マンガネタバレ

DEAR BOYS ACT4 ネタバレ 4話考察と感想・画像あり

更新日:

DEAR BOYS ACT4 第4話(2019年01月04日発売の月間マガジン1月号号掲載)のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事ではDEAR BOYS ACT4編最新話に関する情報を若干の画バレありで月間マガジン発売当日〜翌日に毎週更新しています。

※DEAR BOYS ACT4 第4話のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ。

DEAR BOYS ACT4 4話ネタバレと感想

東海大相模の体育館で話す記者奥村

 

記者奥村「哀川和彦の再来と言われているようだ、奴の背負っていた瑞穂の7番を受け継いで早くもエースに君臨だってよ」

 

奥村「おっ食いついてきたね、布施歩くん」

 

奥村「名前は、京凌駕!今年の4月に瑞穂に転入してきた2年生だ」

 

柳本「京?そんな名前聞いたことないよね!?歩」

柳本「哀川バリだっていうなら知らないわけないと思うけど」

 

奥村「そりゃそうさデータなんて日本のどこにも存在していないんだから、京の今までのキャリアはアメリカで築かれたものだよ」

 

アメリカ!?

 

奥村「インサイドもアウトサイドも自在にこなす、そのバスケセンスはまさに哀川そのもの」

 

布施「まさかあんなバケモノが二度と現れるわけがな」

 

奥村「いやヤツハ天才哀川和彦を超えるモンスターかもしれない」

 

布施「超える?」

 

奥村「なぜだと思う!?哀川より20cmデカい195cmであのバスケをやるからだよ」

 

 

※瑞穂高校に変わり横須賀商との練習試合

ふおおおお!また来たああああ凌駕ダンク、ナイッシュウ凌駕!!

 

1Qでもう30点差ついたぞ

 

月間バスケット榊原

 

榊原「今私が見ているのは現実なのか、これが195cmの日本人の高校生の動きだというの!?目の前の背番号7から目をはなす事ができない」

 

また7番にパスが入ったぞ

 

榊原「驚異的な跳躍力だけじゃないスピードいえプレイのキレクイックネスが尋常じゃない」

 

ダンクにスリーポイントを決める凌駕!

 

榊原「3Pまで決めてきた、小さな体を限界まで駆使して奇跡を見せてくれた、あの哀川和彦のバスケットをまったく体格の違う195cmの高校生が私に見せつけてくる、まさに神に選ばれし者…」

 

榎本「のやろお凌駕、また1on1勝負をしやがって瑞穂のバスケは基本チームプレイなんだよ」

 

榎本「いいかあ格下相手だからって雑なバスケをしてたらそれがいつかあだになるんだぞ」

 

ニヤリと笑う凌駕

 

榎本「なんなんだよその無垢な笑みは舐めてんのか~」

 

トウヤ「まあまあいいじゃない榎本!いいじゃないのと2人の肩を叩き、二人とも仲好くなぁ俺がまとめて面倒見てやるから」

 

榎本「トウヤさん!!」

 

榎本「凌駕に今度やったら殺すからな」

 

榊原「2年生でまだまだ荒削りな上にプレイには波はあるけど、そんなことなどどうでもいいってくらいの圧倒的な存在感!!」

 

榊原「これは荒れるわねぇ…神奈川県予選、覚悟はできている布施君・・・」

 

 

※湘南台相模の体育館

奥村「勝利を義務付けられている湘南台相模にとってインハイ予選直前にPGのエース離脱という不測の緊急事態をどうやって乗り越える布施歩」

 

神奈川NO1プレイヤーとしてチームをどう導くのかとくとみせてもらうぞ…

 

そしてPG選抜試験の日がやってきた試合は2年から3組と1年から1組の計4チームの総当たり戦で争う事に

2年生「青山チーム・大友チーム・久保田チーム」
1年生「柏木チーム」

 

湘南台相模監督「インハイ予選前の追い込み練習後に会えて試験を行うのは体力的に一番きつい状況下でいかに局面を打開できるかそこを見極めたい」

 

監督「PGはボールを運ぶだけではなくシュートを打ちそしてゲームも作る…まさにチームの司令塔!すなわちこの試験は湘南の命運を握る者を選ぶという事だ」

 

監督「なおPGだけではなくすべてのポジションについてもこの試験結果がレギュラーにつながっていると考えて各々望んでほしい3年生に対しての下剋上大いに結構だぞ」

 

布施「試合は俺たち3年が順番に審判をする、第4Q残り5分10点ビハインドの想定だこの緊迫したシチュエーションでなにが大事でなにをしたらいいのか自分で考えてゲームを作ってみろ死ぬ気でポジションを獲りに行け始めろ!]

 

 

青山VS久保田のチームが戦う

久保田「第1候補は青山かもしれないけどさ元々PGとしての実績の俺の方があるんだよ練習バカのお前に攻撃センスの違いを見せてやる」

 

久保田はダブルチームですぐにコーナーに追い込まれる。

 

久保田「誰かフォローに来いよっ」

 

久保田の苦し紛れのパスをカットすると青山チーム

 

1本のパスですぐにゴールしたに青山が走っていてレイアップ

 

ナイッシュウ青山!!

 

速い、3人の連携もすごいぞ青山チーム

 

チャー「相変わらずいい脚力しているね」

 

柳本「DFだけならチャーよりすごくね!?」

 

チャー「俺のはわざと隙を作っているわけ」

 

布施歩「この体力ギリギリの中でどれだけやれるか、1年も2年もない実力勝負」

 

布施歩「強いものだけが生き残る、それが湘南台相模のルールだ」

 

青山「DFもう1本いくぞおっ!てめえらの出る幕じゃねぇってこと」

 

青山「わからせてやるからしっかりと見とけよね!!」

 

ここで4話終了

 

5話に続く
 

DEAR BOYS ACT4 単行本無料で読む方法

「DEAR BOYS ACT4」の電子書籍は1冊453円なので、U-NEXTの無料トライアルを利用してポイントで1冊読むことができます。

 

U-NEXTで今すぐ漫画を無料で読む!

 

登録が面倒なんでという方は電子書籍サイトのeBookJapanの無料試し読みできますのでこちらもオススメですよ♪

 

⇒eBookJapanで『DEAR BOYS ACT4』全巻を立ち読みする

 

月間マガジン1月号の掲載順をご紹介

月刊少年マガジン2019年2月号はこのような掲載順になっていました。

新 仮面ライダー SPIRITS
ボイスラ!!
くろアゲハ
さよなら私のクラマー
DEAR BOYS ACT4
かくしごと
ましろのおと
ちくわ町ノススメ
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅
ノラガミ
Change!
グッバイ!異世界転生
鉄拳チンミ Legends
今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね
とんずらごはん
C.M.B. 森羅博物館の事件目録
ばりすき
龍狼伝 王覇立国編
Pumpkin Scissors
おやすみ睡魔と夜ふかしJK
呪菓のグレーテル
放課後のイケメンごはん
わんさかプラザ
COMMENTS

1月号では24作品中5位に掲載されておりまずまずの人気になります。

まとめ

哀川和彦の後継者がアメリカ育ちで和彦より20cm高いという体格で同じプレーができるダンクに外からの3Pと最強のプレイヤー、トウヤに榎本などとかみ合えば面白い。

湘南台相模は、PG争奪戦が始まり青山チームと久保田チームの戦いがはじまった。

青山チームが先制点を挙げて始まっていく!!

アドセンス

アドセンス

-マンガネタバレ

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.