ザ・ファブル

ザ・ファブル 172話 ネタバレと感想!画像あり「登山家の男」

更新日:

週刊ヤングマガジンに掲載のザ・ファブル 第172話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

 

※ザ・ファブル 第172話「登山家の男」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

 

ザ・ファブル 172話ネタバレと感想

マスター「河合にヨウコそしてその兄、さー役者はそろった今夜も熱い酒になりそうな…」

 

 

河合「ヨウコちゃんも来れたらよかったのに一緒に飲みたかったな」

 

ヨウコ「えーあたしも、あーワクワクしてきたわ」

 

 

ヨウコ「伝説の殺し屋と最強のヤリチンのツーショット、河合君あなたって人はいつも私をドキドキさせてくれるのね」

 

ヨウコ「兄もあなたみたいに頼りがいがあれば彼女だってできるのに」

 

 

河合「あーそうなのお兄さん彼女いないのか、じゃ俺の女友達を紹介しようか、大丈夫俺がアドバイスするから大丈夫」

 

アキラ「はいまた今度」

 

 

河合「ダメダメ男はたまには強引さも大事よ、彼女ほしいんやろ?」

 

ミサキ「佐藤君そういうのは苦手やから無理言ったらアカンよ」

 

 

ヨウコ「河合くん兄は社交的なことが少し苦手なの?」

 

河合「えーでも彼女いたら楽しいよ、お兄さんとは気が合いそうだし何かしてあげたいの」

 

 

河合「ほら、今夜は俺がおごっちゃうしぃ」

 

ヨウコ「でもなんだか楽しい離れていても河合君と私も一緒に飲んでいるみたい」

 

 

河合「うっそうやね」

 

河合「マスター俺からもヨウコちゃんに何か一杯」

 

 

マスター「はいテキーラねぇ」

 

マスター「ドランククイーンよ、何をたくらんでいるいったいどうしようというのだ一人だけこの場所にいないのにヨウコはどういう酒の楽しみ方をするというのだ」

 

 

河合「はいヨウコちゃんテキーラみえる」

 

ヨウコ「わーありがとう一緒に飲んでいるみたい」

 

河合「そう俺はドラマチックな演出ができる男、この気の回しが女をベットで誘う基本中の基本」

 

 

ヨウコ「じゃあ、あたしもテキーラ飲むね」

 

そういうとグラスでテキーラをぐいっと飲み干す。

 

ミサキ「そういえば社長とテキーラ飲んでいた」

 

ヨウコ「レモンもあるの、ちゅっとレモンを吸う」

 

ヨウコ「河合君も一緒に飲んで」

 

 

マスター「なるほどそういう戦い方もあるのか~ヨウコめみごとに河合を遠隔操作している」

 

 

マスター「兄はそれを無表情で見ているだけ、なんやコイツ」

 

 

ヨウコ「なくなっちゃったわー」

 

河合「いや大丈夫一緒に飲もうよ」

 

マスター「はい、テキーラね」

 

河合「お兄さんも一緒にテキーラ行く?」

 

アキラ「いや僕はビールで」

 

河合「ミサキちゃん」

 

 

ミサキ「仕事中にテキーラとか無理無理」

 

 

ヨウコ「いただきまーす、こうして河合君とまた一緒に飲めてうれしい」

 

 

マスター「河合、油断するなちゃんと考えて飲め」

 

ヨウコ「熱くなってきちゃった」

 

 

河合「そう?よかった、おお~ヨウコちゃんの胸が」

 

河合「よ、よし、ここはひとまずマスターと組んで」

 

 

マスター「レモン、テキーラ一丁」

 

河合「マスター水にして」

 

マスター「なるほど前回よりは、学習している、ハイテキーラね」

 

ヨウコ「きゃあああ」

 

河合「よしじゃあいっしょに飲もうか、カンパーイ」

 

ヨウコ「カンパーイ」

 

 

河合「うっコレテキーラ??」

 

マスター「あ~ヨウコも飲んでいるフェアに行こう河合君」

 

 

酒が飲み続けて

 

ヨウコ「イエーイ!テキーラ20杯目」

 

河合「い…いえーい」

 

マスター「デジャブや前回と全く同じ流れ、またウンコ漏らすぞ」

 

ミサキ「ねえ大丈夫?」

 

河合「大丈夫~余裕~ね~ヨウコちゃん~」

 

ヨウコ「そうよ河合君はタフなのー病弱な兄にジムだけで鍛えた筋肉を見せてあげて」

 

河合「どうホラ男はこうでないとぉといい力こぶを見せる」

 

ヨウコ「ステキー」

 

ミサキ「すごーい」

 

河合「兄さんいい?男の強さというのはねぇチンピラに絡まれても」

 

 

河合「うっ」

 

ヨウコ「機能停止、吐くの?」

 

河合「うっちょっとトイレ」

 

 

ヨウコ「お兄ちゃん心配なの私もトイレに」

 

アキラ「なぜ!?」

 

マスター「河合君大丈夫?出る問全部出しなさいよ、ウンコもね」

 

河合「オエゲオオオオオエー」

 

ヨウコ「大丈夫、大丈夫、河合君!?」

 

 

ヨウコ「あたしの声も届かない全力のこの叫び、まるで山奥で1人けがを負った登山家のような…」

 

 

お兄ちゃん席で帰りを待ちましょう

 

アキラにテレビ電話で指示をだす

 

 

ヨウコ「もう少し右…そうそこでとめて」

 

ヨウコ「さあトイレから出てくるわよ、天才登山家ペ・ダイヨチャが来る、どんなふうにどういったスタイルで下山するの?」

 

※ヨウコは酔っぱらった男がトイレから千鳥足で出てくるのが大好きなのである。

 

 

ヨウコ「来たーこける、こける?あっつかまった、かなり足にきてるわ」

 

ヨウコ「まるで崖に岩に張り付いているような緊張感、さあどうするのどう帰還するのペ・ダイヨチャ」

 

ヨウコ「全力で全力で考えた、AルートとBルートあるけどさーどっちを選ぶ」

 

 

ヨウコ「きたああ、なんて事なの未知のルートを選んだわたまらないわ、あやっぱり店に行けばよかった!」

 

河合「ヨウコ、ヨウコ」

 

ヨウコ「あーどうしようう呼ばれてる、生でみたい今からでも間に合う」

 

 

ヨウコ「あー崖から滑り落ちる踏ん張るの何かに捕まって、それはムリおしぼり入れよ!」

 

ヨウコ「ダイヨチャ!!」

 

マスター「誰やねん?」

 

机から崩れ落ちる河合…

 

 

マスター「アカンやっぱり急アルや」

 

ヨウコ「あ、タクシー」

 

マスター「いや救急車」

 

客「なんか臭い」

 

 

えー

これってまさか

 

 

マスター「今回も勝負あったかドランク・クイーン・ヨウコの見事な遠隔操作!」

 

マスター「世紀のプレイボーイ河合ユウキ二度目の惨敗そして二度目の大脱糞」

 

 

マスター「言わせてもらおう、男と女、騙し騙され恋だの愛だの夜の酒」

 

 

172話終了

 

 

ザ・ファブル 173話 ネタバレと感想!画像あり「15分10万円の男」

 

 

ザ・ファブル 単行本無料で読む方法

「ザ・ファブル」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

初回登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでザ・ファブルのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『ザ・ファブル』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-ザ・ファブル

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.