ザ・ファブル

ザ・ファブル 174話 ネタバレと感想!画像あり「たわむれる男」

投稿日:

週刊ヤングマガジンに掲載のザ・ファブル 第174話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※ザ・ファブル 第174話「たわむれる男」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

ザ・ファブル 174話ネタバレと感想

<<山岡の隠れ家>>

二郎が使っていたアジトで、山岡の荷物をまとめていたマツ。

 

そこに熊のような男入ってきた

 

男「誰だ・おまえは?」

 

マツ「山岡さんの手の者や 山岡さんの指示で荷物を運ぶとこハンモックやらを」

 

男「そうか手伝おうか?」

 

マツ「え? あ・・・・ あ~」

 

お男は荷物一緒に片付ける

 

 

男「その写真は? またあの人の趣味か? その写真の中にアンタのもあるのか? 気をつけたほうがいい それは山岡が道楽で選ぶ死のリストだ」

 

マツ「わかってる。そういう事、話していいの? ずいぶん親切なんやな~」

 

男「仕事が仕事だから普段はなるべく、人に優しく気遣いを持つようにしている。それがいい隠れ蓑になるからな~ まさかあの人がってヤツだ」

 

男「それよりアンタ 死相が出てるぞ ネガティブになりすぎなんだよ 死相を自分で作ってる。俺はそうゆうのに勘がいい もう少し楽に考えたほうがいいぞ~」

 

マツ「そうやな・・・・」

 

<<ミズノの隠れ家>>

 

水野から奪ったアジトではユーカリはダーツを、山岡はビリヤードをしている。

 

ユーカリ「なあダーツってなんでこういう構えなんだ、こんなもんうまくなったって何の役にも立たないだろ?」

 

山岡「そりゃ競技だからだろ」

 

ユーカリ「投げ方といいお嬢様の競技かよ。身につけるならこうだろ早く鋭く深く刺す」

 

そういってユーカリが投げたダーツは置くまでダーツのボードに食い込む

 

山岡「そういうのを職業病っていうんだよ」

 

と話しているときに・・・

 

アジトにマツと男が入ってきた。

 

男「よォ~ いいアジトじゃねか!」

 

ユーカリ「あれアキラ日じゃなかったっけ?」

 

男「段取りが良かった早く帰れるに越したことはないだろ」

 

山岡「タイミングよくマツに会えてよかった」

 

男「アジトの住所は聞いてないからな」

 

山岡「とりあえず休め!」

 

いきなり男は山岡にフィンガージャブを放つ。

 

山岡は頭を傾けて避け、ビリヤードのキューで突き返す。

 

男はジャブを放った反対の手のひらでキューを受ける。

 

山岡「よ~し。マツ ビールだ! 再会にカンパイしよう]

 

 

山岡「それより腹減ってんだよマツ中華でも取ってくれ」

 

男「中華はもういいって」

 

ヨウコの家では

アキラがヨウコの家に入ってきた。

 

ヨウコ「あ 来た来た! どうせヒマでしょ!

カレー食べる? アキラ日 バレンタインだし、タコちゃんにチョコ渡しといてよ」

 

椅子に座るアキラ「わかった」

ヨウコ「最近、真黒組静かね~・・・・ クロちゃんや海老原さんからなんか聞いてる?」

 

アキラ「いや おまえが気になってるのは真黒より山岡なんやろ?」

 

アキラ「山岡ってのは子供の頃、一回会っただけやろ? どうしてそんなに気にする」

 

ヨウコ「両親が火事で死んだ時・・・ショックでしばらく少し記憶障害があったけどいろいろ思い出すのよ。あの時の光景・・・ アタシ記憶力ハンパないから~」

 

子供の頃に見た山岡の唇の動きを思い出すヨウコ「山岡に会って確かめたい事があるの」

 

174話終了

 

175話へ続く

 

 

【実話】泥酔した妹を介抱した

俺には4つ年下の妹がいる。

昔から俺の事が大好きで、もしかしたらブラコンなのかもしれない。

そんな妹だが、大学生になり彼氏もいるらしい。

よく分からないのは俺が1人暮らしをしてて、あんまり妹と会話をしてなかったから。

そんな妹が最近になってちょくちょく遊びに来るようになった。

酔っ払って帰ると親が怒るという理由なんだが、多い時は毎週やってくる。

彼女が泊まりに来てたりすると妙に敵愾心丸出しっていうか・・・

そんな妹と先日おかしな事になりそうでした。

金曜日の昼にメールがあって、今日おそくなったら泊めてね!と言ってきた。

彼女も来ないから別にイイよと言っておいた。

妹が来たのは23時過ぎ。

俺は風呂にも入ってTV見ながら酒呑んでた。

予想通りやってきた妹は酒臭い。

ちょっと呑み過ぎたのかいつも以上にテンションも高めで酔ってるっぽかった。

妹が来るとベッドソファーをベッドにして提供する。

いつもそうだから用意してやった。

妹はテンション高めのまま風呂に入り、1時間近く経っても出てこない。

「おい?大丈夫か?」

と声を掛けても返事が無いから、仕方なく扉を開けてみた。

そしたらなんと、全裸で寝てやがる。

この時初めて大人になった妹の体を見たんだが…これがまた凄くヤバいほどイイスタイル。

真っ白な肌に薄ピンクの乳輪、胸は確かDカップだとか言ってたけど、ブルンブルンな感じ。

いかんいかん!と思い、バスタオルを体に掛けて

「おい!起きろよ」

と声をかけた。

何度目かの問い掛けに反応した妹は、俺に全裸を見られた事なんてどうでもイイみたい。

唸りながらバスタオルを体に巻き付け、ベッドへと歩き出した。

ドカッと横になってタオルを巻いたまま横になった妹。

髪がびしょ濡れだから慌ててタオルを頭に巻いてやり、腕とかを拭いてやる。

間近で見る肌が猛烈にキメ細かい綺麗な肌でビックリだった。

ダメだと思いつつムラムラしてくる自分が怖くなり、さっさと足も拭いて布団をかけてやった。

もう妹の体や肌の綺麗が脳裏に焼き付いて、テレビを見てもネットしてても集中できない。

もう少しなら・・・とか変なことまで考えちゃう始末。

悪魔と天使の葛藤が2時間以上も続いた。

そしたら突然妹が起き上がって、

「トイレ・・・」

とよろめきながら歩きだした。

「お前危ねぇ〜ぞ」

といった瞬間、目の前でバスタオルがはらりと…もう思わず何も言えず目が点。

妹は下を向いたまま壁伝いに歩いているんだが、その姿は全裸そのもの。

真っ白で美巨乳の体に、なんと下半身はパイパン。

えぇ〜っ?!と思わず凝視しちゃうほどビックリした。

普通に割れ目が丸見えだし、ツルツルのパイパンだったから。

しかも何度もよろめいて歩くもんだから、小さなビラビラまで見えちゃう状態。

さすがにこれは見ちゃいかん!と思って上半身に目をやるのだが、そこには揺れる美巨乳。

手を出せないでいる俺の横をすり抜け、トイレに入っていった妹。

ぶっちゃけ俺の下半身にはしっかりと反応があった。

思わず頭を掻き毟ってしまうほどの罪悪感というか申し訳ない気持ちというか、変な感情で軽くパニくってしまった。

妹に欲情してどうする!と自分に叱咤したが、裸体とパイパンマンコが忘れられない。

ガタンガタンとトイレで音がするので現実に戻り、声を掛けながら扉の前に。

「大丈夫かぁ〜」

と扉を開けると、便座に突っ伏してる姿勢で座ってた。

もうダメだ・・・と

「吐いてるのか」

と声を掛けながら、後ろからマンコを覗いてしまった。

妹は唸っているだけで反応しないもんだから、そのまま覗き込む最悪な俺。

薄茶色のアナルも丸見えだし、小さなビラビラのマンコも丸見え。

ピッタリ貼り付く様に閉じられた妹のマンコをガン見してしまった。

やめろ!という感情は消し飛び、どうにか開けたマンコが見たくて仕方がない。

「起きろよ、風邪ひくから」

と声を掛けながら、両手でケツを持ち上げた。

立たせようとして持ち上げたように見せかけて、両手で左右に開く感じで。

脱力している妹は重たく、立たせるのを断念したかのように見せかけまた覗き込む。

今度は若干開かれたマンコが丸見え。

尿なのか汁なのか分からんが、少し出てるみたいでテラテラと光ってる。

薄赤くなったビラビラの中が見え、皮が被ったクリトリスも見えた。

でもやっぱり暗くてよく見えない。

最悪な俺は、部屋にあったLEDの懐中電灯を持ってきた。

手に持って覗くわけにもいかないので、斜め後ろの離れたとこに点灯させて置いた。

声を掛けながら覗き込むと・・・もう明るい光に照らされたアナルとマンコが丸見え。

そんな妹の下半身を覗き込んで、俺のチンコはギンギンになっていた。

ガン見してたら突然

「ウゥゥゥ・・・・」

と妹が呻き、

「んぅぅっっ!」

と前つんのめりになった。

ケツも自然と上がるもんだから、目の前にはパイパンマンコとアナル。

白々しく

「吐きそうか?」

と言いながら、体に触ってみた。

背中を摩るようにしながら腰を摩り、グイッと両手で皮膚を上に引っ張り上げてみた。

そしたらなんと・・・目の前にあるマンコがパックリ口を開き、妹のマンコが丸見え。

一瞬だったけど後ろに置いた懐中電灯のお陰もあって、かなりの明るさで丸見えになった。

しかも毛が無いもんだからね。

膣穴や入口あたりのピンク色のお肉も…チンコをギンギンにさせながらこんな事して、ホント兄として最悪だと思う。

この時も性欲と罪悪感が戦いまくりだった。

苦しそうな声を出す妹の声で我に戻った俺は、バスタオルを体に巻いてやった。

それから30分以上もトイレに入っていた妹。

やっと出てきた時もフラフラして全裸。

そのままベッドにゴロンとなりオッパイ丸見え。

ホントに意識が無いのか、もしかしたら半分ぐらい意識があるんじゃないか。

そう思いながらしばらくそのままにしておいた。

妹は寝息を立て始め、普通に寝てるっぽい。

散々脳内で葛藤を繰り返してた俺。

でも性欲に負けました…。

近寄って思わず触れるか触れないか程度に乳首を撫でてみた。

柔らかかった乳首がドンドン堅くなっていって、すぐにコリコリの乳首に変身。

ゆっくり指の腹で回すように撫でていると

「はぅっっ・・・」

と妹が声を出した。

思わず仰け反るように離れたが、妹は寝ているっぽい。

この声でまた我に帰り、煙草を吸って落ち着かせた。

やっぱり妹だしな・・・と自分に言い聞かせていると、今度は妹が凄い体勢になりやがった。

掛けてあげていたタオルケットを剥ぎ、右足を大きく開いてあぐらをかくような角度に曲げたわけ。

少し離れた場所で見ていたんだけど、大股開き状態だからマンコが丸見え。

コイツは何してんだよ・・・とまた葛藤と挌闘。

最後に一回だけ・・・これが最後・・・と近寄った。

斜め後ろに座るとマンコが丸見えだったが、手が少し邪魔をしてる。

手をどけようかと思ったんだが事件はそこから始まった。

なんと大股開きの妹が、寝息をたてながらマンコをイジり出したから!

(うわぁ・・・マジかよ・・・)

と固まった俺。

完全にオナるように、クリとかグリグリ擦りまくりなんだもん。

何度かに一回膣穴辺りにまで指を滑らせるんだけど、メインはクリトリスをイジる動き。

完全にパニックでしたよ。

起きててわざとやってるんじゃないかとか、これは俺を誘ってるのかとか、昔の妹の姿とか思い出とか・・・

もどうにかなりそうな感じになった時、いきなり俺の携帯が鳴りやがった。

おう!と思って慌てて手に取ると、最高のタイミングで彼女からの電話。

もうかなりの深夜だったから変に思って出てみたら、なんと彼女も酔っ払ってた。

「もしもしぃ〜〜寝てたぁ〜〜〜?」

と彼女もハイテンション。

寝てないよ、妹が泥酔してて困ってるんだよ、とか喋っていると、妹に動きがあった。

普通に目覚めたらしく、ずり落ちたタオルケットを拾ってる。

わざと俺はそれに気が付かない振りして、見ないようにしながら会話してた。

「妹が風呂場で寝ちゃってさぁ〜、全裸でさっきはトイレで潰れてたんだよ、今は寝てるけどね・・・」

と妹に聞こえるようにわざと喋ってやった。

彼女とは10分ぐらい喋って電話を切った。

振り向くと妹はタオルケットに包まって丸くなり、俺の方を見てた。

「起きたか?」

「うん・・・気持ち悪い・・・」

「とりあえず洋服着たら?」

「ゴメン・・・どこにある?」

「多分風呂場じゃない?」

「おにぃ・・持ってきて・・・」

仕方ねぇ〜なぁ〜と持ってきてやると

「後ろ向いてて!」

と強めの言い方。

その後の態度とかを総合すると、妹は完全に意識は無かったみたい。

オナニーし始めた事も俺に見られた事も分かってない。

俺に全裸を見られたかも?っていう恥ずかしさがあったみたいで、なんとなく余所余所しい態度だった。

ホント何もしなくて良かったなぁ〜と改めて思うよ。

次の日からまたいつも通りの態度になってたからね。

妹とか姉とかがいる人で変な事を考えちゃってる人、思いとどまった方がマジでイイと思う。

その一線を越えたら・・・いやぁ〜俺も完全に危なかったんだけどねw

 

ザ・ファブル 単行本無料で読む方法

「ザ・ファブル」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

紹介登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでザ・ファブルのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『ザ・ファブル』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-ザ・ファブル

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.