マンガネタバレ

DEAR BOYS ACT4 ネタバレ 7話・感想 画像あり

更新日:

 

DEAR BOYS ACT4 第7話(2019年04月06日発売の月間マガジン4月号号掲載)のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事ではDEAR BOYS ACT4編最新話に関する情報を若干の画バレありで月間マガジン発売当日?翌日に毎週更新しています。

※DEAR BOYS ACT4 第7話のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ。

DEAR BOYS ACT4 7話ネタバレと感想

青山のDFを破った柏木の3Pプレイ!流れは傾くのか?

 

柏木はフリースローも決めて調子に乗る

 

柏木チーム3-0青山チーム

 

ナイッシュウ柏木!!これで3pプレイ成立だ!

 

2年「なにが3Pプレイだよあんなスキを付いたずるいシュートで

軽々しく歩先輩のまで話してんじゃねーぞ

俺たちのDFを攻略したと思っているのか?」

 

ここでカウンター前にいる青山に鋭いパスが入る

 

柏木「しまった!!」

 

多岐川「一瞬のすきを逃さずに狙うのがバスケでしょ、

青山先輩ならそんな言い訳は口が裂けても言わないですよね」

 

2年「そっくりお返ししてやれ」

 

青山が多岐川に1ON1を仕掛ける

 

 

青山「残り一分弱で3店をひっくり返すにはシュート2本が必要なんだ

だからも形なんてどうでもいい、とにかく天を取らないと始まらない」

 

青山シュート来たぁ

 

エイサク「うまいブロックせずに圧力だけでシュートミスを誘った

やはり多岐川司だな・・・」

 

多岐川が青山を止めてリバウンドも制する

 

 

エイサク「あいつは今のDFもそうだがチームが苦しい局面に陥ると必ずそこに顔を出してる

それはOFのときもそうだしいわゆるオフザボールの動きが抜群にうまい

スクリーンプレイで柏木が攻めるときは、

いかにも自分にパスをくれと言わんばかりに全速力で逆サイドを走り囮になる

カバーになるDFはどちらに対応していいか迷いどっちつかずのポジションをとらざるをえなくなる」

 

 

チャー「ふふーん」

 

柳本「バランサーってやつね」

 

エイサク「本当にいい相棒になってくれたもんだよ多岐川は

あいつなしでは今の柏木柊は存在していないだろうからな」

 

チャー「だんだん記憶がつながってきたよ、光中で3年のときに

歩ちゃんが説教した生意気な一年が柏木柊ってことか」

 

柳本「入部したときからやたらと尖っていて孤立して

周りに人を寄せ付けない空気をバンバン出していたよな」

 

 

エイサク「なのにこの多岐川だけは違ったみたいでさ」

 

 

3年前の湘南光中

柏木柊は全体練習が終わってシュート練習を一人でしていた

そこに多岐川がやってくる

多岐川「練習好きだよね、けど一人でシューティングするより

パス受けて実践的な練習のほうが試合では使えると思うよ」

柏木「なんだよお前は、いきなり」

多岐川「たぶん柊は練習相手がいないだろうから俺が毎日パスするよ」

柏木「はぁふざけるななんでお前と一緒に練習を意味わからないし」

多岐川「さあ始めるぞ」

柏木「人の話聞けよな」

 

 

エイサク「なにがあったのか知らないが孤立していた柏木がいつも多岐川と一緒にいるようになって

明けても暮れても1on1をしていたのは覚えているよ」

 

チャー「それが今やこうして湘南台相模で才能を開花させちゃっているわけだ」

 

エイサク「あれから3年立ってな」

 

柏木「森いつでも合わせられるようにしておけ、多岐川はゴールしたにいろ

いけるぞこの攻撃で一気に流れをものにできれば俺たちは勝てる

いまだハイポスト」

 

 

森にパスが入る

 

青山「馬鹿野郎何簡単にポストに入れさせているんだよ

 

素人にやられたら勝てるもんも勝てねぇだろうが」

 

 

森は軸になってパスを柏木にリターン

 

それを受け取り柏木シュート

 

青山が必死に食らいつく

 

ピシッ

 

あお青山の指がかすった

 

シュートはリングにあたって入らない

 

落ちたぁ

 

リバウンドを2年が奪う

 

 

青山「まだ行ける」

 

柏木柊の才能を追い出して苦労人青山の周年がボールに乗り移ったんじゃね

 

監督「残り20秒」

 

青山に速攻のパスが行く

 

2年「今度こそ決めろよ青山」

 

青山がシュートにいく

 

柏木も必死にブロックする

 

タイミングドンピシャ1年にコースを塞がれた

 

どうする?

 

青山が体を捻りダブルクラッチ

 

だが無常にもボールは、リングにあたって弾かれた

 

入らないのか

 

2年「諦めてんじゃねえぞ青山もう一度奪ってもう一回攻めるんだ」

 

リバウンドに飛ぶ2年

 

しかし森が後ろからおおおおお

 

リバウンドに飛んでくる

 

森がるバウンドボールを奪う

 

柏木「森!!」

 

多岐川「ランニングリバウンド」

 

森「取れたついに取れたぞ」

これで勝てる・・・

 

浮かれている森に青山がスティール

 

そして奪ってすぐにシュート

森「やばいとすぐに飛びつく」

 

森のファールを誘って青山のシュートが入る

 

バスケットカウントワンスロー

 

チャー「先輩の執念3Pぷれいをやり返したぞ、一年の森いいリバウンドしていたけどなぁ」

 

青山「轟先輩このしつこいプレイを諦めずに続けていけばいいんですよね、俺は」

 

森「ちくしよう俺はなんてミスをしたんだ残り10秒ボールをキープすれば勝てたのに・・・俺は俺は」

 

柏木「森、まだゲームは終わっていないんだぞ最後まで勝つことだけ考えて戦え俺たち3人で絶対に勝ちきるぞ」

森「柏木・・・」

 

ここで7話終了

 

8話に続く
 

DEAR BOYS ACT4 単行本無料で読む方法

「DEAR BOYS ACT4」の電子書籍は1冊453円なので、U-NEXTの無料トライアルを利用してポイントで1冊読むことができます。

 

U-NEXTで今すぐ漫画を無料で読む!

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みできますのでこちらもオススメですよ♪

 

⇒eBookJapanで『DEAR BOYS ACT4』全巻を立ち読みする

アドセンス

アドセンス

-マンガネタバレ

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.