ダイヤのエース

ダイヤのエース act2 6話 ネタバレと感想画バレ【春の雪】1巻掲載

投稿日:

ダイヤのエース act2 第6話のネタバレや考察感想をご紹介していきます!

 

こちらの記事は、単行本コミックスを読んで情報を提供しています。

 

※ダイヤのエース act2第6話のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメしているよ

スポンサードリンク

ダイヤのエース act2 6話ネタバレと伏線考察

いきなり2点先制されている青道高校

 

どうやって取られたのか詳しくは書かれていなくいきなり4回裏の巨摩大の攻撃

 

降谷のストレートをサードゴロにこれを金丸がさばいてスリーアウト

 

降谷はランナーを出すも後続を打ち取り得点を許さず

 

初回に2点を失うもそれ以降は粘り強い投球を見せています

 

青道高校のエース降谷

 

初回の2点は
先頭打者がヒットでエンドラン崩れでワンアウトランナー2塁に続く打者をファーボールで4番は三振

 

5番打者に右中間にタイムリーで2点を失った

 

記者「落ち着いてきましたね降谷くん」

 

ああバックも守備で盛り立てている

 

まだ球が荒れているけどそれも彼の持ち味だろ

 

御幸君も良いリードしている

 

得点を許したがエースとしての役割を果たせているよ

 

だが2点、この2点は重い

 

5回表の青道高校の攻撃の前にベンチで円陣を組む青道ナイン

 

片岡監督の指示をみんなで聞いている

 

これまでに塁に出たのは白洲のファーボールのみ

 

何とかしたい青道高校の攻撃は5番の降谷

 

反撃のためにもまずは一本がほしいところ

 

沢村「振っていけ降谷当たれば何かが起こる」

 

降谷「自分の失点は自分で取り戻すと意気込む」

 

降谷に一発があるのを警戒する捕手

 

だが正宗が油断するわけないか、超絶な負けず嫌いのこの男が3年前

 

青葉中にいた正宗はふてぼてしいピッチングをしていた

 

その時に苫小牧中の降谷のボールの方が正宗より速いんじゃねーのといってた負けた相手が話している

 

あれに比べたら正宗なんてなと負けたチームが話している

 

でもキャッチャーが取れなくて試合にならなかったし

 

本当にそんな奴のいるのか?

 

でもそんなすごい奴ならいずれ当たるよな

 

しかし結局中学時代は出会うことはなかった

 

けど去年の秋神宮大会で抑えで出てきた

 

降谷をみてこいつだ

 

正宗はそう直感したらしい

 

みたことあるか?雪の上を走る真っ白なボールをみたことあるか?

 

野球に魂を売り払った悪魔のような男を?

 

俺たちは野球を楽しむために北海道から来たわけじゃない

 

優勝旗を奪うためにここにいる

 

鬼神のようなピッチングを見せる正宗

 

何じゃなくな都会のものに俺が止められるのか

 

気迫むき出しの正宗が降谷を三振に仕留める!!

 

6話終了

 

7話へ続く

 

ダイヤのエース act2を無料で読む方法

 

知らない人もいると思うですが「ダイヤのエース act2」の漫画2巻を読むにはVODサービスで有名なU-NEXTにて完全無料でまるごと2冊読むことができる方法を紹介するよ。

 

こちらでは、U-NEXTの登録時ポイントが通常600ポイントから1000ポイントなるお得なサイトを紹介します。

 

U-NEXTの初回ポイントは400ポイント増量は1000ポイントの特典は、今だけです!

 

無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

それに漫画だけではなくもちろん映画・ドラマ・アニメなども無料で楽しむことができますよ。

 

初回ポイント1000円特典はこちらからの登録のみ

↓ ↓ ↓

>>>U-NEXTで『ダイヤのエース act2』コミックスを無料で読む

アドセンス

アドセンス

-ダイヤのエース

Copyright© エンタメ屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.