ザ・ファブル

ザ・ファブル 144話 ネタバレと感想!画像あり「ハンモックの男」

更新日:

週刊ヤングマガジンに掲載のザ・ファブル 第144話に関する情報を若干の画バレで紹介します。

※ザ・ファブル 第144話「ハンモックの男」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめています。

ザ・ファブル 144話ネタバレと感想

海老原「ルガーP08」

 

アキラ「ドイツの銃か?やたら部品が多いな」

 

組長「ちょっとバラしすぎてな」

 

海老原「元に組めるかアキラ?」

 

組長「ついでに手入れまでしてくれたらありがたい」

 

部品をみる佐藤アキラ

 

アキラ「まあ無理やな」

 

海老原「はぁおまえプロやろうが」

 

アキラ「俺は銃の組み立てのプロじゃない部品が多すぎる上に古すぎる、仕事で使う銃じゃない」

 

アキラ「ヨウコはどう思うコレ?」

 

微動だにしないヨウコ

 

アキラ「ダメだ寝てる」

組長・海老原「ええっ」

 

組長「目ぇ開いているけどな…」

 

アキラ「おーいヨウコ」

 

ヨウコ「え、あ」

アキラ「どこまで聞いたか話わかるか?これ」

ヨウコ「ええ大丈夫レモンは切ったらまだあるから」

アキラ「そうか」

 

海老原「ルガーの話しようや」

ヨウコ「そうルガーよねバラバラにしちゃったのよね、やたら部品が多いわよね」

アキラ「お前ならこれ組めるか?」

 

アキラ「寝不足のようで」

 

組長「すごいなこれで寝ているのか、こんなハッキリ目ぇ開けて寝るやつ始めてみたわ」

 

アキラ「このルガー預かろうか?ヨウコなら組めるかも」

海老原「どうします組長」

 

組長「本当はこんなの立場上頼んだらアカンのやが迷惑でないならとりあえず預けてイイか?」

 

アキラ「ええ~」

 

組長「あと小島のゴタゴタに巻き込んですまんかった迷惑かけた」

アキラ「いえ全然俺には散歩みたいなもんで」

組長「くくく、そうか君にはそうかもな、街にも慣れたか?うちのクロが可愛がってもらっているらしいな」

 

アキラ「はいクロちゃんには良くしてもらっています」

 

海老原「黒のアホはお前に憧れて殺し屋になりたがっている、やが俺も組長ももちろんそれには反対や」

海老原「仲良くしてくれるのはいいがクロと付き合ううえでそこは頭においといてくれ」

 

アキラ「わかっている」

 

ヨウコ「おとーさん おとーさんの」

 

海老原「えっなに?」

 

ヨウコ「おとーさん」

 

海老原「それじいさんや」

 

組長「寝言か?」

 

組長「まあクロがなついてんなら佐藤君の手足で使ってくれたらいい、アイツなりに学べることがあるかも知れん」

 

海老原「これもそのあれか、目を開けて寝る訓練的な事とかあったのか?」

 

アキラ「さあ俺はなかった、俺もヨウコもボス直系の人間ってだけで」

アキラ「お互いどんな訓練をしてたのか知らないし、そもそも組織がどういう形なのかも知らない」

海老原「完全分業体制にしているわけやな?ほな同じ組織の者と町ですれ違ってもわからないのか?」

アキラ「あー俺もあっちも気が付かないはず、ただーんって感じる事はあるかも」

 

二郎の現在のアジトのマンションにやってきたマツ

マツ「二郎さん自転車と金持ってきたよ」

 

マツ「入るよと部屋に入る」

 

するとハンモックに寝そべる山岡の姿が…

 

山岡「ご苦労さん」

 

マツ「山岡さん…」

 

 

144話終了

 

ザ・ファブル 145話 ネタバレと感想!画像あり「年の瀬の男」

 

ザ・ファブル 単行本無料で読む方法

「ザ・ファブル」の電子書籍は1冊648円なので、music.jpは初回登録で961ポイント貰えます。

 

初回登録のポイントを利用して、1冊分を完全無料で読むことができます^^

 

⇒music.jpでザ・ファブルのコミックスを無料で読む

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みで立ち読みできるのでまずここで読んでみる面白そうだと続きが気になったらmusic.jpでコミック1冊サクッと無料で読むのというのもいいんじゃない!

 

⇒eBookJapanで『ザ・ファブル』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-ザ・ファブル

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.