ダイヤのエース

ダイヤのエース act2 8話 ネタバレと感想画バレ【傍観者】1巻掲載

更新日:

ダイヤのエース act2 第8話のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

 

こちらの記事は、単行本コミックスを読んで情報を提供しています。

 

※ダイヤのエース act2第8話のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ

スポンサードリンク

ダイヤのエース act2 8話ネタバレと伏線考察

 

青道高校は前園君を代打に出すなど

 

何とか流れを変えたいが・・・

 

前園が正宗のボールを打つがレフトフライに打ち取られる

 

これで早くも2アウト

 

打席には意外性のある9番打者の麻生

 

含めに決まるストレートで空振り三振

 

これまでにスプリットでかわしていると思ったら

 

低めに伸びるストレートで裏をかいて見送り三振

 

巨摩大の本郷もいいがリードする捕手も冴えている

 

この回もスコアボードに0が並ぶ

 

巨摩大本郷の圧倒的なピッチング

 

記者「またギアを上げたのか?」

 

底が見えないよこの投手

 

残す攻撃はあと1イニング

 

9回に追いつかない限りココが最後のマウンド

 

片岡監督「いけるなと降谷に問う」

 

降谷「行かせてください」

 

2点差のおう青道高校

 

1番から始まる攻撃に備えてこの回も0点で抑えたいところ

 

そのまま降谷できたな、変えられないですよね

 

代える理由がない!

 

スタンドからも大きな拍手を受けてマウンドに向かう降谷

 

倉持「まだ9回がある」

 

東条「降谷がこれだけの投球をしているんだ」

 

小湊「絶対に終わらせない」

 

沢村「バッター9番」

 

沢村「まずは先頭打者をしっかり打ち取ろうぜ降谷」

 

バックの皆さんもよろしくお願いします

 

巨摩大ベンチ「ここだぞお前らリードしている後半ずっとやられっぱなしでいいのか?」

 

巨摩大ベンチ「ココで特典入れて向こうの息を止めてやろうや!」

 

おお~!!

 

御幸「球数は120球を超えた」

 

御幸「だが本郷に呼応するかのようにどんどん良くなってくる」

 

降谷・・お前・・・

 

ドコまで行く気だ!!

 

9回にも154キロ球威を出す降谷

 

降谷の圧巻の投球で巨摩大の打者を三振に取る

 

うおおおすげえ

 

これで何個目だ?

 

マジで怪物やないかい!!

 

11個目の三振を奪うとスタンドも湧き出す

 

こいつなら160キロ出せるだろ、本郷に負けていないぞ

 

甲子園で覚醒した降谷は後続をどう打ち取るのか?

 

8話終了

 

ダイヤのエース act2 9話 ネタバレと感想画バレ【傍観者】1巻掲載

 

 

ダイヤのエース act2を無料で読む方法

 

知らない人もいると思うですが「ダイヤのエース act2」の漫画を読むにはVODサービスで有名なU-NEXTにて完全無料でまるごと2冊読むことができる方法を紹介するよ。

 

こちらでは、U-NEXTの登録時ポイントが通常600ポイントから1000ポイントなるお得なサイトを紹介します。

 

U-NEXTの初回ポイントは400ポイント増量は1000ポイントの特典は、今だけです!

 

無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

それに漫画だけではなくもちろん映画・ドラマ・アニメなども無料で楽しむことができますよ。

 

初回ポイント1000円特典はこちらからの登録のみ

↓ ↓ ↓

>>>U-NEXTで『ダイヤのエース act2』コミックスを無料で読む

アドセンス

アドセンス

-ダイヤのエース

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.