ダイヤのエース

ダイヤのエース act2 ネタバレ 148話 漫画と感想・画バレ【足元】

更新日:


ダイヤのエース act2 第148話「足元」(2018年12月5日発売の週刊少年マガジン1号掲載)のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事ではダイヤのエース act2最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年マガジン発売当日〜翌日に毎週更新しています。

※ダイヤのエース act2 第148話「足元」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ

ダイヤのエース act2 148話ネタバレと伏線考察


内なる劇場は投資の原動力
全国制覇を目指す青道高校の初戦の先発投手はミラクルサウスポーの沢村栄純

いきなりノーアウト2塁で、ピンチを迎える青道高校

一方由良総合高校は奇襲攻撃が成功して先制点のチャンスを迎える

片岡監督の師匠の監督だからココは堅く送りバントか?

でもバントの構えはない御幸は牽制球をいれて走者をマークする

相手の榊監督はあのキャッチャーさすがだ

でもとことん神経使ってもらうぜぇ

バントの構えを見せたりしてバッテリーを揺さぶる2番打者

御幸はいいからバントさせろといのだが沢村は崩れてしまってボールフォア

これでノーアウト1・2塁

沢村君がこんなにカンタにファーボールをめずらしいな

やっぱ初球の悪送球を引きずっているのか?

だがプレーはよかった紙一重でもしもアウトにできていればこっちに流れはあったはず

部長も落ち着こう沢村と声をかける。

落合コーチは弾が全然走っていませんね。

御幸はタイムでブルペンの沢村の所にいって腕が振れていない多少甘くてもいいから腕を振れ

ココをしのげばウチに流れがくる。

頼んだぞ

いつでもこい

くそなんだこれ

沢村は、体がフワフワして足に力が入らない

エースだろフザけるなチームを引っ張るんだろ?こんなところで躓いてたまるかと自分に言い聞かせる

続く3番打者が初球からバントの構え

片岡監督はバントで来るならやらせろと

とにかくバッター集中だ

ですねまだ序盤

うちの野球で迎え撃て

ストレートをここにバットを弾き飛ばすくらいの球を

練習試合で強豪の西邦との試合ではセーフティの構えにも動じずにいたのに

それが今日はあっさりと決められたと控えキャッチャーの奥村は考えていた。
沢村がモーションに入ってボールを投げようとするとバントを引いて打者は走るエンドラン

これが見事にレフト線にヒットを放つ

結城がバックホームをするがボールはそれて先制点を与えてしまった。

ランナーは、3塁に進んでノーアウトランナー1・3塁

まだまだピンチが続く。

イキナリ波乱の立ち上がり撃たれた沢村栄純は立ち直れるのか。

ダイヤのエース act2 148話の感想

初戦で力が出せない投手というのは良くいる

沢村は初戦でしかもエースで2年生になって責任感がでてきたのに

なぜか空回りしている。

相手の榊監督が野球を良くわかっているのがあるけど

まだまだ沢村が本調子じゃない

1つこういう時こそアウトとれれば自分の投球が出来るはず

沢村が青道に入って野球を覚えて子供の様に投げればきっと通用するはず

頑張れ沢村!!

週刊少年マガジン1号の掲載順をご紹介

1号はこのような掲載順になっていました。

生徒会役員共
EDENS ZERO
彼女、お借りします
東京卍リベンジャーズ
川柳少女
ヒットマン
中華一番! 極
マコさんは死んでも自立しない
お知らせ
五等分の花嫁
炎炎ノ消防隊
ダイヤのA
七つの大罪
フェチップル
DAYS
寄宿学校のジュリエット
オリエント
男子高校生を養いたいお姉さんの話
シチハゴジュウロク
ギャンブラーズパレード
化物語
ブルーロック
夜になると僕は
あひるの空

1号では漫画24作品になっています。

今週1号では14番目の順位になっています。

まとめ

今回はノーアウト2塁からファーボールでピンチ

ストライクを取りに行ったことろを痛打されて先制点を与えてしまった。

最悪な立ち上がり、捕手も声をかけているし沢村が自分で立ち直るしかないと思うのですが…

アドセンス

アドセンス

-ダイヤのエース

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.