ザ・ファブル

ザ・ファブル 179話 ネタバレと感想!画像あり「ピクっとくる女」

投稿日:

週刊ヤングマガジンに掲載のザ・ファブル 第179話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※ザ・ファブル 第179話「ピクっとくる女」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

ザ・ファブル 179話ネタバレと感想

 

 

<<オクトパス社内>>

オクトパスに戻ってくるアキラ「配達 終わりました」

ミサキ「お帰り」

社長「ご苦労さん」

ミサキがペンタブのタッチペンを落とし拾おうとしたが、アキラが素早く拾って渡す。

 

アキラ「はい」

ミサキ「あ・・・ ありがと」

アキラとミサキ

アキラと目が合ってミサキは頬を赤らめる。

 

その様子を見ていた社長(ミサキめ~ やっぱりアキラを意識しだしてるな・・・ ミサキは素直なぶん、ホントにわかりやすい

 

ただわからんのは、こっち(アキラ)・・・・ ホンマに何考えとんねんコイツ・・・・)

 

アキラが配達先の女の人からバレンタインのチョコを貰ったと報告。

 

そのことを利用して社長はミサキの感情を揺さぶりだす。

 

社長「でもアキラくん コレは君がもらったのやろ。アキラに気ィあったりしてなぁ~? どんな女の子からもらったのかね?」

 

アキラ「まあーどこにでもいるような」

 

ミサキはペンを止め、聞き耳を立てている。

 

社長はそのミサキの様子を観察して楽しんでいる。

 

アキラ「身長は142・3cmでしょうか?」

 

社長「なんかデジタルな分析だな」

 

アキラ「髪は後ろでくくり いつも笑顔がたえず 笑うと銀歯がチラッと見える60歳手前くらいの女の人でした」

 

年齢を聞いた途端、ペンを動かしだすミサキ。

 

それを見ていた社長(あっ ペンが動き出した! なんという、わかりやすい~!!)

 

バレンタインでミサキから貰ったことを思い出したアキラは

 

アキラ「あっ ミサキちゃん。サンマの塩麹漬け おいしかった ありがとう」

 

頬を赤らめるミサキ「あ・・・ いえいえ そりゃよかった」

 

ミサキを見る社長(そうかそうかぁ~ ミサキ おまえ? この照れ屋さんめ アキラにホレかけてるな? いやすでにホレたかぁ~!?)

 

アキラを見る社長(あとはイマイチつかみどころのないコイツ・・・・ アキラだけはホンマに何考えてるか、わからん~・・・!!)

 

<<山岡のアジト>>

 

倉庫の奥にあるカウンターにいるアザミ。

 

カウンター内ではユーカリが地下格闘技の男にデカイ鈴を首に付けていた。

 

アザミ「そんなもんどこにあった?」

 

ユーカリ「引き出しあさっていたら出てきたんだよ変態プレーの何かだろ」

 

ユーカリ「ホラ どうよコレ? わかってると思うが 次逃げようとしたら殺すからな~ そういう素振りが見えてもな~」

 

倉庫の真ん中にあるビリヤード台を指し

ユーカリ「あのビリヤード台がおまえの命のラインだ 一歩でも出てみろ じっくり後悔させてやる」

 

ユーカリ「足に2発モモに二発その行儀の悪いチンコとタマに一発ずつ鉛玉をくれてやる

そんなにうまく当たらないと思っているんだろう?」

 

地下格闘技の男「いや・・・」

 

ユーカリ「いいや思っているねまあ一般的には銃はそう当たらないと言われている」

 

でもなー脅しとして、ユーカリは銃弾をダーツのマトに当てる。

 

ユーカリ「手にマメができて、血が滲んでその上からまたマメができる ガキの頃から10年も毎日 そんな生活をしてると当たるんだよコレが~ ちなみにアザミは俺より腕が立つ! 走って逃げるおまえの大動脈を撃つだろうよ」

 

アザミ「ユーカリ、あんまり脅すなよ」

 

ユーカリ「その辺もしっかり そのポンコツの頭に入れとけッ!!」

 

 

<<ヨウコの家では>>

 

ヨウコは一人、キッチンで座って山岡を待っている。

 

窓の外に車のライトが光り、車が止まる。

 

外ではマツの運転で来た山岡が来ていた。

 

山岡が車から降りて、一人でヨウコの家に入っていく。

 

山岡が靴を脱ぎ、中を見るとキッチンには誰も居ない。

 

ヨウコは入り口の死角にある冷蔵庫の上に、フライパンを持って構えていた。

 

ヨウコは幼少の頃に見た山岡を思い出していた(『でもコレで計画通りだろ』 あの口の動きはそう言ってた という事は山岡が・・・ 家を燃やしてアタシの両親を殺した)

 

部屋に入ってきた山岡の死角から、後頭部めがけてフライパンを振り下ろすヨウコ。

 

 

179話終了

 

180話へ続く

 

【実話】寝てる姉にエッチなイタズラ

昨日初めて姉が寝てる時に悪戯しました。

普段は部屋に入ると目がパットひらくのに昨日は部屋に入っても開かなかった。

まず姉の部屋に用事があったので用事して部屋を出ようとしたら姉のイビキがグーグーと聞こえてきました。

いつもはイビキも寝息もない姉が…。

ふとカレンダーを飲み会だったみたいでそうと姉の顔に近ずけると酒を飲めない姉がなんと酒臭かったんです。

そして恐る恐る姉の唇を指で突きましたが起きません。

何故か僕はドキドキしてきて、姉の足元を見ると生足が布団から出てました。

そっと息を殺しながら僕は布団をめくったら、Tシャツにパンツです。

いつもならば上下長袖で長ズボンなのに今日は最高にそそりました。

そしてドキドキドキドキしながら太モモをツンツンしても起きません。

僕はゆっくりゆっくり自分の手を姉のアソコに当てました。

それでも23歳の姉はイビキをグーグーかいています。

僕は怖かったけど思い切って姉のパンツを横にズラしました。

ドキドキです。

そして僕の指をゆっくりゆっくり姉のアソコに挿入しました。

それだけでは物足りず、姉のアソコを舐ながら姉の足に精子を出しました…それでも姉はイビキをグーグーかいてました。

最高の一日でした。

またこんな日が来たら話します。

最後に姉は朝に風呂入るのでいつも僕がオカズにしてるパンティを貼っときます。

姉のパンツ

(別の日)

めっちゃ久しぶりに姉に悪戯しました。

昨日家に帰ると両親がいなくて、姉が寝てました。

しかもイビキかいてるし酒臭かったです。

これはチャンスと思い、最初は顔を触りましたが起きません。

布団をゆっくり、ゆっくりめくると、姉はいつものTバック!

俺あそこは我慢汁でビシャビシャ、心臓バクバク。

ゆっくり姉の太ももをさわりゆっくり、ゆっくりと姉のアソコに自分の手をもっていきました。

姉はまだイビキかいています。

俺はゆっくりパンツの上から姉のアソコを触りました。

触っているうちに我慢できなくなってパンツの横から指を入れたらめっちゃヌルヌル。

指を出したり入れたりしていると、自分アソコがビンビンで痛くなってきたので最後にパンツを横にずらして、舐めながら姉の布団にフィニッシュしました。

ちょっとしょっぱかったけど天国でした。お姉ちゃん愛してるよ。

今度は勇気を出して挿入したいです。

(また別の日)

久しぶりに姉に悪戯成功しました。

その話をします。

ある飲み物にある物を入れて姉が寝たのを確認して悪戯開始しました。

友達に例の物をもらったんですけどそれが最高でした。

何をしても起きません。

姉のアソコを速攻で舐めました、マジいい!

僕のアソコがビショビショ、姉のアソコもビショビショ。

僕はアソコ舐めるのが好きなでひたすら舐めました。

それでも起きません。

そして初めてのアソコの挿入!

ゆっくり、ゆっくり起きないように挿入しました。

興奮しすぎて、ミコスリハンでした。

しかも中だし。

ばれたら家族じゃなくなるやろな…。

そして朝を迎えました。

最近朝にお風呂に入ってないのに、今日は入ってました。

中だしが効いたと思われます。

例の物は最高!

またやります。

(また別の日)

昨日姉がまた酔っ払て帰っきました。

しかも玄関で爆睡。

友達か彼氏に送って来てもらったらしく、母親が男と喋ってました。

母親が

「〇〇ちゃん自分の部屋で寝なさい」

と言いますが、応答がありません。

チャンスとばかりにオカン俺が部屋に連れて行くと、2階の部屋に連れて上がりました。

部屋に着いた途端、姉が

「ありがとう」

と俺に言いました。

姉ちゃんが起きちゃった。

姉の部屋にパソコンがあるのでパソコンをいじるふりをしながまた寝るを待ちました。

部屋が暑いのでクーラーを付けたかったのですが、姉が暑いと服を脱ぐのを待ってたら、ビンゴ!

暑いとズボンを脱ぎはじめました。

俺はアソコがガチガチ。

それから30分たち、恐る恐る姉に近寄るといびきがかいてました。

キター!

肩をポンポンと二回叩きました、起きません。

姉は下半身パンツなので顔をちかずけるとおしっこのいい匂いがしました。

ゆっくりゆっくり姉のアソコ指でなぜました。

もう我慢できません!

パンツを横にずらし指を入れたらめっちゃ温かった。

アソコを舐めたくなった俺は寝てるのをもう一度確認し舐め舐めしました。

あとは舐めながら姉の足にフィニッシュ!

姉をもっともっとめちゃめちゃしたいです。

ごちそうさまでした。お姉ちゃん。

(また別の日)

とうとうバレました。

姉が酔って帰って来たので、部屋に入って一時間後に部屋にいったら爆睡でした。

いつもと違ってTシャツに短パンでした。

ドキドキしながらそうと顔を触ると起きません。

チャンスと思い、オッパイを触り、下半身に行きました。

短パンをはいていたので脱がすのわ難しいから横がアソコを撫で撫でしてたら、マジでアソコがパンツの上から糸引くぐらいビショビショになり、興奮した俺はパンツを横にずらし指を入れてゆっくり出し入れしてたら、今までないぐらいビショビショになり、興奮しすぎて、部屋にあった姉の口紅でアソコに出し入れしてたら奥に入れたら出てこなくなり焦った俺は何故か姉を叩き起こしててしまったのです。

そして姉が起き、姉は何がなんだかわからず、俺が抜けへんと言ったら、何がと姉が言いました。

俺は思わずアソコに指をさしたら姉が、何ー!!と叫びパニック状態!!

何が何だか姉はわかっていません。

「何したの!?」

と、俺に一言!!

何も言えない俺は黙ってたら、姉が

「うわっ」

と言い、

「あんたアタシにいらんことしたやろ!」

と言いながらアソコから口紅をアソコから取りだしました。

そして、俺の顔におもいっきり、ビンタ。

姉は俺に

「マジキモい死ね」

と部屋から追い出されました。

今さっき起きた事件です。

俺はこれからどうしたらいいのか……………

(また別の日)

姉が今日飲みに行こうと何故か俺を誘いました。

初めて二人っきりで飲みに行きました。

姉が最初にビールを飲みそのあとに酎ハイを二杯、カクテルを一杯飲み顔を真っ赤にしてトイレに行きました。

俺は〇〇〇を持って行ってたので姉のカクテルに入れました。

姉は何も知らず、少し酔った感じでトイレから出てきました。

姉は俺に

「これ飲んだら帰る?」

と聞いたので、〇〇〇が効いてくるうちに帰りたかった自分は帰るといい、イッキをして姉にも早く飲んでと急かして飲ませました。

帰りにコンビニ寄って家で飲もうと姉に言うと、酒の弱い姉がノリノリでした。

酒を買って家に帰り、俺の部屋で飲む事になり、飲んでたらトイレに行きたくなった俺はトイレに行き帰ってくると、完全に姉が俺のベットで寝てました。

そのまま一時間ぐらい放置して、いよいよ本番です。

姉はパジャマに着替えてたんですけどTシャツにホットパンツだったのでラッキーでした。

姉の顔に俺の顔を近付けけるとイビキをかいてました。

姉がかぶっていたタオルケットをズラそうと、太ももを触りアソコに手を伸ばしました。

めちゃ熱い!

そうっとホットパンツを横にずらしパンツの上から触り、顔を近づけて匂いました。

姉のアソコはマジいい匂いっす。

そしてパンツも横にズラし、俺の中指や人差し指で出し入れし、我慢ができなくなったので、姉のアソコゆっくりゆっくり舐め舐めしましたが、まだまだ起きない姉のアソコに今度はさっきコンビニで買ったジーマのビンを入れようとしました。

かなり入れにくかったのでまた舐め舐めし、指を入れたりしてたら、俺のアソコが我慢汁でパンツビショビショになってました。

そのビショビショになった奴を姉の唇にそうっとこすりつけ、もうガチガチで痛くなったので二回目の姉とのエッチにチャレンジしました。

その前にまた舐め舐め!

ゆっくりゆっくり姉のアソコに俺のアソコを近付けて入れようとしたんですが、完全に寝てる姉のアソコは乾きが早く俺の唾液を垂らし、ゆっくり入れました。

最高に気持ちよく温かいアソコ!

入れたり、出したり。

姉の顔見たらイビキをかき、口を開け完全に泥酔い状態。

腰をゆっくりふりながら姉の口の中に俺の唾液を大量に垂らしてやりました。

そうこうしてるうちにイキそうになったので姉の太ももにぶっかけてやりました。

横にずらした姉のヒョウ柄パンツは俺の唾液と姉の愛液でビショビショ!

まだイビキかいて寝てる姉の横で今から寝ます。

今さっきの事件でした。

ごちそうさまでした。

皆様おやすみなさい。

俺って姉に悪戯するなんて頭おかしいですよね。

こんな話ここでしかできません。

姉に悪戯できない時は毎日のように姉の丸一日履いてるパンツを洗濯機から漁ってシコシコしてます。

こんなことしてる人いますか?

たまに自分がキモくなります。

皆さんも色々話聞かしてください。

ダメだと思っててもやってしまいます。

完全病気ですよね

 

ザ・ファブル 単行本無料で読む方法

「ザ・ファブル」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

紹介登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでザ・ファブルのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『ザ・ファブル』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-ザ・ファブル

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.