ザ・ファブル

ザ・ファブル 222話 ネタバレと感想!画像あり「鳥肌の男」漫画無料はこちら

更新日:

週刊ヤングマガジンに掲載のザ・ファブル 第222話(2019年7月8日発売のヤングマガジン32号掲載)のに関する情報を若干の画バレで紹介します。

 

※ザ・ファブル 第222話「鳥肌の男」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

 

ザ・ファブル 222話ネタバレと感想

ザッ暗殺指令!!突発激解除お兄さんでございます

 

ボス「アキラおまえが山岡を殺れ」

 

ユーカリにアザミの殺しの師匠である山岡をプロとして消去せよボスの言葉が2人の鼓膜を震わす夜

 

ボス「そのお膳立てはこっちでしてやるお前は組織の仕事として働けプロとして」

 

アキラはボスからの電話を切る

 

ミサキ「何どうしろって?」

 

アキラ「アザミは聞こえてたか?」

 

アザミ「あー」

 

ミサキ「え、うそなに?」

 

アキラ「ミサキちゃんはここからは知らないほうがいい」

 

ミサキ「え?」

 

アザミ「シャワーでも浴びたらどうだ今日はまだだろ」

 

ミサキ「そうねそうする」

 

とミサキは風呂場に向かう

 

 

アキラとアザミ

アザミ「山岡を殺るのか?」

 

アキラ「そうだボスの命令だ」

 

アザミ「オレとの約束は?」

 

アキラ「状況が変わった人が死にすぎてる。山岡を止めるには消すしかない」

 

アザミ「・・・・・・そうだな」

 

アキラ「あー」

 

ホテルにいるユーカリと山岡

 

ユーカリは窓から街を見下ろす

 

後ろを振り返ると山岡が裸で拳銃を持って立っている

 

ユーカリ「いつシャワーから出たんだよ?」

 

山岡「もう2分さ」

 

カーテンを閉めるユーカリ

 

ユーカリ「きづかなかったよ」

 

山岡「ふっ前回お前と戦った佐藤アキラのことを考えていた」

 

ユーカリ「悪いなぶさまなことになっちまった」

 

山岡「おまえは悪くないオレも予想外だったんだ、相手があれじゃあ仕方がない

オレだって傷を負わされたんだアイツには数時間になんども驚かされた」

 

ユーカリ「アンタが驚くなんてそういうのは珍しいな」

 

山岡「だろ、まだあるぜ

アキラに何をされようが別に腹が立たないんだ~~殺るべきことをしただけの純粋さってヤツかムカつかないんだ」

 

ユーカリ「わかる気がするよ」

 

ユーカリ「なぁ山岡さんじゃあアキラはもういいだろ

それより問題はアンタだ表に出てボスに詫びを入れたらどうだ

拘束される前にこっちから出ようぜ」

 

山岡「拘束?ボスがオレを?

それはアザミがそうしたがっただけだ。本当はボスからオレの暗殺指令があったはずだ。

ボスがそんなに甘いわけないだろ、もう一つ言うならアザミもお前も甘すぎる」

 

ユーカリ「アンタに死んでほしくなんだよ俺たちは」

 

山岡「好奇心が勝って好き勝手かってるがコレでもオレはボスに感謝しているんだ
あの人がいなかったらオレはもっと早く死んでいた
ボスに殺られてオレという男がボスの記憶に残るそれでいいと思っていた
でもな今はアキラがいいアイツの記憶に残りたい
佐藤アキラに消された連中が羨ましいよ」

 

 

ユーカリ「だったら一つだけ教えておくよさっきアザミからメールが来てた」

 

 

山岡「それで」

 

 

ユーカリ「ボスの命令で佐藤アキラがアンタを消しに来るそうだ」

 

 

山岡「アイツ殺しの解禁になったのか?」

 

 

ユーカリ「そういうことだろ」

 

山岡「みてみろよ鳥肌がたったぜ」

 

怪人山岡が身悶えするほど歓喜する夜に闇を見つめる男が1人

 

オクトパスに住み込みもアザミは一人部屋で考え事をしているのだった

 

 

222話終了

 

223話へ続く

 

ザ・ファブル 単行本無料で読む方法

「ザ・ファブル」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

紹介登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでザ・ファブルのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『ザ・ファブル』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-ザ・ファブル

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.