄>

その攻撃はまさに電光石火
なんだいまのはめちゃくちゃ速かったぞ。

 

昨年の中学選抜時より早くなっていることにびっくりする雲類鷲

 

もう一発行くぞ間白が雲類鷲を挑発する
ここで王葉工業がはじめてタイムアウトをとる。

 

上屋のブロックがあそこまで置いていかれるとは

上屋でなくても今のは間に合わん今のはマイナステンポのスパイク
セッターの手を離れて1秒以内で攻撃が完成している。
センターから移動してのブロックはどうしても1秒はかかる。

 

獲物がすばやいなら最初から網を張ってとびかかってくるのをまてばいいというが
デディケートシフトを引けと指示を出す王葉の監督
ドッキリ技は2度は通じないという

 

豊瀬のベンチでは雲類鷲をおちょくってみませんか?と松方がいう

試合は始まり雲類鷲のスパイクが豊瀬高校に放たれる

 

ブロックの上の後ろを守り金田がきれいに雲類鷲のボールをあげる。

 


ブロックをサイド側に寄せているデディケートシフトで間白の攻撃を防ぐつもりの王葉工業

 

しかしその位置から間に合うかと松方

マークのついている間白を劣りに下平のワンレッグDクイックに切り替える

これが見事にきまる

 

連続得点の豊瀬

 

松方は下平にもっと速く攻撃に入れと指示を出す

 

また雲類鷲のスパイク
しかし今度はブロック上ではなく横から交わすスパイクにしかし今度はブロックの横をレシーブしている。

きれいに金田がスパイクを上げる

 

間白も早い攻撃するから僕も速く動かなければといい速く打つ動く下平

 

ここでAクイックからのレフトにマイナステンポ平行の攻撃ハリガネが炸裂

そんな小さいのになんでバレーやっているって聞いたよなこーいう瞬間のためだよといい終了する。

 

うんいい感じで試合が締まってきたが・・・

 

でもなぁいいたかなないけどこれはレシーブがきれいに変える条件でのみつかえている作戦であって本格的に王葉が崩しに来るとフェイントなどされると攻撃が崩れると思うんですよね。

 

大船パイセンなどのレフトなどウイングスパイカーにスーパーエースの野々原さんなどこのあたりがもうそろそろ出てくると思うんですよね

 

これが雲類鷲に同ダメージを与えるかで勝負は決まってくると思います。

 

王葉はまだ秘策もっていてせるのは間違いない

 

何よりも雲類鷲だけに集めすぎなのでこれを散らされて雲類鷲をおとりに攻撃を組み込まれたらシャレにならん強さだと思うのだけどwww

 

ちなみに管理人的には下平がこの体育館に慣れてきたと言ってサーブ炸裂する展開もあると待っているのですけどね^^

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第93話「異変」11巻 ネタバレ

豊瀬高校ここへきて3連続得点だ!

外野からも流れが来ているぞ追いつけると王葉14-8豊瀬と点差をちじめる

プレーは続いて今度は王葉の攻撃サーブレシーブをきれいに返して雲類鷲のアタック
ブロックの後ろにレシーバーがいるぞと声をかける

それを聞いてか雲類鷲はクロスにスパイクを打ちブレイクを斬る!
ちぇ今度は引っかからなかったという

しかし雲類鷲をおちょくる事が目的だったし
まあ2点も取れてラッキーだったと松方はいう。

雲類鷲に指示した4番に差し出がましい真似をするな
空中でレシーブの位置を確認するくらいできる2度とこの手にはかからん

てめえが決めあぐねているからキャプテンがせっかく指示したのにという

すまなかったキャプテンが雲類鷲に謝る

チームメイトは点を決めないお前に価値なんてねーんだからな

王葉のサーブで金田がレシーブして下平がAクイックからブロードでライトへ走る
王葉はレフトからの間白の攻撃は雲類鷲に上屋がマークについてもう一人10番は下平をマークする。
間白に下平がマイナステンポとファーストテンポに攻撃に入る中


キャプテンの野々原がセンターで時間差攻撃を見せた。

真ん中でドフリーだと叩きつけるところを

エースの野々原はなんとここでフェイントをする?

ココは叩きつけて流れを呼ぶ場面だがなぜかフェイントをする

これに山縣監督が気がついてタイムアウトをとる。

せっかくの追い上げムードだが野々原右手を出せと山縣監督に言われて右手を魅せると・・・

めちゃくちゃ腫れていて中手骨が折れているな

いつやったんだよ?

負傷しそうなプレーなんて・・・

五十嵐が試合前の握手で雲類鷲と握手した時に手ぇ壊されたのか!?

なんだよそれと大船はブチ切れ寸前

抗議に行こうとするが野々原が止める

あいつはやぅちゃいけない事をやった

これは絶対に許されねぇというが

野々原自身がわざとじゃないと思うんだよという。

五十嵐に野々原に替わってオポジットに替わるようにいう。

先生やれますと野々原はいうが、山縣監督はだめだ

お前は後退したらすぐに医務室に池

といい野々原はベンチに下がり治療を受けにコート荒マネージャーと離れる。

松方が集中していいいチームを締めようとするが

そこで雲類鷲がなあ一番はどうしたんだ?

ちょっと聞き手を痛めたらしくてな

お前のせいでなと雲類鷲に言い放つ

な~んだつまらん

ようやく面白くなってきたところだったのにといい

そこで豊瀬高校のサーバーは下平というところで次号に続く。

最後少し下平が笑っているように見えるのだが気のせいだろうか???

第94話へ22・23の合併号へ進む

<<が~ん野々原大けがで予想は大外れwww>>

少年チャンピオンのハリガネサービスの20号の続きのまだ先なので少し予想してみる事にした
発売されたらまた予想と照らし合わせて紹介しますね。

 

まずは予想を読んでみて!

 

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第93話「」ハリガネサービスの予想してみた

 

1秒以内の攻撃が決まることで波に乗る
豊瀬高校だったのだが少し点取るみたいな
感じで4・5点を取るようになっている。

 

2点差くらいになると今度は王葉工業も
同じようにトスのスピードを上げるが絶対的
エースがいる雲類鷲選手を絡めた超高速のバレーをする。

 

高さのある雲類鷲をおとりに使う事で
王葉のバレーは息を吹き返えし
打ち合いになるという展開になる。

 

雲類鷲はすでにブロックの上から打つ
のではなく横からよけて打つなどしているし
1セット目にやはり飛ばせまくったのが
効いていたので、選手は披露していて
いきなりの速い攻撃についていけない。

 

そこで最後は松方がこれもまたに
やりと松方は笑ってこれくらいは
やってくれると思っていましたといい。

 

野々原の本気のスパイクマイナステンポで
はないが下平などの早いおとりなどと
合わさりブロックが遅れてくる王葉工業の
コートに突き刺さり1点差にして射程距離打
みたいな感じで終わるのではないであろうか?

 

とまあこんな感じで予想して
みたのがそこまであたるのかな。

 

しかしこれまで3年生など活躍
していないのでそろそろ出番が
あると思うのだがそこに期待したいよね。

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第94話「アゲインスト(Against)」11巻 ネタバレ

王葉工業15-9豊瀬高校
観客も盛り上がる熱戦

 

 

松方も6点のビハインドで
大黒柱の野々原先輩を怪我で
出番がなくなったのだから頼むぞ
この逆境をひっくり返せるのは
それはお前のびっくりサーブだけだという。

 

 

この一本は捨てよう、1セット目とは

空調が逆向かいの風だ

 

 

空気抵抗でまずはどれくらい変化するか

まずそれを確かめる2セット目は

この空調が変化を極める事が分かる。

 

 

フローターサーブを放つ下平サーブを放つ4番の俺が取るというが雲類鷲も突っ込んでくる

 

 

ボールは変化して雲類鷲がよけた方に向かってくる

 

 

ブラインドになって4番がレシーブをミスする

 

 

空調の逆風で変化が大きくなりふわふわっとサーブが変化するこれは大きな体育館で起こるフローターサーブの特徴でもある!

 

 

こんなものかと冷めている表情の下平

雲類鷲は声を出したのなら責任もってとれとレシーブミスした4番をしかる

 

 

下平の様子がおかしい「やっぱりあやまらないんですね」

 

 

豊瀬の応援席では出たっ下平の超ロングサーブ

 

 

あの程度の変化じゃぬるいといいさらにいいサーブを求める下平

 

 

たしかにロングサーブは距離が長いと逆風に真正面からすっこんだ空気抵抗がMAXになる

この変化は予測できねーぞ

野球で言うカーブしてシュートするまるでナックル変化サーブ

 

 

下平は相手エースの雲類鷲をサーブで狙う

 

 

変化が鋭くサーブも早いのでレシーブするもボールを雲類鷲がはじく

 

 

なんだ今の変化はと驚きを隠せない王葉工業ナイン

下平はこの体育館の環境に慣れてサーブの精度が上がってきた。

 

 

王葉のキャプテンはお前の所が狙われている、次はレシーブはいいからネット際で待っていてくれ

いどまれた勝負に背を向けろというのか

そうじゃない、レシーブは俺たちがなんとかするからお前は今まで通り点を取ってくれこのチームの王様はおまえだろ。
雲類鷲をネットにはりついている

下平はにがさないよ逆風でどれくらいおしもどされるかは分かったあれさえ再現できれば軌道をコントロール

ボールが前に進まないハリガネの壁・・・?

 

 

邪魔するな、千切れるハリガネ

無回転なのにボールが全く変化しない、竜泉戦で1球出完全無回転

あの時は変化し無すぎて簡単に取られたけど・・・

 

 

伝家の宝刀であるネットインで、ネットに張り付いた雲類鷲を狙って3連続サービスエース

どんな気分ですか?

 

 

あんなにバレーを楽しんでた人を怪我させてバレーできなくさせて自分だけ楽しいたのしいは通らないだろ

 

 

殺気はあれだけ猫田先輩を集中狙いしたんだ
今度はあなたが集中狙いをされても文句はないですよね!!

「激怒の下平!暗黒面発動する」

王葉工業15-12豊瀬高校が追い付いていく。

 

まさかのキャプテン野々原の骨折(ケガ)によって予想が大きく外れてしまいました。

身体能力の高い野々原君が骨折しているとなるとこの後の王葉工業に勝った後などこれからどんどん強くなるのに大丈夫なのかよと言いたくなりますね。

さて早速本題の予想にはいっていきたいと思います。

ここでまずこの今の段階キャプテン野々原が離脱していますが、それでなくても敗戦モードで試合が続いています。

これは大丈夫なのでしょうかと誰もが思ったのかもしれません。

まあその中で93話で見せた最後のサーブの下平選手が不敵な顔していたんですよね

これまで読んでいて王葉工業のチームなんかぎくしゃくしている、感じが否めない雲類鷲選手が特にうきすぎ

でも気になるのは王葉の監督ですねかれがどういうチーム作成をしているのかここがよくわからないんですよね。

大きなアタックバレバレのオープン周流の攻撃を見せないクイックなど始めコンビも見せていないのが不気味になります。

でもここで下平選手のサーブがブレイクしないと追いつけないとかはありそうだけど・・・

なんかべたすぎる設定になると思うんですよね。

今度は王葉工業チームの中でいざこざが起きてチームが崩壊するのだろうか。

まあ必殺技みたいなものは出てこないと思うんですよね^^

 

 

あとがき

 

今回は少しだけは予想が的中しました!!

 

が次回はどうなるのだろう実際の試合で3本続けてサービスエースだけでも神業なのにこれ以上出るとwww

 

でも学生時代は13本だったかかなり決めたらしいんですがどうなるのか楽しみですね^^

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

第95話「フザけんな」11巻 ネタバレ

キャプテン野々原は医者に!
いい?これはあくまで応急処置だからね試合を最後まで見るのはかまわないけど終わったら必ず病院に行くのよ。

 

そのとき試合会場はとんでもない事が起きている・・・・!?

 

歓声が?

 

さて試合会場に戻って雲類鷲に6番の選手のリベロの3人の間にネットインでサーブ決まる。

 

またネットインだ、何、何が起きているの?下平君が・・・

 

その目線の先にはなにが、今日の空調の影響でネットイン使えないはずではと思い出す竜泉戦で一球出た完全無回転サーブを使っているんです。

 

回転を完全殺して空調から出る風を均等に受け流すことで、影響を最低限に抑えてコントロールしてるんです。

 

冷めている下平に間白が今のあいつはおかしーぞと気づき始める。

 

すぐに次のサーブを打つ下平ここまで2本連続ネットインしているからまさか3本連続でと焦る雲類鷲

 

ネットに絣雲類鷲は超えたと判断したがボールは急激に変化してフォークボールのように落ちる。

 

5連続のサービスエースで王葉工業の監督はタイムアウトを取るかどうか迷うがしかし何と声をかける?となやむ

あんなサーブにどうして対処しろと?

 

もういいお前たちには頼らん、俺がとるとといい雲類鷲がレシーブに入る

 

下平と勝負する気か!

 

レシーブに入る雲類鷲に、何フツーにバレーを楽しもうとしているんですか?野々原先輩を壊したくせに
なんで野々原先輩がコートを去って人を傷つけてそのことに気づいてもない人がコートに残るんだ。

 

フザけんな!!!とサーブを打つ下平

なんという禍禍しい軌道か!!

 

雲類鷲がかすりもしないでまたもサービスエースにと思ったら上屋がカバーしてボールを上げる

 

打ち返そうと飛ぶ雲類鷲に無理に打って返そうとするな!!

 

しかし乱れた体制から打つのコースが単調になり間白のブロックにつかまる

 

ここで遂に同点にいつく

 

雲類鷲は、これほどの屈辱は生まれて初めてだ小さきものと侮った者たちに何度もしてやられ血を這わされ

 

だがこれでいいこんなギリギリの戦いこそ俺の求めていたものだ。

 

まだ笑えるんだもっと心を叩き折らないととまたブラックな下平が出たところ

 

王葉工業の監督がこれ以上は深手になる!!とタイムアウトを取りかけたところでしたが

 

豊瀬高校の山縣監督が先にタイムアウトを取る。

これで24号95話のネタバレになりました

得点は王葉工業15-15豊瀬高校同点です。

ちなみに世界最終予選女子バレーボール今日から試合始まります。

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

95話の展開を予想していきます。

前回はサーブで雲類鷲をサーブで
狙い撃ちする展開最後のページでは
下平がブラックの描写に書かれて
ブラック下平になって終わっていましたね。

 

点差も王葉工業15-12と豊瀬高校と
いうこれくらいならバレーはすぐに追いつく点差になっています。

 

まあでもこのままサーブで突っ走る
展開が続きすぎるのもなぁと思いますが
中学時代に一度このサーブで相手を
マッチポイントまで追いつめていますしあと
1点くらいはサービスエースをとるが王葉の爺さん
監督がタイムアウトを取りネットインはセッターが
拾ってからの2弾攻撃でエースの雲類鷲に集める
作戦をとるかと予想しかしストレートをブロックで
絞めてクロスをリベロの金田に任せる。

 

これで金田が雲類鷲のアタックをきれいにあげる

そこから金田のタテクイックなどはじめ多彩な攻撃で攻めていくと予想できる。

 

ここで下平の再びサーブ権でなるほど
そこまで雲類鷲をかばうのかといいでも
試合に勝てばいいとほかのレシーバーを
狙ってボールがはじかれたところで次号に
続くみたいな展開になると予想します。

U-NEXTで『ハリガネサービス11巻』コミックスを無料で読む

まとめ

以上「ハリガネサービス11巻」の漫画を無料で読む方法とネタバレとあらすじや感想を紹介しました。

最後に無料で読む前に各サービスの特徴をおさらいしますね。

アドセンス

アドセンス

-VOD電子書籍漫画

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.